DazzlingList

元カレと復縁できる確率を最大化する6つの方法

復縁は時間がかかる上にうまくいく保証もありません。特定の相手にこだわらず、同条件の新しい恋人を見つけるほうが合理的です。しかし、元カレを越える恋人に最後まで出会えなかったとき、「復縁を諦めていなければ」と後悔してしまうかもしれません。

本記事では、元カレと復縁できる確率を最大化する6つの方法を紹介します。

  1. 未練がましくしない
  2. 別れたらカラダの関係は断る
  3. 適切な冷却期間を置く
  4. フラれた原因を解消する
  5. 毎日が充実してることを示す
  6. 落ち込んだときを狙う

復縁は「待つ姿勢」が基本になりますが、「どのように待つのが最善か」を考えることが大切です。「できることはやった」と自分を納得させることができれば、ダメだったとしても後悔しないで済みますし、同時進行で次の相手を見つけにいくことができるようになります。そして何より、「何もできることがない」という不安から解放されることができます。

キカガク
復縁だけじゃなく、片思いはいつもそうですけど、「何もできることがない」というのがつらいんですよね。「こうすればうまくいくよ」と誰かが教えてくれたら、片思いのつらさは半減すると思います。
スミエ
「片思いのほうが楽しい」って言う人もいますけど、それは順調に両思いに近づいてるから楽しいんじゃないかと思います。好きな人をチラ見したときに、向こうもこっちを見てたりすると嬉しいですよね。



未練がましくしない

別れた元カレにしつこく連絡していたら、逆にブロックされてしまった、なんてことはよくあります。別れを切り出すほうにも都合があるので、一方的に「別れたくない」と気持ちを押しつけることは、相手にしてみれば「こっちの気持ちは無視されている」と感じて、かえって冷めてしまう原因になります。

ウザいと思われる女性の特徴

次のようなアピールは元カレに嫌われます。

  • 「別れたくない」「今も好きだよ」
  • 「寂しくて死にそう」「仕事も手につかない」
  • 「頑張ってるよ」「キレイになったよ」

「別れてからも前向きに生きている」と示すことは大切ですが、それをわざわざ元カレにLINEなどで報告するのは、「あなたのために頑張っている」と感じさせる嫌らしさがあるのでおすすめできません。特に別れた直後は、相手の決定を尊重して、「復縁したがっている」と極力悟られないように行動することが大切です。

ウザいと思われる女性の言動は、元カレと復縁したい女性がウザいと思われる8つの瞬間という記事で詳しく紹介しています。興味のある方は参考にしてみてください。

新しい恋愛をすることが大切

smart-phone.gentleman

特定の相手に執着しすぎると、LINEの返信がちょっと遅かっただけで不安で死にたくなったり、我慢できずに催促のメッセージを追加で送ってしまって鬱陶しいと思われることがあります。ですので、精神的に安定した状態で冷却期間を置くためにも、早く新しい恋愛をすることが大切です。

街コンやアプリを利用して、魅力的な男性を積極的に探すのが良いと思います。元カレにLINEを送りたくなったとき、代わりに連絡できる男性をキープしておく、というわけです。また、何もせず休日を過ごすのも苦痛なので、いろいろな男性とデートをして忙しくするのもおすすめです。二股ではないので、元カレに気兼ねする必要はまったくありません。

他の男性と会っているうちに、元カレに執着する気持ちがなくなれば成功です。「あの人じゃなくても良いかも」と思えたなら、もう復縁にこだわる必要はありません。元カレのことは気にせず生きて、いつか向こうが「復縁したい」と言ってきたら、そのときにどうするか考えれば良いわけです。そのほうが、復縁のことだけを必死で考える女性よりも魅力的です。

キカガク
「好きになったほうが負け」じゃないですけど、復縁したくて必死な感じが出ちゃうとダメです。自立してる女性のほうが魅力的なので、「あなたがいなくても生きていけるけど」という余裕が必要なんだと思います。
スミエ
何度も言ってることですけど、復縁できたらラッキーくらいに考えて、あまり期待しないでいたほうが良いと思いますよ。どうせ向こうはなんとも思ってないので、ずっと復縁のことだけ考えてたら疲れます。

別れたらカラダの関係は断る

元カレに未練があると、カラダだけの関係をダラダラと続けてしまうことがありますが、本気で復縁を考えるならやめたほうが良いです。いわゆる「都合の良い女」になってしまうだけです。

カラダの関係を許すことのデメリットは次の通りです。

  • 復縁のきっかけを逃してしまう
  • 恋愛に依存する退屈な女性に見られる

下品な言い方ですが、男性は「性的欲求を満たすために付き合う」という面があるので、別れてからもカラダの関係を続けていると、復縁のきっかけを逃してしまいます。元カレに欲情されたときは、「もう一度付き合いたいの?」ときいてみるのが良いと思います。

また、そんな関係を望んでいるわけではないと相手もわかっているので、「自分の感情をコントロールできない女性」「別れたくなくて必死な女性」と元カレを幻滅させることになります。カラダの関係は続いたとしても、そこから本命になれる確率は逆に低くなります。

キカガク
復縁じゃなくても一緒ですよね。好きだった女性でも、付き合うまえにカラダの関係になってしまうと、「付き合う必要ないじゃん」と思うみたいです。さらに、「こんな軽い女は本命にしたくないな」とも思うみたいです。
スミエ
そこらへんの感覚は人にもよるだろうし、年齢によっても違う気がします。私はそんなことどうでも良いと思ってますけど、「付き合ってからじゃないとしない」って決めてる人もいますよね。

適切な冷却期間を置く

think.lady

たとえば、ケンカした直後は感情的になっていて、謝られても素直に相手を許すことができないことがあります。失恋もこれに似ていて、別れた直後というのはお互いに冷静ではありません。そんな状態で話し合ってもこじれるだけですし、そもそも破局の原因をそんな短期間で解消することは難しいと思います。

冷却期間を経て友達に戻る

時間が経てば、元カレの「距離を置きたい」という気持ちは落ち着いて、徐々に無関心になります。ここまで来れば、LINEでメッセージを送っても、「またこいつか」と嫌がられることはなく、むしろ「懐かしいな」という気持ちで読んでもらえます。

しかし、冷却期間を経たからといって、「復縁したい」と迫ったりすれば避けられます。向こうはもう恋愛対象として見ていない、と覚悟したほうが良いと思います。自分から積極的にデートに誘ったりもせず、「向こうが会いたいなら会う」という具合に、相手の希望する距離感を保ちながらやりとりをするのがポイントです。

新しい恋人とケンカするまで待つ

「他に好きな人ができた」とフラれることもあります。こういうとき、その「好きな人」と次に付き合うことが決まっている場合がほとんどですが、元カレが新しい恋人に夢中なときに連絡をしても、「面倒くさい」と思われるだけなので注意が必要です。恋人がいない場合と冷却期間の置き方が変わってきます。

元カレの新しい恋愛が順調なときは、邪魔をせず大人しく見守るのが正解です。そして、ケンカなどで元カレが落ち込んだときは優しく手を差し伸べる、という戦略になります。

冷却期間はしっかりと距離を置くことが大切ですが、疎遠になりすぎると、元カレが困ったときに頼ってもらえなくなるので、完全に連絡を断つのは良くありません。たまに連絡をして、良き理解者のポジションを確立する必要があります。

未練がましくないLINEの書き方

別れても連絡の頻度が変わらなかったり、メッセージの内容がなれなれしかったりすると嫌われます。かといって、完全に連絡を絶ってしまうのも良くありません。

冷却期間のLINEのポイントは次の通りです。

  • 文字数や頻度は相手に合わせる
  • 必要があるときにだけ連絡する
  • 反応の大きさも相手に合わせる

元カレが返信に一日かけたのに、こちらは5分で返したり、元カレのメッセージは一言だけなのに、こちらは10行の長文で返すなど、温度差のあるやりとりは相手の負担になります。基本的なことですが、LINEの頻度や文字数は相手に合わせて、できれば連絡の時間帯も相手がくつろいでいる時間帯に合わせるのが良いと思います。

また、用事もないのに連絡をするのはなれなれしいので、適当な口実を考える必要があります。

  • 元カレにしか頼めないことがあるとき
  • 元カレだけが知っていることを尋ねるとき

このようなときは、連絡をする必要性が相手に伝わるので、嫌がられにくいと思います。

「またLINEができて嬉しい」「会えなくて寂しい」といった感情表現を、自分だけが使っていないか、と注意することも大切です。絵文字や顔文字ではしゃいでいるのも、自分だけでないか、とチェックしてみてください。「こっちはそういうつもりじゃないのに」と元カレに避けられてしまう原因になります。

元カレにLINEを送るときの注意点は、LINEを使って元カノと復縁する方法と5つの注意点という記事で詳しく紹介しています。男性向けの記事ですが、元カレと復縁したい女性にも共通する部分が多いので、興味がある方は参考にしてみてください。

スミエ
返事がなくて落ち込んだりするのが面倒くさいから、私は絶対に返事がもらえるようなことしか送りません。自分が原因だって思いたくないから、変なことは書きません。
キカガク
顔が見えないので不安になりますよね。電話に相手が出ないときは、非通知でかけて、相手が忙しいのか無視してるのか確かめる人もいるみたいです。

フラれた原因を解消する

smart-phone.lady

復縁の場合、お互いのことをよく知っている同士が付き合うことになるので、普通の恋愛と比べると、最初から少し冷めています。これは悪いことでは全然なく、むしろ復縁がうまくいくためには大切なことです。「金銭感覚が合わなくて別れたけれど、寂しいときに慰めてくれたからよりを戻した」みたいなカップルは、復縁してもすぐに別れる確率が高いです。

別れる原因はそれぞれですが、次のようなものがあります。

  • 長く交際が続いてときめかなくなった
  • デート等の希望頻度がかみ合わなかった
  • 時間やお金の使い方に共感できなかった
  • 尊敬できる部分がなくなった
  • 結婚や子供に関する希望が合わなかった

元カレが仕事や恋愛で失敗して、落ち込んでいるときが復縁のチャンスですが、そのときまでに別れた原因を自分で解消しておくことが望ましいです。ただし、自分の努力でどうにかなるものと、そうでないものがあります。

たとえば、「デートの希望頻度がかみ合わない」などは話し合いと妥協で解決できそうですが、「ときめかなくなる」などは避けようがありません。どんなに魅力的な相手と付き合っても、いつかは飽きるからです。こういうときは、「結婚するならときめきは諦めるしかない」と元カレが気づいてくれることを祈るしかないように思います。

復縁して結婚したカップルはうまくいく確率が低いのかという記事で、復縁してうまくいくケースについて考察していますので、興味のある方は参考にしてみてください。

キカガク
若いうちは年上に憧れますけど、自分の知識とか経験が相手に近づくと、だんだん尊敬の気持ちが薄れていきます。尊敬できる相手と付き合うって、聞こえは良いですけど、かなり脆い関係だと思います。
スミエ
私はみんなのことを尊敬してるので、尊敬できる人と付き合いたいって思ったことはないです。

毎日が充実してることを示す

「別れてからも頑張ってるよ」と元カレに直接メッセージを送るのは、未練がましいのでやめたほうが良いと思います、と書きました。しかし、「自分ひとりでも充実した毎日を送っている」と元カレに示すことは大切なので、そういうときはFacebookなどのSNSや共通の友達を利用するのが良いと思います。

個人宛にメッセージを送るのではなく、不特定多数に見られるタイムラインに近況を書くことで、当てつけのような嫌らしさを軽減することができます。あるいは、元カレと仲の良い友達と会って、失恋のショックから立ち直って、今は目標を見つけて楽しそうにしている、ということをアピールするのも良いかもしれません。

キカガク
まだ失恋のショックから立ち直ってないときは、元カレのFacebookは見ないほうが良いです。あと、元カレと会いそうな場所に行ったり、思い出の写真を見つめたりするのもやめたほうが良いです。
スミエ
思い出に浸っていると、引きずっちゃうからですか?女性は思い出の品とか捨てちゃうことが多いけど、男性は大事に取っておくことが多いのはなんでですか?
キカガク
音信不通になったからといって、中学の同級生の写真とかわざわざ捨てませんよね。それと同じだと思います。つまり、どうして捨ててしまうのかが問われるべきです。感情的な判断だと思います。

落ち込んだときを狙う

元カレが仕事で大きな失敗をしたり、新しい恋人とうまくいかずに落ち込んでいるときなどは、復縁のチャンスです。「最近どう?」「元気にしてる?」などと向こうから連絡が来ればしめたものですが、来ない場合は、元カレのFacebookを定期的にチェックして、相手が弱っていると思ったら、自分から連絡してみるのも方法のひとつです。

優しくされると好きになる

女性にモテたりすると、「今の彼女と別れても需要があるんじゃないか」という気持ちになって、別れたくなったり、彼女をぞんざいに扱うようになったりすることがあります。逆に、失敗して自己評価が低くなっているときは、相対的に他人が魅力的に見えるので、優しくされるとすぐに好きになってしまいがちです。復縁するなら元カレが弱っているときがチャンスです。

偉そうな言い方に注意する

「久しぶりにご飯でも行かない?」と食事に誘えば喜ばれると思います。このとき、「相談に乗るよ」と偉そうな言い方をしたり、「あなたのことを一番よくわかっているのは私だから」などと思い上がった発言をするとチャンスを逃してしまうかもしれないので注意してください。「私は今のあなたを知らないけど」と謙虚な態度のほうが好まれます。

告白は冷静に考えたことをアピール

復縁したいと気持ちを伝えるときは、「冷静に考えた」ということを強調するのが効果的です。一度ダメになった相手なので、「好き」という気持ちだけで付き合っても、またダメになるのではないか、とお互いに心配しています。

相手や関係性にもよりますが、次のような告白が良いのではないかと思います。

  • あのときの私は未熟だったと思うけど、今は成長した
  • 他の男性も見てきたけど、やっぱりあなたは素敵だと思う
  • もう一度私たちが付き合ったら、うまくいくと思う

もし自分から告白をするつもりなら、参考にしてみてください。

キカガク
告白する勇気がない人は、手でもつないでおけば良いと思います。
スミエ
相手が落ち込んでいるときがチャンスだっていうのはわかりますけど、傷を癒すために利用されてるみたいで、なんとなく嫌ですよね。

まとめ

元カレと復縁するためにできることをまとめると次のようになります。

  1. 未練がましくしない
  2. 別れたらカラダの関係は断る
  3. 適切な冷却期間を置く
  4. フラれた原因を解消する
  5. 毎日が充実してることを示す
  6. 落ち込んだときを狙う

本記事では、元カレと復縁できる確率を最大化する6つの方法を紹介しました。失恋のショックから立ち直れず、次の恋愛に進むことができない女性は参考にしてみてください。