DazzlingList

恋愛が怖いと感じる原因5つのパターンと心理を解説

身近に幸せな恋愛をしている友達がいなかったり、過去に好きな人から酷い扱いを受けたりすると、恋愛することが怖くて億劫に感じられることがあります。恋愛をしなくても幸せに生きることは十分できますが、「本当は恋愛に興味があるのに」と悩む人もいます。

本記事では、恋愛が怖いと感じる原因を紹介しています。「恋愛に前向きになれずに悩んでいる」という方は参考にしてみてください。

Yuta
過去に傷つけられた経験があったり、コンプレックスがあって異性に受け入れないないと思い込んでいると、恋愛が怖くなりますよね。
Sumie
恋愛が怖いなら、無理に恋愛しなくてもいいと思います。「恋愛は楽しいものだよ」って自分の意見を押し付けるのは、無責任だと思います。



恋愛が怖い人の特徴

fear

相手と目を合わせられない

特に男子校や女子校の出身で、恋愛経験が少なかった人ほど、異性と目を合わせられない傾向があるようです。どのように接したらいいか自信がないので、無意識に緊張してしまい、会話もすぐに打ち切ろうとします。

自分を卑下した物言いをする

食事に誘うときも、「僕なんかでよければ」「私は可愛くないけど」と卑屈な言い方をしてしまうのも、恋愛に奥手な人の特徴です。自分は謙遜のつもりで言っていても、相手には喜ばれないことが多いようです。

Yuta
「僕なんかでよければ」と卑屈な言い方をするときは、「あなたみたいな綺麗な人とは不釣り合いかもしれないけど」という意味で、本人は褒め言葉のつもりだと思います。
Sumie
褒め言葉のつもりなら、「綺麗ですね」って普通に言ってもらったほうが嬉しいと思いますよ。「おじさんだけど一緒にご飯行ってもらえない?」とか言われると、なんか妥協させられてる気分になります。

いつも同性とばかり一緒にいる

同性の友達とばかり一緒にいる人は、「異性と会話することに自信がなくて楽しめない」という劣等感が原因のパターン、「異性全員を敵対視している」という偏見のパターン、どちらかに当てはまると思います。

異性と話すときに喧嘩腰になる

他人の恋愛の話を聞いたり、両親がケンカばかりしていたり、過去に異性から酷い扱いを受けたトラウマなどがあると、男性または女性そのものに不信感を抱いてしまうことがあります。

Yuta
恋愛に奥手な女性は、高い棚に手が届かなくて困ってるとき、「手伝いましょうか?」と男性が声をかけても、素直にお願いできなかったりします。「結構です」と断って、自分で脚立を取りに行ったりしてしまいます。
Sumie
奥手すぎて変な行動をしてしまう人は、男性のほうが多い気がします。やっぱり、告白されたときも女性のほうが冷たく反応するからじゃないかと思います。興味がない人には、「キモい」とか言っちゃう人もいますから。

反感を買ってしまう食事の断り方5つの具体例

恋愛が怖いと感じる原因

合理的な判断ができなくなる

  • 仕事や勉強が手につかなくなる
  • 好きな人を喜ばせたくて奴隷になってしまう
  • 独占欲や嫉妬心など自分の感情に振り回される

仕事や勉強が手につかなくなる

仕事や勉強など、他のやらなければならないことに手がつかなくなり、それで失敗をした経験などがあると、恋愛に慎重になる人もいるようです。

好きな人を喜ばせたくて奴隷になってしまう

「奴隷」というのは大袈裟かもしれませんが、好きな人を喜ばせたくて無理をしてしまい、心身にストレスがかかることもあります。それで失敗をした経験が過去にあると、やはり恋愛を怖いと感じることがあります。

独占欲や嫉妬心など自分の感情に振り回される

恋愛に限りませんが、特定の相手に執着しすぎると、思い通りにならなかったときに激しく落ち込んだり、好きなはずの相手を恨めしく思ってしまうことがあります。他人の一挙一動に感情が振り回されてしまうのが怖い、という人もいます。

Yuta
感情をコントロールするコツは、1人の相手に執着しすぎないことだと思います。「この人にフラれたら終わりだ」と思っていると、相手の言動ひとつで一喜一憂してしまって、精神衛生上よろしくありません。
Sumie
付き合うまえは何人とデートしてもいいんだから、気になる人がいたら気軽に食事に誘うくらいがいいと思います。「本当に好きな人としか食事に行かない」とかは、相手にとっても重いから嫌われます。
Yuta
好意を猛烈にアピールされると、「この人と食事に行ったら、交際を了承したと思われるの?」とか考えてしまって、気軽に行くことができなくなりますよね。

女性を食事に誘うときに絶対知っておくべき6つの知識

周囲の反発や嫉妬が気になる

  • ライバルから嫉妬や嫌がらせを受ける
  • 自分の恋愛感情が周囲に理解されない

ライバルから嫉妬や嫌がらせを受ける

同じ相手を好きになると、嫉妬感情により冷たくされたり、嫌がらせを受けることがあります。男性はライバルと競おうとしますが、女性はライバルを蹴落とそうと考える傾向があるようです。

自分の恋愛感情が周囲に理解されない

極端な例ですが、同性愛やバーチャルな恋愛などは、こういった悩みを抱える人が多いと思います。異性を好きになっても、「あんな人のどこがいいの?」などと友達や家族に言われたりすると、自由に恋愛できなくなります。

Yuta
「友達に羨ましがられる相手と付き合いたい」と考える人も多いですよね。好きになった相手がオタクだったり、年齢差があったりすると、周囲の視線を気にして諦めてしまう人も多そうです。
Sumie
友達に自慢したくて恋人を選ぶ人もいますよね。顔とか学歴を重視する人は、そういう傾向があるような気がします。別に悪いとは思いませんけど、それで幸せになれるなら誰も苦労しないと思います。
Yuta
SNSで海外旅行や美味しい食事の写真を投稿するような社交性が高い人は、恋人を選ぶときも周囲の評価を気にするんだと思います。僕は自分勝手なので、自分が気に入った相手なら、周囲にどう思われても関係ありません。

好きな人に拒絶されたくない

  • 異性と接することに慣れていない
  • 容姿や学歴にコンプレックスがある
  • 冷たくあしらわれた経験がある

異性と接することに慣れていない

青春時代を男子校や女子校で過ごしたり、異性と関わりのない期間が長かったりすると、恋愛をしてもうまく進める自信がないので怖いと感じてしまうことがあります。まるで外国人と話すように、緊張して視線も合わせられないこともあります。

容姿や学歴にコンプレックスがある

顔や体型にコンプレックスがあり、それを好きな人に拒絶されることが怖くて、恋愛に奥手になってしまう人は多いです。自分に自信がないので、うまくいかなかったとき「自分が悪い」とさらに落ち込んでしまう傾向があります。

冷たくあしらわれた経験がある

好きな人にアプローチして、「キモい」などと冷たくあしらわれたり、周囲に言いふらされて職場や学校で気まずい思いをした経験があると、好意を相手に伝えるのが怖いと感じてしまいます。

Yuta
外見のコンプレックスは、服装と髪型をセンスのいい人にアドバイスしてもらえれば、意外と簡単に克服できると思います。信頼できる第三者のお墨付けをもらえれば自信がつきますよ。
Sumie
恋活とか婚活を頑張っている男性を見てると、結婚相談所に高いお金を投資する前に、まずモテる外見を研究して欲しいなと思うことが多いです。外見で周囲の反応は驚くほど変わるので、自分に自信も持てますよ。
Yuta
自信を持てるとモテるようになりますし、フラれたときも「あの人は見る目がないな」と思うので傷つきません。でも、たとえば持病がある人なんかは、コンプレックスを克服するのが難しそうですね。

異性に対して偏見がある

  • 恋人に酷い扱いを受けたことがある
  • 身近な異性に悪い印象を持っている

恋人に酷い扱いを受けたことがある

金品を盗まれたり、浮気をされたり、恋人が実は既婚者だったりした経験があると、異性に対して不信感を抱き、恋愛が怖いと感じるようになることがあります。

身近な異性に悪い印象を持っている

父親が暴力をふるったり、暴言を吐いてばかりだったりすると、娘は男性に対して恐怖心を抱くことがあります。男性不信になり、恋愛に消極的になってしまうことがあります。

友達の恋愛が楽しそうに見えない

恋愛をしたせいで友達が辛い思いをしていたり、両親がケンカするのを幼い頃から見ていたりすると、恋愛が良いものと思えなくなることもあります。

Yuta
トラウマを抱えた人に対して、「そんな人ばかりじゃない」と励ます人もいますけど、それはあまり良くない気がしています。「次はいい人かもしれない」と無理に前向きになる必要はないと思います。
Sumie
ダメな相手に当たったときに、「運が悪かった」と考えるのはダメだと思います。「自分にも甘いところがあった」って反省しないと、また裏切られて傷つくことになりますよ。
Yuta
また傷ついて欲しくないので、まずは警戒しすぎるくらいでいいんじゃないでしょうか。そのうち、「この人なら信用できるかもしれない」と思える相手と知り合えたら、少しずつ距離を縮めればいいと思います。

男女が恋愛をめんどくさいと感じる瞬間19選

恋愛が怖いときの対処法

think.lady

恋愛が怖いときは、無理に克服しようと考えないのがいいと思います。

結婚や出産をしたことがなくても、人生を楽んでいる人はたくさんいます。それでも、「恋愛を一度もしたことがないと後悔しそう」と思うときは、そのまま慎重に恋愛を始めるのがいいと思います。

男性不信というと、「1人の男性から酷いことをされたからといって、他のすべての男性まで嫌ってはいけない」とアドバイスされることがありますが、同じ失敗を繰り返さないために疑心を抱くことは大切です。「たまたま悪い人に当たった」と運のせいにすると、また違う人から傷つけられるかもしれません。

「どうすれば失敗せずに恋愛できるか」と真剣に考える必要があります。無理に恋愛に積極的になろうとせず、時間をかけて、「この人なら信用できそう」という相手を見つけるのがいいと思います。

まとめ

恋愛が怖いと感じる原因をまとめると次のようになります。

本記事では、恋愛が怖いと感じる原因を紹介しました。「恋愛に前向きになれずに悩んでいる」という方は参考にしてみてください。