【街コン一人参加の利点】効率的な婚活ポイント4選

smart-phone.lady

街コンに一緒に行く友達を探すのは大変

  • 友達となかなか予定が合わない
  • 行きたいイベントの種類が違う
  • 友達はみんな既婚者や交際中

こんな理由で、一緒に街コンに行ける友達を探すのは大変かと思います。

そもそも、恋愛は一人でするものなのに、一緒に恋活や婚活をする仲間探しから始めなければならないのは効率が悪過ぎます。「一緒に参加する友達がいない」という理由で、出会いの機会を遠ざけてしまうのはもったいないことです。

今回は、街コン一人参加をすすめる理由をまとめました。

裏代表
友達と一緒に行ったほうが、「一人で行ったの?」とあとで誰かにきかれたとき、重くないっていうのはあるよね。
代表
初めてだと、「一人参加は重いんじゃないか」と心配になりますけど、一度行ってみれば、本気で出会いを求めている人ばかりだから、だんだん何も感じなくなりますよ。

2人1組のイベントが主流だった理由

街コン情報の案内ページを見ていると、「一人参加OK」といった売り文句がよく書かれていますが、個人的にはそれも違和感があります。一人参加OKは当たり前で、わざわざ書くほどのことか、と感じるのです。

昔は、街コンはグループ参加が基本でした。

  • 一人参加はトラブルになりやすい
  • 参加のハードルを下げたい

上記のような理由で、グループ参加が主流だったのではないかと想像します。

実際に街コンでトラブルが起こることは稀ですので、現在は一人参加OKのイベントがほとんどとなっています。そのほうが男女比の調整も行いやすいのです。

また、「一人で参加するのは恥ずかしい」という心理的なハードルも、昔ほどではなくなっているかと思います。「婚活」や「街コン」といったキーワードが世間に浸透し、一人でイベントに参加することも一般的になってきているからです。

裏代表
女同士だと、イベント終了後の反省会が楽しいってのはあるよね。自分にアプローチしてきた男が、友達にも同じこと言ってたらすぐバレます。
代表
一人で参加を検討している女性は、帰り道が特に心配かと思いますけど、その点はどうですか?
裏代表
一人参加が危険だとは思わないな。友達が一緒に帰るなら、それを口実に誘いを断れるから、そういう意味では便利かもしれないけど。
代表
心配な女性は、自分の車で会場に行くとか、遅い時間帯のイベントを避けるといったことをすれば、問題ないかと思います。

一人参加の利点まとめ

smart-phone.gentleman

  • 一人参加は友達に気を遣わなくてもいい
  • 一人でいるほうが気軽に話しかけられる
  • 異性との会話だけに時間を費やせる
  • 普段と違うキャラの自分を突き通せる

一人参加の利点を箇条書きにするとこのようになります。

一人参加は友達に気を遣わなくてもいい

たとえば、街コンでめでたくカップリングして、帰りに食事に誘われたとします。このとき、「友達と一緒に帰る約束をしていたから」などという理由で、せっかくの誘いを断ってしまうのは非常にもったいないことです。何のために街コンに参加したのかわからなくなってしまいます。

裏代表
私は友達と一緒に行ったときでも、抜け駆けして男性と二人でラーメン食べに行ったけどね。別にそういうの気にしない友達だったし。
代表
恋愛は一対一でするものですから、それを抜け駆けと呼ぶことも変な感じがします。面倒なしがらみを感じたときは、一人で婚活をしたほうが良いと思います。
裏代表
女のしがらみは面倒くさいよ。あと、友達が性格悪かったりすると、自分も足引っ張られたりするから、一緒に行く相手は選んだほうが良いね。

一人でいるほうが気軽に話しかけられる

友達と楽しそうに喋っている集団より、一人で参加している人のほうが当然話しかけられやすいです。また、「友達と一緒に来ている」=「友達に誘われただけかも」と思われるので、真剣に恋活や婚活をしているように見えないという点も、友達と一緒に参加するデメリットです。

裏代表
私が参加したイベントはお見合いパーティーだったから、友達と来ている人もみんな真剣だったよ。
代表
遊び半分で参加しているように見えなければ友達と一緒でも大丈夫です。

異性との会話だけに時間を費やせる

「友達と一緒に参加したら、気づいたら最後まで友達とばかり喋っていた」なんてこともよくあります。

それはそれで楽しいかとは思いますが、せっかく出会いを目的とした男女が集まっているのですから、異性との会話に時間を使ったほうが有意義かと思います。

裏代表
そんなこと本当にある?女性は普通にご飯行くよりも参加費が安かったりするから、食事目的で参加している人が多いってことじゃないの?
代表
いえ、出会い目的で参加しているけど、異性よりも友達と多くしゃべってしまった、という感想も意外と多いんですよ。
裏代表
私には理解できないな。それって、友達のこと考えてないんだと思う。ちゃんと行くまえに打ち合わせしたほうが良いよ。誘われたら4人で一緒に行くかどうかとか。

普段と違うキャラの自分を突き通せる

友達の前ではいつもクールに振る舞っている人でも、街コンでは熱血な部分をアピールしたり、甘えたりしたいかもしれません。

一人参加であれば、周囲の視線を気にすることなく、自己アピールできるという利点があります。

代表
街コンだと、同性とペアになって進行するイベントも多いです。そんなとき、特に女性同士だと、「あの子あざといよね」とか、あとで陰口言われたりしないか心配になります。
裏代表
これはわかる。
私は気にしないけど、一緒に行った友達は気にするかもね。席が離れていれば問題ないけど、近いと気になると思う。

一人参加の注意点まとめ

think.lady

  • フリータイムで独りぼっちになるかも
  • 会話をリードする必要がある
  • 2人組の異性にアプローチしづらい

1人参加の注意点を箇条書きにするとこのようになります。

フリータイムで独りぼっちになるかも

イベントによっては、好きな相手と自由に会話ができるフリータイムが設けられることがあります。話す相手が見つからないとき、友達が一緒なら心強いですが、一人参加では独りぼっちでみじめな思いをするかもしれません。

ですので、街コンに一人参加するときは、フリータイムの有無、ペアをどのように決定するのかなどを事前に確認することをおすすめします。

ちなみに、ダズリンリストのフリータイムは、椅子取りゲームのように好きな相手の前に移動してもらう形式です。必ずペアになりますし、一定時間経ったら席替えですので、一人参加でも安心してください。

裏代表
友達と一緒にいても、片方だけに声を掛ける人もいます。そういうのは、ちょっとKYですよね。空気読めてない。KYは死語だから使わないでください。
代表
東北人はオクテですから、友達と一緒にいる人にはアプローチできない人が多いと思います。そういう人は1対1のお見合いパーティーがおすすめです。うちのイベントは、諸事情で街コンと表記してますけど、実質はお見合いパーティーです。

会話をリードする必要がある

一人参加では、リードしてくれる友達がいないため、自分で会話を盛り上げる必要があります。「初対面だと緊張してしまう」という人は、友達が一緒にいてくれたほうが安心かもしれません。

といっても、街コンや婚活パーティの目的は「異性との出会い」であり、会社の飲み会とは違います。面白いことをして笑いを取る、なんてことは全く求められていません。

相手の趣味や考えなどに関心を持って、真剣に話を聞くことができる人なら人見知りでも問題ありません。「盛り上げなければ」とプレッシャーに感じる必要はありません。

裏代表
どうせ恋愛は1対1なんだし、友達がいないとダメって人は続かないと思うよ。
代表
そうじゃなくて、自転車の補助輪と一緒で、慣れるまでサポートして欲しいということなんじゃないかと思います。
裏代表
ふーん、そういう最初のぎこちなさも含めて恋愛の楽しさだと思うけどな。口だけ達者でもモテない人が多いし、人見知りでも萎縮する必要はないと思う。

2人組の異性にアプローチしづらい

基本的に一人参加のほうが恋活も婚活も有利ですが、相手が2人組の場合は、友達と一緒のほうがアプローチしやすいかもしれません。「この後、みんなで飲みに行かない?」といった具合です。

しかし、実際にこんなことは滅多にありません。気になる相手が友達と来ていたとしても、一人になったタイミングでアプローチする場合がほとんどです。

裏代表
私だったら、その友達に「ちょっと相棒をお借りしてもいいですか?」ってきくかな。
代表
相手が1人になったタイミングを狙うんじゃないんですか?
裏代表
それでも良いけど、相棒が戻ってきたときに困ると悪いから、やっぱり友達と話をする時間はあげたいかな。
代表
なるほど、そこまで考えてアプローチできる人は少ないかと思います。

一人参加の割合はどれくらいか

他の主催者のイベントの状況は残念ながら把握していませんが、ダズリンリストの場合は9割が1人参加です。

イベント情報の掲載先が関係しているのか、山形の地域性なのかはわかりませんが、1人参加のお客様がほとんどですので、一緒に行く友達がいないからといって心配する必要はないかと思います。

無料メール相談

恋人の紹介希望もこちらから。
無料メール相談の窓口です。メールは24時間受け付けています。個人情報は外部には漏らしません。ブログに関するご意見やご質問もお気軽にどうぞ。
▶︎相談スタッフの紹介はこちら