DazzlingList

彼氏ができない6つの理由とモテない女性の共通点

18〜34歳の未婚女性のうち、彼氏がいない女性の割合は59.1%だそうです。彼氏ができない理由はそれぞれですし、未婚であることは全く後ろめたいことではありません。

本記事では、彼氏ができない理由を考察して紹介していますが、彼氏を作ることを推奨するわけではありません。「彼氏が欲しいのにできない」という方は参考にしてみてください。

Yuta
彼氏が全然できない人と常に彼氏が途切れない人がいますけど、個人的に話していて面白いのは彼氏ができない人です。
Sumie
個性的な人が多いからじゃないですか?悪い意味じゃなくて、ユニークで自分の楽しみを持っている人が多い気がします。



彼氏がいない人の割合

think.lady

18〜34歳の未婚女性のうち、彼氏がいない女性の割合は59.1%だそうです。ちなみに彼女がいない男性の割合は69.8%です。(2015年出生動向基本調査)

  • 恋人が欲しいのにできない
  • 恋愛したいと思わない
  • 仕事や趣味を優先したい

彼氏がいない理由は人それぞれですし、未婚であることは全然後ろめたいことではないと思います。参考までに、年齢別の彼氏がいない女性の割合、性経験のない女性の割合を紹介します。

彼氏がいない女性の割合

【年齢別】交際相手がいない女性の割合

18~19歳68.8%
20~24歳55.3%
25~29歳56.1%
30~34歳64.8%
全年齢59.1%

【年齢別】性経験のない女性の割合

18~19歳74.5%
20~24歳46.5%
25~29歳32.6%
30~34歳31.3%
全年齢44.2%

対象:18~34歳未婚女性

2015年出生動向基本調査より

彼氏ができない理由

fear

男性を恋愛対象として見ていない

「仕事や趣味に夢中な女性は彼氏ができない」とよくいわれますが、恋活や婚活に時間を割けないという意味ではなく、他のことで充実しているので恋愛に興味がなくなるという意味だと思います。

彼氏がすぐにできる女性は、仕事や趣味で知り合う男性全員を恋愛対象として品定めしています。男性から食事に誘われたら、「私を狙ってるんじゃないか」と想像します。「ただの食事だから勘違いするな」と自分を戒めてしまうと彼氏はできません。

具体的な恋活行動を起こしていない

男性と知り合う場所に行ったり、男性にモテるための努力することを惜しむ女性も、彼氏ができにくいです。

就職をすると、男性と自然に知り合う機会は一般的に減少します。街コンやマッチングアプリには抵抗がある、という女性も多いです。

また、子供の頃は男性にモテていた美人も、年齢を重ねて男性から相手にされなくなることもあります。高校生のイケメン男子が彼女に求めることと、30代のエリート男性が彼女に求めることは全然違うからです。

Yuta
理想の出会いにこだわるよりも、理想の相手と出会うことにこだわりましょう、というのが僕たちのモットーです。
Sumie
案外、年配の人はマッチングアプリとか街コンにも理解がありますよね。同世代のほうが「え?街コンで知り合ったの?」みたいに嫌そうな顔をする女性が多い気がします。

好きな人に拒絶されることが怖い

自分の容姿やコミュニケーションに自信がなかったり、好きな男性に傷つけられた経験などがあると、恋愛に奥手になり、彼氏ができない原因になることがあります。

自分の好意を隠そうとしたり、勘違いして傷つくことを恐れて、身近な男性の好意に気づかないフリをしたり、恋愛に発展するチャンスを逃していることがあります。

男性不信または恋愛にトラウマがある

元カレに浮気をされたり、暴力をふるわれたり、騙されたりした経験が過去にあると、彼氏が欲しいと思えなくなることがあります。いつも女性の友達とばかり一緒にいたり、男性と話すときはケンカ腰になったりする女性もいます。

また、自分自身は男性から酷い扱いを受けたことがなくても、友達が不幸な恋愛をしていたり、父親が母親を虐待していたりすると、恋愛することが怖いと感じてしまうこともあります。

恋愛が怖いと感じる原因5つのパターンと心理を解説

恋人に多くを期待しすぎている

理想が高いことは素晴らしいことですが、「恋人が私を幸せにしてくれる」と他力本願になるのは良くないと思います。自分が欲しいものは自分で買うべきであり、代わりにお金を出してくれる男性を探すことは、個人的には婚活ではないと思います。

恋愛経験が少ない女性のなかには、「好きな男性としかデートをしちゃいけない」と考える人もいます。現実には徐々に興味が湧くというパターンが多いと思いますが、このように最初のハードルを高く設定してしまっている場合もあります。

Yuta
男性でいうと、「付き合ってもいない女性を食事に誘ったら、軽いと思われないか」と心配してしまうタイプです。
Sumie
私が中学生のときは、男女で遊びに行ったりすると冷やかされるから、最初に告白とかするのが普通だったけど、そのまま大人になると「重い」って嫌われます。

積極的に恋活していてもモテない

街コンやマッチングアプリを利用して、積極的に彼氏を作るために行動していても、なかなか彼氏ができない女性もいます。そこまで理想も高くないのに、なぜかモテないというパターンです。

抽象的に考えると、恋人ができない原因は3つに大別できます。

  1. 男性のニーズを満たすことができない
  2. 自分のニーズを満たす男性が見つからない
  3. お互いのニーズを満たす相手とマッチングしない

上記のうち、自分がどれに該当するかは簡単にわかります。「どんな男性と付き合っても最終的にフラれる」は1、「自分がフった男性が他の女性とうまくいっている」は2、「気に入った男性にはフラれるが興味のない男性にはモテる」は3です。

3の場合、アプローチはいくつかあります。気に入った男性のニーズを満たせる女性になること、恋人に求める条件を絞ること、男性と知り合う機会を増やすことの3つです。

モテない女性の3つの共通点

ファッションにこだわる

服装や髪型だけでなく、言葉遣いや虚栄心なども含めて「ファッション」という言葉を使っています。たとえば、同じアイドルオタクでも、普段おしゃれな格好をしていれば、意外とたくさんの人に受け入れられます。しょこたんなどがその例です。

「自分らしさを捨てたくない」「男に媚びたくない」といって、女性らしい服装やふるまいを嫌う女性は、彼氏ができにくいです。そういう女性は、「プライドが高い」「自己主張が強い」と思われます。

Yuta
女性らしい服を着ても、自分らしさは維持できますし、男性に媚びたことにもならないと思います。仕事中は制服を着なければならないように、恋活中は女性らしくふるまうことが協調性だ、と解釈すればいいと思います。
Sumie
男性にモテる仕草とかファッションばかり気にしてる女性は、女性から嫌われますよね。だから自分らしさにこだわるのかもしれませんね。
Yuta
男性は友達がモテていたら「羨ましいなぁ」と思うだけで、むしろ尊敬します。小学生のときは、女子と遊んだ友達を冷やかしたりしますけど、大人になったらそういうことはあまりしませんね。

他人に敬意を払わない

考え方や立場がお互いに違ったときに、「相手が話してくれたことには価値がある」と思えない女性は、男性にも女性にも好かれません。表面上は敬語を使って、笑顔で接していても、内心で見下していると必ず見抜かれます。

他人と意見を一致させる必要はありません。自分に有益だと思えたら採用して、そう思えないときは「こういうふうに考える人もいる」と知るだけでも価値があります。

Yuta
僕は一人でいることが大好きな人間ですけど、他人との会話は楽しいと感じます。興味がない自慢を延々と聞かされたらうんざりしますけど、そういうときは自分が知りたいことを質問するようにしています。
Sumie
人見知りで緊張しやすい人は、ちゃんと相手のことを尊敬する人が多いと思います。意外と自分は話し上手だと思っている人のほうが、相手の言い分に耳を貸さないかもしれません。
Yuta
話すより聞くほうが難しいですからね。興味がないことに興味を持つことは無理なので、相手の経歴とか人間関係の中に、興味が持てるものを探すのがいいと思います。

聞き上手になって恋愛関係に発展させる簡単な方法

アプローチさせる隙がない

「隙がない女性はモテない」とよくいいますが、「隙とは具体的に何なのか」とはあまり言及されません。隙がない女性とは、男性に口説かれたときに「いや社交辞令だから勘違いするなよ」と自分でブレーキをかけてしまう女性ではないかと思います。

職場の男性に食事に誘われたら、「これってデートの誘い?」とモテる女性なら身構えますが、「ただの食事だから」と脈のない態度を取ってしまうのがモテない女性の特徴です。「アプローチしても無駄だな」と男性に思われてしまいます。

Yuta
趣味や友達の話ばかりして、恋人がいなくても毎日が充実してそうな女性も口説かれません。男性は、ある程度の勝算がないとアプローチできません。
Sumie
女性からも「誘っていいよ」ってサインを出さないと、なかなか男性は誘ってくれません。自意識過剰みたいで抵抗があるのかもしれませんけどね。

まとめ

彼氏ができない女性の特徴をまとめると次のようになります。

本記事では、彼氏ができない理由を考察して紹介しました。「彼氏が欲しいのにできない」という方は参考にしてみてください。