DazzlingList

既存カップル出会いのきっかけランキングtop10

既存カップルの多くは、やはり職場や学校、友達の紹介などで知り合っているようです。一方で、アプリやイベントを活用して、自ら積極的に出会いを求める男女も増えているように思います。

本記事では、既存カップルがどんなきっかけで出会っているのかをランキングで紹介しています。「みんながどこで出会っているのか知りたい」という人は参考にしてみてください。



出会いのきっかけランキングtop10

首都圏、東海、関西在住の15〜49歳の未婚(結婚経験がない)男女2100人を対象としたアンケート結果です。既存カップル出会いのきっかけランキングです。

  1. 同じ会社や職場25.3%
  2. 同じ学校やクラス18.4%
  3. 友人の紹介14.2%
  4. サークルや趣味・習い事の活動を通じて11.4%
  5. 同じ会社や職場ではないが、二人もしくはどちらかの仕事やアルバイトを通じて8.0%
  6. SNSで5.0%
  7. SNS以外のインターネットで4.7%
  8. イベントやパーティーで3.5%
  9. 街中や旅先で3.3%
  10. 幼なじみ・近所2.1%

出典:リクルートブライダル総研、恋愛観調査2014
http://bridal-souken.net/data/ra/renaikan2014_release.pdf

裏代表
近場で済まそうとする人が多いですよね。
代表
「職場で出会いがないので」と言いながら婚活をする人も多いですけど、そんな言い訳をしなくても堂々と婚活できる世の中になればいいですね。

同じ職場や学校

出会いのきっかけに関するアンケートを取ると、いつも上位に来るのが「職場」と「学校」です。

職場や学校は、「素性が明らかな相手と知り合える」「交際まえに普段の姿を観察できる」といった利点もありますが、これらが上位に挙がる理由は、「出会いの場が他にないから」というのが実際のところではないかと思います。

以前は「自然な出会い」に憧れる風潮がありましたが、「婚活」というキーワードが世間に浸透して、現在は自分から積極的に出会いを求めにいくことが一般的になりつつあります。職場や学校内での恋愛は、これから減少していくのではないかと思います。

代表
マンガなどフィクションでも近場で相手を探そうとしますよね。主要な登場人物は、必ず同じコミュニティ内でカップリングします。
裏代表
友達から恋愛に発展するって人も多いですよね。私には信じられませんけど。

友人の紹介

「友人の紹介は、婚活アプリや街コンなどに比べて後ろめたさが少ない」という意見があります。「お金を払って異性と知り合う」という行為が「不健全」または「モテない証拠」と考える人がいるということだと思います。

友人から紹介されるときは、もちろん相性の良さそうな人物を厳選するので、「偶発的な出会いよりも恋愛に発展しやすい」という傾向があるようです。また、「共通の知人がいるので無下な対応はできない」というしがらみもあります。

代表
自分が紹介する立場だったことは何度かありますけど、双方が満足する紹介って難しいですよね。「自分よりちょっとランクが上」をお互いが希望すると、マッチングしません。

サークルや趣味を通じて

参照したアンケートでは「サークル」と「趣味」が同じカテゴリでしたが、サークル活動とひとくちにいっても、職場や学校の人間関係の延長のような集まりから、本当に趣味嗜好が一致する同士の集まりまで、いろいろなタイプがあると思います。

「趣味が近いと話が合いやすい」ということは実際にあります。また、サークル活動を通じた出会いでは、「交際まえに普段の姿を観察できる」という利点もあります。

「恋人と一緒に趣味を楽しみたい」と考える人も少なくありません。また、「自分の趣味を許容してくれる人がいい」と同じ趣味のパートナーを求める人もいます。

ネットを通じた出会い

smart-phone.lady

現代人の生活は、多くの部分をネットに依存しているので、「ネットで知り合った」と区別すること自体ナンセンスだと思います。職場や学校の人間関係や趣味の活動も、今はネット上で展開される時代です。

連絡先をネット上に掲載していると、営業のメールが届くことがありますが、これらが対面の営業と比べて失礼ということはないと思います。仕事ですから、挨拶も自己紹介もきちんとしています。「ネットはマナーが悪い」と指摘されるのは、身分を隠してコミュニケーションを取る場合です。

ネットで知り合う相手に信頼されるためには、自分が現実に存在することを証明する必要があるかもしれません。例えば、「Facebookのアカウントを教える」などです。交友関係や勤務先などを開示するのであれば、それはもうリアルの出会いとほぼ同一といえるかと思います。

代表
最近、いろいろなページでFacebookアカウントのログインが求められて鬱陶しいですけど、これからも増える気がします。

これからの出会い

think.man

最後に、これからの出会いについて考察したいと思います。あくまで個人的な予測です。

ネットで出会う機会が増える

まず、ネットを通じた出会いは今よりも一般的になります。あらゆる人間関係がネット上に移行することが理由のひとつ。もうひとつの理由は、「婚活は恥ずかしい」という空気が薄れることです。

そもそも、職場や学校など限られた範囲からパートナーを探すほうが不合理でした。当然ですが、これからパートナーはもっと広い範囲から探せるようになりますし、堂々と婚活を行うことができるようになります。

恋愛しない自由が生まれる

また、「恋愛したほうが毎日は充実する」「結婚しない人間には問題がある」といった空気も、徐々に薄れていきます。社会が豊かになるほど、いろいろな生活スタイルが許容されるようになるからです。例えば、食事は必ずしも朝昼夕3食でなくてもいいし、趣味も個人で複数持つことが許されるようになります。

恋愛や結婚も、したい人だけが自由にすればいいものです。独身でも充実した毎日を送ることはできますし、それを他人がどうこう言うべきではありません。結婚をすると、「おめでとう」と無条件で祝福されますが、おめでたいかどうかは結婚とは無関係です。

代表
「モテそうなのに恋人を作らないなんてもったいない」という発言も、余計なお世話です。

まとめ

アンケート結果によると、出会いのきっかけは同じ職場や学校など、近場であることが多いようです。実際に、「職場で出会いがないので」と街コンに参加する人も多いですが、個人的には、職場で出会いがあっても婚活はするべきかと思います。