DazzlingList

【食事のお礼メール】交際に発展した40代女性の好事例

この記事は【女性/40代前半/会社員】の意見です。

[speech_bubble type=”fb-flat” subtype=”L1″ icon=”yuta.png” name=”代表”] 裏代表は、こういうお礼のメールで気をつけていることはありますか? [/speech_bubble] [speech_bubble type=”fb-flat” subtype=”R1″ icon=”sumie.png” name=”裏代表”] すぐ返すこと、ごちそうさま、それから私なら具体的なものを一つ褒めるかな。単に「美味しかった」じゃなくて、あんな新鮮な牡蠣を食べたのは初めてだとか、夜景を見てどう感じたとか。でも、嘘はつかない。 [/speech_bubble] [speech_bubble type=”fb-flat” subtype=”L1″ icon=”yuta.png” name=”代表”] 嘘はバレますからね。テレビの食レポみたいに、何でも褒めてばかりいる人は信用されませんし。 [/speech_bubble]



メールで感謝の気持ちを伝えた事例

最近仲良くしている男性から食事に誘われました。

高級なイタリアンレストランで美味しい食事とワインをご馳走になり、とても充実した時間を過ごせて楽しめました。

その彼にお礼メールを送る際には、心からの感謝の気持ちを伝えることに専念しました。また、少し気になっていた男性でしたので、さりげなくこちらの好意を伝えてみることにしたのです。

ドキドキしながら感謝とまたできれば一緒に食事に行きたいという希望をメールしたところ、すぐに返信がありました。

また是非ご一緒したいと言われてこちらも嬉しくてつい舞い上がってしまいました。

[speech_bubble type=”fb-flat” subtype=”L1″ icon=”yuta.png” name=”代表”] 具体的な内容は書かれていませんね。ただ、この人のように気持ちを伝えることは重要だと思います。「また行きましょう」と「また行きたいです」には、雲泥の差があります。 [/speech_bubble] [speech_bubble type=”fb-flat” subtype=”R1″ icon=”sumie.png” name=”裏代表”] もしご馳走してもらったなら、「今度はご馳走させてください」って言うかも。相手の収入が高いほど、お金目当てじゃないことをアピールするのは効果的だと思います。 [/speech_bubble] [speech_bubble type=”fb-flat” subtype=”L1″ icon=”yuta.png” name=”代表”] 「今度はご馳走させてください」は、誠実な感じがして素敵だと思います。また一緒に食事に行きたいと思っていることも伝わるので、相手は次も誘いやすくなりますね。 [/speech_bubble]

自分の希望を伝えることがポイント

think.man

その後もスムーズに彼との関係は続いていき、自然な流れで交際に発展することとなったのです。

お礼を伝える際のメールの内容は非常に重要だと実感しました。感謝の気持ちだけでは次にはなかなか発展しない場合もありますので、しっかりと自らの次回の希望を相手に伝えられた点が上手くいった理由かなと今では満足しています。

これまではなかなか自分の気持ちを素直に伝えられずにいましたが、今回は彼に思いきってぶつかって正解だと感じています。

これからも、仲良く信頼関係を構築して幸せな結婚に結びつくように努力していきたいです。

[speech_bubble type=”fb-flat” subtype=”L1″ icon=”yuta.png” name=”代表”] 「感謝の気持ちだけでは次に発展しない」とありますが、その通りです。「美味しかったです」「ありがとうございました」だけでは単なる社交辞令で、男性には脈なしと判断されます。 [/speech_bubble] [speech_bubble type=”fb-flat” subtype=”R1″ icon=”sumie.png” name=”裏代表”] 感想を書くと良いと思う。何々に感動したとか、これを食べて自分はこう思ったとか。 [/speech_bubble] [speech_bubble type=”fb-flat” subtype=”L1″ icon=”yuta.png” name=”代表”] あと、すぐに返信することも大事ですよね。時間が空くと、同じ文面でも少し噓っぽくなります。 [/speech_bubble]