【街コン男性参加者の特徴】イケメン高収入の複雑な心理

街コンに参加する男性の特徴をまとめました。

実際にはいろいろな人が参加する街コンですが、全体を見渡すと傾向があります。私が東京にイベント視察に行ったときも、「大人しい人が多い」と街コンジャパンの人も言っていました。たしかに、そういった傾向があるかと思います。

参加男性の年齢は、20代前半から30代後半と幅広いですね。

裏代表
どんな男性が参加するかなんてわからないよ。地球上にどれだけ人間がいると思ってるんですか。
代表
例えば、20代前半くらいの若い層は、街コンよりアプリで恋活する人が多いです。結婚相談所を利用する人は40代の男性が中心です。そういった傾向を検証しようという趣向です。
裏代表
そういうことなら、近場の人と出会えますよ。ネットや結婚相談所だと遠くの人からもアプローチされるけど、街コンは県内の男性と出会えます。

出会いを求めている人

当然ですが、街コンに参加するのは出会いを求めている男性です。

  • ナンパ目的で参加する人
  • 自分からアプローチが苦手なシャイな人
  • 堅実な思考回路の人
  • 職場や友達の紹介に限界を感じている人
  • 友達や同僚とノリで参加している人
  • 真剣に交際相手を探している人
  • アプリで相手にされなかった人

まとめると上記のように分類できるかと思います。

代表
実際にどんな人と出会えるのかは、そのときの運次第です。でも、「出会いを目的に街コンに参加する男性」に限定すると、いくつかのパターンに分類できるかと思います。

イケメン高収入は街コンに参加するのか

「美人だけどモテない女性」はたくさんいます。

モテる女性というのは、「男性からみて恋愛対象の容姿・性格かつアプローチしやすい女性」ですので、美人が必ずしもモテるというわけではありません。男性も同様です。

イケメンだけどモテない男性は世の中に大勢います。収入が高くても出会いがない男性も大勢います。そういう人が街コンに参加すれば、やはり女性から人気が集まります。カップリング率などをみると、その傾向があります。

裏代表
私は残念ながら高収入のイケメンには出会えなかったな。年収1000万円以上はバツイチとか、結構年配だったりとか。
代表
たぶん、裏代表の想像している高収入はハードルが高すぎます。山形では年収600万くらいで高収入といっていいと思います。
裏代表
600万円くらいなら余裕でいたよ。でも、コンサル業とかで嫌味な性格の人が多かったかな。

ハイステータス限定イベントの注意点

公務員、医師などの職業限定イベントや年収800万円以上限定のハイステータス限定イベントがよく開催されています。街コンに行っても、恋愛対象となる男性がいなければ意味がないので、参加条件に縛りのあるこういったイベントに参加するのも手だと思います。

ただ、「自分は高所得だけど、高所得者限定のイベントには参加したくない」という天邪鬼な男性もなかにはいるので注意してください。「資格や収入で相手を選ぶような女性はイヤだ」と考えるからです。

 

ハイステータス男性は、女性でいうところの巨乳のようなものです。「巨乳女性限定のお見合いパーティー」というタイトルに惹かれて集まる男性なんてイヤだ、とみなさんも感じるかと思います。

ハイステータス限定のイベントに参加する男性のなかには、資格や収入だけが武器という人もいるかもしれません。稀に、誰でも参加できる普通の街コンにもハイステータスな男性はいますが、そういった男性は内面も魅力的だったりします。

 

山形は人口が少ないので、参加条件を絞ったイベントは珍しいかもしれません。

「街コンに行っても、なかなか条件の合う男性がいなかった」という人は、個別紹介を行っているので、お気軽にメールをください。
▶︎個別紹介について詳しく

代表
人気職業の男性は、たしかにイベントでもカップリング率が高いです。
裏代表
私の知人も、研修医だったけど、それを隠して婚活してましたね。私も同じ立場だったら、同じことしたと思う。

ナンパ目的で参加する人

街コンやお見合いパーティーは出会いを求めて参加するものですから、「ナンパ目的」は適切ではないかもしれませんが、ようするに「カラダ目的」という意味です。

どんな出会いの場にも、必ずカラダ目的の男性はいます。職場恋愛や社会人サークルであっても一緒です。

というより、男性はみんなカラダ目的だと思ったほうが良いかもしれません。大事なのは、カラダ目的に加えて、真剣に付き合うつもりがあるかどうかです。

 

基本的に、匿名性の高いツールほどカラダ目的の利用者が増えます。これは女性は覚えておいたほうが良いかと思います。

学校や職場にカラダ目的でアプローチしてくる男性が少ないのは、誠実な紳士が集まっているからではなく、たんに「身元がバレているから悪いことはできない」と計算しているからです。

ペアーズなどの婚活アプリは匿名性が高く、出会う相手も自分と全く関係のない相手ですので、カラダ目的に利用されます。街コンは、同僚と参加していたりすると、カラダ目的では利用しづらいですね。意外かもしれませんが、一人参加が多いお見合いパーティーのほうが、カラダ目的には利用しやすいです。

 

「カラダ目的かどうか」を見極めるのは難しいですし、あまり意味もないと思います。すでに書きましたが、男性はみんなカラダ目的です。それよりも、「真剣に付き合う気があるかどうか」を女性は見定めるようにするのが良いかと思います。

裏代表
カラダ目的は、どっちかっていうとペアーズのほうが多かったよ。私の場合は、お金目的のほうが怖いって思うけど。
代表
使えばわかりますけど、ペアーズは匿名性が高いんですよね。カラダ目的にも利用しやすいです。

自分からアプローチするのが苦手なシャイな人

駅前で女性をナンパできるような男性は、お金を払ってまで街コンには参加しません。

「ここでは女性に話しかけてもいいですよ」とお膳立てされていないと、自分からアプローチなんてできない、というシャイでオクテな男性が多いです。もちろん例外もいますけれど。

裏代表
私が行ったイベントは、女性経験の少なそうなウブな人も多かったよ。オラオラ系もいたけどね。
代表
東京にイベント視察に行ったんですけど、「大人しい人が多い」と街コンジャパンの人も言っていました。ですので全国的な傾向だと思います。

堅実な思考回路の人

男性の参加費用は5000円〜8000円くらいが相場で、けっして安くはありません。

したがって、「素敵な女性と知り合うには、それなりの対価を支払わなければならない」という考えの堅実な男性が街コンに参加する傾向にあります。「良い人生を送るためには、勉強して良い大学に入らなければならない」という思考に似ていますね。

参加費用の安すぎる街コンは、参加する男性の質は下がります。しかし、これは街コン常連の男性の話です。

まだそこまで出会いに飢えていないハイスペックな男性は、「どうして男だけこんなに高いんだ」と感じて参加費の高いイベントは避けることもあります。そういう男性は、参加費用の安いイベントに単発で参加したりします。

代表
参加費用の安いイベントだからといって、質が悪いとは限らないということです。
裏代表
街コンなんて宣伝くらいしかお金かからないもんね。安くても質の良いイベントは開催できます。

職場や友達の紹介に限界を感じている人

fear.man

街コンに参加するのはシャイな男性が多く、出会いに困っていることをなかなか周囲には話せないという人も多いですが、なかにはあけっぴろげにそういう悩みを職場や友達に相談できる人もいます。

「誰か紹介してほしい」と言っていたけれど、もう紹介してもらえる女性が尽きた、あるいは、「街コンにでも行けば?」と友達にすすめられた、という理由で街コンに参加する男性もいます。

こういう男性は友達や職場の同僚と一緒に参加するケースが多いです。性格は社交的で、カラダ目的のみの確率も低いかと思います。ただ、モテない原因が何かある可能性もあります。

代表
周囲の視線を気にして、「街コンに行きなよ」と言われないと参加できない、という奥床しい男性も多いです。こっそり行くとバレたときに恥ずかしいですからね。

真剣に交際相手を探している人

これまでの他の例が「真剣でない」という意味ではありませんが、恋活や婚活の他の手段を検討した結果、街コンやお見合いパーティーが自分にとって最適だと判断して、継続的に参加している、という男性はそれほど多くありません。

街コンで本気で活動している男性は30代が中心です。何度も行って慣れているはずですが、「名前はここに書くんですか?」と初めての人を装ったりする人もいます。このタイプの男性は、まだ出会ったことのない女性を求めて、いろいろな種類のイベントに参加する傾向にあります。

代表
実際はイベントによって募集年齢が違うので、年齢はあまり参考にならないかもしれません。
裏代表
純粋に出会いが目的ならお見合いパーティーがおすすめ。1対1なら周りに気を遣わずに出会いに専念できます。

アプリで相手にされなかった人

ペアーズなどのマッチングアプリで、誰にも相手にされなかった男性のことです。

相手にされない理由はいろいろ考えられますが、プロフィールやメッセージの書き方が下手な人、言動がストーカーっぽい人などです。また、ネットでは年収や職業や写真が一覧となって比較されますので、そういった条件が著しく悪い人はアプリでは出会えず、リアルなイベントに参加する傾向にあります。

容姿も職業も普通で、趣味や特技は特になし、という人は男女ともなかなか出会えません。継続的に街コンに参加することは大事ですが、勝率0.1%のギャンブルを続けても効果的ではありません。

そういう人はまず自分磨きをして、勝率を上げることを優先すべきかと思います。

代表
美男美女で条件や性格が良くても、相性が悪いとカップリングしません。そこが普通の試験と違うところです。自分を磨きつつ、やはり継続することが大事です。
裏代表
女性のほうが相手を吟味するから回数が必要かもね。「ピンと来る人じゃなきゃヤダ」という人が男性よりも多い気がします。

無料メール相談

恋人の紹介希望もこちらから。
無料メール相談の窓口です。メールは24時間受け付けています。個人情報は外部には漏らしません。ブログに関するご意見やご質問もお気軽にどうぞ。
▶︎相談スタッフの紹介はこちら