【Pairsと出会い系の違い】ネット婚活の不安を解消する4つの特徴

matching.app

Pairs(ペアーズ)を始めとする婚活アプリの利用者は急激に増加しています。興味を持ってはいても、「周囲にネット婚活している友達がいない」「恥ずかしくて誰にも相談できない」といった理由で情報が少なく、登録が不安な人も多いかと想像します。

また、「ネットで出会った」と聞くと、「出会い系」という悪いイメージを思い浮かべる人もいるかと思いますが、Pairsなどの婚活アプリと出会い系は完全に別物です。本記事では、ネット婚活を始めようと考えている人が安心してアプリを利用できるために、婚活アプリの代表であるPairsと出会い系の違いをまとめました。

裏代表
Pairsは安心といっても、もちろん危ない人もたくさんいます。それから、男なんてヤリモクばかりです。そういう前提で慎重に利用しましょう。
代表
裏代表は危険察知能力が非常に高く、「鋼の女」と呼ばれていました。一見すると簡単に騙されそうな顔をしているのですが、人は見た目によりませんね。

Pairsと出会い系の共通点

smart-phone.gentleman

違いを説明するまえに、まずは共通点から確認していきます。

どちらも出会いを目的とするサービス

Pairsも出会い系も、異性との出会いを目的としたマッチングサービスである点は共通です。会員情報をネットで検索して、気になる相手にメッセージを送ります。やりとりを通じて親しくなれば、プライベートな連絡先を交換したり、直接会ったりします。

18歳未満の利用は法律で禁止されています。

登録時には身分証が必要

登録時には身分証の提示(メールに添付して送信)する必要があります。年齢や地域などの希望条件で相手を絞り込むことができるので、リアルな世界よりも効率的に出会うことができます。

代表
この辺は、説明しなくても知ってますよね。特にコメントはありません。
裏代表
身分証送るのって嫌だよね。

Pairsと出会い系の違い

smart-phone.lady

  • 最大の違いは会員の利用目的
  • 定額制と課金制の料金システム
  • いわゆるサクラの存在
  • Facebook連携の安心感

最大の違いは会員の利用目的

Pairsをはじめとする婚活アプリでは、利用者は恋人探しのためにアプリを利用しています。結婚願望の強い人、そうでない人の違いはありますが、基本的には真剣に出会いを求めて登録している人がほとんどです。

一方、出会い系では、身体目的や援助交際目的の利用者も多く登録しています。どちらかというと出会い系のほうが匿名性が高いので、そういった目的で利用されることが多いのではないかと思います。

真剣に出会いを求める人はPairsを利用しましょう。

代表
「男なんてヤリモクばっかり」とのことですが、ヤリモクかそうでないかは、どうやって判断すれば良いでしょう。
裏代表
まず、エッチしたくない男はいません。ただ、「エッチ+付き合いたいのか」「エッチのみなのか」が問題です。その見極めが難しいのです。
代表
なるほど、納得です。
それを見極めるポイントは2点あります。1つは、エッチやキスを断られたとき、大人しく待てるかどうか。もう1つは、「どうして私がいいの?」ときいたときに、オンリーワンと思える理由が返ってくるかどうかです。 
裏代表
ああ、そうだねぇ。でも、同時進行で何人も女性を口説いてるナンパ師は、結構辛抱強く待てるかも。
代表
そうなんです。感情的にならないように相手を複数持つんですよ。そういったものがナンパ本にテクニックとして載っています。

定額制と課金制の料金システム

Pairsは定額制ですが、出会い系は課金制が多いです。

定額型のPairsでは、あらかじめ活動期間に応じて料金が決められていて、追加で請求される心配がないので安心して利用できます。しかし、無制限にアプローチできるわけではなく、1ヶ月にアプローチできる相手の数などに上限が定められています。

課金制の出会い系は、まずポイントを購入させられます。相手のプロフィールを読むとき、メッセージを送るとき、連絡先を交換するとき、ことあるごとにポイントを支払う必要があります。やりとりが長引くほど、たくさんの料金がかかります。

いわゆるサクラの存在

think.man

サクラに関しては、実際に確かめる術はないので、これは利用者の口コミや体験談、料金システムなどをふまえての想像です。しかし、Pairsにはサクラはいないことは、個人的には確信しています。

出会い系はサクラが課金へ誘導している

課金制の出会い系サービスにはサクラが存在するようです。積極的にメッセージを送ってきたり、最初から会おうと言ってきたわりに連絡先をなかなか交換してくれなかったり、そういう相手はサクラと考えてまず間違いないでしょう。

出会い系にサクラがいるのは、課金制の料金システムが関係しています。やりとりが長引くほど料金がかかる仕組みなので、わざわざサクラを雇って不毛なやりとりをさせているのです。

Pairsはサクラを雇うメリットがない

一方、Pairsは月額制なので、やりとりを長引かせても「このアプリはなかなか会えない」という悪い評判が立つだけでメリットはありません。

やるとすれば、イケメンや美人の会員が多いように見せかけるために、架空の会員情報をでっち上げる、といった程度でしょうか。

でも、私が運営側なら、そんな信頼を落とすようなことはせず、会員が自主的に魅力的なプロフィールを作成できるようにアドバイスを掲載します。実際、Pairsにそういったコラムが掲載されていますね。

ネット婚活はメッセージ返信率が低いのが当たり前

サクラに関係なく、Pairsも出会い系もメッセージの返信率は低いです。ネット婚活が始めての人は驚かれるかもしれません。

普通の友達にメールするような感覚でメッセージを送ると、あまりに無視される割合が多いので落ち込んでしまうかもしれませんが、そういうものだと思って割り切るしかありません。

ネット婚活に慣れていない人がアプローチを無視されたり、やりとりが急に途絶えたりといった経験を重ねると、「サクラばっかりだ」と叫びたくなるかもしれませんが、そんなことはないと思います。

裏代表
ネットでも街コンでも、すぐに「サクラだ!」と他人のせいにするイタい人にはならないように注意。
代表
裏代表がPairsを使っていたとき、男性からの返信率はどれくらいでしたか?
裏代表
私は自分からはメッセージ送らなかったからなぁ。もらったメールに返すだけ。女から「いいね」送るのって怖いでしょ。
代表
そんなことありませんよ。男性も、女性ほど多くありませんが、アプローチを受けています。

Facebook連携の安心感

Pairsなどの婚活アプリでは、Facebookアカウントが登録時に必須です。

このFacebook連携が原因で、友達バレしやすくなるといった心配はありません。むしろ友達バレしにくくするシステムです。

また、Facebookに掲載した情報が、Pairsの相手会員に公開されることもありませんので、その点はご安心ください。

詳しくは別記事に書いたので、そちらも参考にしてください。

Pairsは友達バレするの?

Facebook連携だと「悪いことはできない」

Facebook連携だからといって、個人情報が公開されることはありませんが、「悪いことはできない」という心理になります。PairsなどのFacebook連携アプリは、不純な動機で利用するには心理的なハードルが高いように思います。こういった点が、会員の質の高さにつながっているのではないでしょうか。

婚活サービスは、「相手の身元がわからないと不安」ですが、同時に、「自分が婚活していることは周囲には知られたくない」という気持ちもあるので、個人情報の扱いには非常にデリケートになる必要があります。

Facebook連携は、とても上手い方法だと思います。

代表
身体目的のナンパ程度の軽いものは抑止できないかもしれないけれど、犯罪になるような重いものは抑止できる効果があるかと思います。もちろんゼロではないでしょうが。
裏代表
友達も10人必要だしね。私の友達は、FacebookやってないからPairs諦めた。
代表
PairsやりたくてFacebookを始める人は、私に連絡をくだされば友達になりますよ。yuta-ono@dazzling-list.com←このアドレスに連絡ください。

【まとめ】Pairsと出会い系の違い

ここまで、Pairsと出会い系の違いを説明してきました。

もし真剣に交際相手を探しているのならPairsを使うべきです。出会い系を選ぶ利点はありません。どんな年齢や地域の人にも利用できる良いサービスだと思います。

本記事がネット婚活を始める人の不安解消に役立てば嬉しいです。

無料メール相談

恋人の紹介希望もこちらから。
無料メール相談の窓口です。メールは24時間受け付けています。個人情報は外部には漏らしません。ブログに関するご意見やご質問もお気軽にどうぞ。
▶︎相談スタッフの紹介はこちら