DazzlingList

LINEで告白する高校生女子が知っておくべき7つのポイント

「LINEで告白するのはアリか」という議論があります。

たしかに対面で告白したほうが誠実な印象になるとは思いますが、たとえば、高校生が憧れの先輩に告白するときなど、二人きりになれるチャンスもなく、連絡手段はLINEしかなかったりするので、告白にLINEを使わざるを得ない場合もあるかと思います。

本記事では、LINEで告白する高校生女子が知っておくべきポイントを紹介しています。「これから告白をするので成功率を少しでも上げたい」という方は参考にしてみてください。

キカガク
せっかく送ったLINEが既読にならなくて、翌朝の寝ぼけた頭で読まれたりするのはもったいないので、「今から大事な話をしてもいい?」と最初に打診しておくと良いと思います。
スミエ
やっぱり直接言われたほうが嬉しいと思うけど、他に連絡手段がないならLINEを使うしかありませんよね。ただ、顔が見えないので、相手が今どんな状況か確かめてから告白をしたほうが良いと思います。
キカガク
友達とゲーセンにいたり、お父さんに説教されていたりするかもしれませんからね。静かな場所に呼び出すのが一番ですけど、それができないときは今どんな状況かきくのは大事です。



LINEで告白するのはアリかナシか

fear

「LINEで告白するのはアリか」という問題について考えたいと思います。

まず、「アリorナシ」という極端な二択で考えるのは乱暴だと思います。「対面のほうが誠実さが伝わりやすい」という面もありますが、さきほども書いたように「LINEしか連絡手段がない」というシチュエーションもあります。

告白はタイミングが重要ですので、お互いの気分が高まった「ここぞ」というときに、LINEで告白できるチャンスがあるなら、あえて逃す必要もないと思います。その状況に合わせて、複数の手段を使い分けるのが効果的です。

キカガク
LINEを告白に使うのはアリだと思います。ただ、大切なことを言うときは、「電話しても良い?」ときいて、自分の声で伝えたほうが成功しやすくなると思います。
スミエ
顔が見えないと、冗談で言ってるのかとか、手抜きなんじゃないかとか思われるかもしれませんからね。電話だったら、声のトーンで本気度が伝わる気がします。

告白は方法よりも「誰から」が大切

どんな方法で告白されるかより、誰から告白されるかが決め手になります。

たとえば、好きな男性からLINEで告白されたなら、「できれば対面で告白して欲しかったけど」と言いつつも、「OK」と女性は返事をするのではないかと思います。逆に、全然興味のない男性から対面で告白されても、「気持ちは嬉しいけど、付き合うのはちょっと……」とお断りする女性が多いはずです。

つまり、「電話で告白するのか?それともLINEか?」「どんなメッセージを送るべきか?」と悩むことも大切ですが、告白の成功確率を上げるためには、「親しい関係性を築いておく」「相手の反応から脈あり度をチェックしておく」という事前準備のほうが影響してきます。

脈ありサインを確認したら告白すべき

couple.first-contact

同じ相手であっても、タイミングによってOKがもらえたり、もらえなかったりします。

たとえば、まだお互いのことを何も知らない段階で「付き合いたい」と告白されても、「不安で付き合えない」という女性が多いかと思います。また、落ち込んでいるときに親切にされて好きになったけれど、時間が経ったら別の男性を好きになってしまった、という経験も普通にありうると思います。

せっかく両思いだったのに、告白のタイミングを逃したせいで付き合えなかった、という失敗ほどもったいないものはありません。相手の脈ありサインを確認できたら、たまたま二人きりになれる幸運を待つよりも、LINEで約束をして確実に告白をしたほうが良い場合もあります。

LINEは開封のタイミングを選べる

smart-phone.gentleman

相手が遅刻して焦っているとき、友達と騒いで盛り上がっているときなど、告白に向かないシチュエーションはいろいろあります。対面や電話で告白をするときは、相手が真剣な話ができる精神状態になっているか、よく見極めることが大切です。

一方、LINEで告白をする場合は、少なくともメッセージを開封するタイミングを相手は選べるので、迷惑に思われるリスクは低くなります。いきなり「好きです」と送られると、それを友達や家族の前で開いてしまったときに気まずいので、「大事な話がしたいんだけど、いま大丈夫?」と事前に確認しておくと良いかと思います。

ちなみに、これは対面や電話で告白するときも一緒です。相手が通りかかったところを呼び止めて告白するより、「大事な話がしたいから」と放課後などに呼び出したほうが、相手も心の準備ができて良いと思います。電話で告白するときも、「いま一人?」「大事な話があるんだ」と最初に断ったほうが良いと思います。

「恥ずかしいから」は理由にしない

ここまで、「LINEで告白するのはアリか」という問題について、どちらかといえば肯定寄りの考えを書いてきましたが、「恥ずかしいから」という理由でLINEを使うことはおすすめしません。なぜなら、告白の成功確率が下がるからです。

LINEで告白をすると、次のように思われるリスクがあります。

  • 根暗な性格で一緒にいても退屈そう
  • 自分に自信がなくてモテなさそう
  • 本当に好きなのかどうか疑わしい
  • 何を考えているか読めないから怖い
  • なんとなくストーカーみたいでキモい

必ずしもこう思われるとは限りませんが、失敗したときに後悔しないためにも、不安要素は取り除いておくべきです。

他に連絡手段がなくLINEを使う場合は、「大事な話なので電話しても良いですか?」と断って、大事なことはできればLINE通話で伝えたほうが良いと思います。声が震えたりして恥ずかしいかもしれませんが、真剣な気持ちは伝わるので、相手は安心しますし、嬉しくなるはずです。

女子から告白するのはアリか

think.lady

「女子から告白されたら男子は引くんじゃないか」と心配している女性もいますが、これはまったく問題ありません。「ガツガツしすぎでキモい」「必死すぎて笑える」などと非難する男性はまずいません。いるとすれば、ヤキモチを妬いた第三者ではないかと思います。

しかし、「好きになったら告白すべき」というのも、また極論です。

後悔しないように行動することは大切ですが、告白がその人にとって最良の選択かどうかはわかりません。まずは毎日笑顔で挨拶をしたり、雑談を重ねて信頼関係を築くべきかもしれません。告白の成功確率を上げて、かつ、失敗しても気まずくならないように下地を固めておくことも大切です。

脈ありかどうかの調べ方

smart-phone.lady

告白が成功する確率がどの程度あるか、という予測に役立ちますので、ここで男性の脈ありサインについて紹介します。

向こうから積極的に遊びに誘ったり、手を繋いだりするときは、脈ありと判断して問題ありません。難しいのは、相手の男性と交流がほとんどない場合です。おおまかにいえば、相手が名前や会話の内容をよく覚えていたり、時間や手間を惜しまずに付き合ってくれるときは脈あり、と考えることができます。

キカガク
他の女子に対する態度と明らかに違っていたら、特別に好かれているか、特別に嫌われているかのどちらかです。男子の場合は、興味がなかった女子から告白されても、割とすぐ燃え上がります。
スミエ
高校生の頃は、遠くから眺めているだけで幸せだったりしますよね。たまに視線が合ったりして、向こうも私のことが好きなんじゃないかってドキドキする時間も恋愛の楽しいところです。

脈なし男性の態度

次のような態度の男性は脈なしです。

  • 会話の内容を忘れたり他の女性と間違える
  • 初デートにも関わらず割り勘にしたがる
  • 会話をすぐに切り上げようとする

さらに詳しく知りたい方は、こちらの記事を参考にしてみてください。
脈なし男性が恋愛対象外の女性に取る8つの行動

会話の内容を忘れたり他の女性と間違える

名前や会話の内容を忘れたり、間違えたりする男性は脈なしです。ほとんど意識されていない証拠です。特に、他の女性と間違えたりするくせに「好きだよ」などと言ってくる男性は信用できませんので注意してください。

初デートにも関わらず割り勘にしたがる

また、「割り勘にしたがる」という態度も脈なしです。ご馳走してくれないからといって、脈なしと判断することはできません。「恥ずかしくて言い出せない」「女性に慣れていない」という可能性もあるからです。しかし、「割り勘でも言い?」と尋ねる男性は確信的です。割り勘がマイナス評価になりうることを認識した上で提案しています。

会話をすぐに切り上げようとする

最後に、会話をすぐに切り上げようとする男性も脈なしです。ただし、奥手な男性の場合は、緊張して会話が続けられないでいる可能性もありますので、相手が他の女性と接するときはどうなのか、と慎重に判断する必要があります。

脈あり男性の態度

次のような態度の男性は脈ありです。

  • 話しかけられると作業の手を止める
  • 言い訳しながらも連絡先を交換する
  • 最近の恋愛事情を探ろうとする
  • プライベートな質問や相談をする

「顔を合わせると笑顔になる」「振り返るといつも視線が合う」「一緒にいる時間を作ろうとする」などのわかりやすい脈ありサインもありますが、ここでは好意を隠そうとしている男性の脈ありサインを紹介していきます。

さらに詳しく知りたい方は、次の記事を参考にしてみてください。
片思い中の男性の行動パターンと理解できない男性心理

話しかけられると作業の手を止める

たいていの男性は、好きな女性から話しかけられると作業の手が止まります。同時に複数の仕事を処理することが苦手だからです。話しかけても、男性が振り向きもしないときは、うわの空で話を聞いている証拠ですので、残念ながら脈なしです。

言い訳しながらも連絡先を交換する

「気まずくなるのでは」「キモいと思われるのでは」と心配して、自分の好意を悟られないようにする男性も多いです。そのため、連絡先をきくときも、「委員会の連絡で必要だからLINEを交換しよう」などと必要性を強調したりしますが、これは照れ隠しや断られないための予防線である可能性があります。

最近の恋愛事情を探ろうとする

「彼氏はいるの?」「親しい男友達はいるの?」と恋愛事情を探ろうとするのも、典型的な脈ありサインです。「どうせモテないんだろ」とからかうような感じで話題にされることもありますが、これも男性特有の照れ隠しです。

プライベートな質問や相談をする

休日の過ごし方や好きな食べ物など、プライベートな質問を男性がするのは、相手の女性に興味があるからです。また、個人的な相談も、相手のことを信頼していたり、親しくなりたいと思っていなければできないことです。

脈あり男性のLINE

次のようなLINEは脈ありです。

  • 自分の意見が添えてある
  • 返信の頻度にバラツキがない
  • 質問の見落としや重複がない

これからLINEで告白しようと考えている女性にとって、LINEで脈あり度を確かめる方法がもっとも身近かもしれません。脈ありLINEの特徴は、次の記事でも紹介しています。
LINEで脈あり男性の真意を見抜く21のポイント

自分の意見が添えてある

「了解」「ありがとう」といった必要最低限のメッセージしか返ってこないときは脈なしですが、「面白いね」「それは嫌だな」と自分の感情を表現したり、「それは〇〇だと思う」と自分の意見が書かれるときは脈ありです。個人的な質問が含まれるときも脈ありですが、「面倒くさい」と思われたくないので、あえて質問をしないようにしている男性もいます。

返信の頻度にバラツキがない

「1時間以内に返信しない男性は脈なし」といった意見もありますが、それは間違いです。部活動や試験などで、どうしても返信できないタイミングは誰にでもあります。しかし、たとえば夜9時過ぎに必ず返信をくれる男性がいたら、その彼は部活動や塾が終わったタイミングで必ずLINEをチェックしていると考えることができるので、脈ありといえます。

質問の見落としや重複がない

気になる女性からLINEが送られてくれば、何度も読み返しますし、関心があるので内容をよく覚えています。ちょっとした約束でもきちんと守ってくれたり、ずっと以前の話を覚えていたりするときは脈ありです。逆に、同じ質問を繰り返されるようなときは、残念ながら脈なしです。

高校生女子が告白するときのコツ

couple.lunch

ここから高校生女子が告白するときのポイントを紹介していきます。

  1. 温度差があると「重い」と感じる
  2. 文字数や感情表現は相手に合わせる
  3. 卑屈な表現は絶対に使わない
  4. ストレートに好きと伝える
  5. みんなといる時間帯は避ける
  6. 返事がしやすい提案をする
  7. 返事を保留されたときの対応

本記事で紹介するポイントは以上の7つです。

キカガク
長めのメッセージで言いたいことを一通にまとめるのか、それとも一言ずつ会話のキャッチボールをしながら告白するのかは、どちらでも良いと思います。ただ、大事なことは電話とかで言うのが良いと思います。
スミエ
相手にどうして欲しいのか、ちゃんと伝えるのも大事ですよね。遠慮しないで、付き合いたいなら「付き合いたい」とはっきり伝えないと、相手が困ると思います。

温度差があると「重い」と感じる

couple.first.date

「重い女」といった表現がありますが、それは具体的にどういう女性なのか考えてみます。

一般的には、LINEの返信が遅いだけで怒ったり、ヤキモチで交友関係を制限したりする女性が「重い」と表現されますが、一方で、結婚相談所の紹介で知り合った男女は、すぐに結婚の話を切り出しても「重い」とは言われません。この違いは何かというと、男女の温度差にあるのではないかと思います。

たとえば、男性は手短に用件を伝えたいのに、女性がプライベートな質問で長引かせたり、男性はスケジュールが詰まっていて忙しいのに、女性が毎日のように会いたいと迫ったりすると、「重い女」と評されます。「もっと話したい」「毎日会いたい」と思うことが問題なのではなく、その気持ちが両者で一致していないことが問題というわけです。

「重くならないこと」は、告白をする上でも、LINEでやりとりを重ねて仲良くなる上でも大切な考え方ですので、最初に紹介しました。

文字数や感情表現は相手に合わせる

couple.first-contact

LINEのやりとりで重くならないポイントを紹介します。

  • メッセージの長さを相手に合わせる
  • 返信の頻度や時間帯を相手に合わせる
  • 感情表現の程度を相手に合わせる

好きな男性とやりとりをするわけですから、質問したいことや知って欲しいことがたくさんあって当然だとは思いますが、一方的に長文を送ったりするとドン引きされることがあります。メッセージの文字数は、相手の返信を確認しながら、だいたい同じ程度の長さで返すのが無難です。

また、頻繁にメッセージを送るのも、相手によってはストレスになることがあります。「こんなに俺と話したいと思ってくれて嬉しい」と好意的に受け取られることもありますが、「自分のことしか考えていない勝手な女だな」と思われることもあります。相手が自宅にいる時間帯を狙ったり、返信のペースを合わせることが大切です。

最後に感情表現についてですが、たとえば絵文字やスタンプを使ったり、「嬉しい」「楽しい」とはしゃいでいるのが、自分だけじゃないか、と意識してみることが大切です。片方だけが盛り上がっていると、「なんか申し訳ない」「なんとなく合わない」と相手が引いてしまうかもしれないからです。

卑屈な表現は絶対に使わない

恋愛経験が乏しくて自信がなかったりすると、「私なんかでよければ」「可愛くありませんけど」と必要以上に卑屈なメッセージを送ってしまうことがありますが、それはNGです。モテない価値のない女性という印象を相手に与えてしまい、告白が成功する確率が低くなってしまいます。

人間は恋愛に釣り合いを求めています。美女はイケメンと付き合うか、ブサイクだけどそれを補って余りある資産家や才能のある男性と付き合います。卑屈になりすぎると、「この女性と付き合うのはもったいない」「もっと美人と付き合えるかもしれない」と相手に考えさせてしまいます。

ストレートに好きと伝える

「好き」と率直に伝えるのは恥ずかしいと思いますが、「〇〇なところを尊敬しています」「入学当時から気になっていました」と遠回しな表現をしても、残念ながら相手には伝わりません。

客観的に見れば、「それはどう考えても告白だよ」というシチュエーションでも、当事者は「勘違いだったら恥ずかしい」と慎重になっているので、はっきり「好き」と聞くまで落ち着かないのです。

告白をするときは、「好きです」とわかりやすく伝えることが大切です。また、真剣な気持ちをアピールしたほうがOKがもらえやすいので、LINEできっかけを作るのは問題ありませんが、「好きです」と伝えるのは電話か、できれば外に出てきてもらい対面で伝えたほうが好印象だと思います。

みんなといる時間帯は避ける

例として、サッカー部の先輩にLINEで告白することを考えてみます。もしも試合中にメッセージを送ったなら、試合終了後の慌ただしいときに、他のメンバーもいる中でそれが読まれることになります。男性は女性ほどムードを重要視しませんが、もう少し落ち着いた気持ちで読まれたほうが、大切に扱ってもらえると思います。

自分の部屋でくつろいでいる時間帯を狙うのが良いです。部活動や塾の予定がわかっているなら、そこから帰宅して、食事や風呂に入る時間を計算します。渾身のメッセージが既読にならず、翌朝の寝ぼけた頭で開封される、といったことは避けたいので、「いま大丈夫?」とさきに打診しておくのが良いと思います。

返事がしやすい提案をする

告白といえば、「付き合ってください」というセリフが定番ですが、これがないと相手はどう反応して良いかわからず、困ってしまうことがあります。「好きです」とはっきり伝えること、そして同時に「付き合ってください」と要求することも、やはり告白には欠かせないと思います。

しかし、高校生女子が告白をするときは、相手は憧れの先輩だったりするので、いきなり付き合うのはハードルが高いかもしれません。「まだお互いのこと何も知らないし」と相手も心配するかもしれません。大人になれば、恋人でなくても異性と一緒に食事に行く程度のことは日常的にありますが、高校生にとってはそれも特別だったりします。

ですので、「もっと先輩のことを知りたいので、一緒に遊びに行きませんか?」とハードルの低い提案をするのもアリだと思います。これにより、OKがもらえる確率が上がりますし、断られたときに気まずくなるリスクも抑えられます。

告白後に、なんとなくきまりが悪くなり、お互いに避けてしまうことがありますが、これは良くありません。ハイリターンを目指すのではなく、まずは確実に返事をもらうことを目標にして、やりとりを重ねながら、少しずつ関係を深めていくほうが成功しやすいと思います。

返事を保留されたときの対応

matching.app

返事を保留したままフェードアウトしようとする男性もいますが、それは不誠実な対応だと思います。しかし、文句を言っても仕方がないので、あらかじめ返事を保留されたときの対応を考えておくことをおすすめします。

告白が終わった直後というのは、相手がどう感じたのか、迷惑と思われなかったか、と不安で胸がいっぱいになると思います。いつまでも返事がもらえないと、「いっそ無理なら無理と言ってくれ」と投げやりな気持ちにもなります。だからといって、「返事はまだですか?」などと催促をすると、それが原因で相手の気持ちが冷めてしまうこともあります。

そうならないために、「少し考えさせて」と言われたときは、「わかった」と了承した上で「でも不安だから、いつ返事をもらえるのか教えて欲しい」と期日を決めてしまうのが良いと思います。約束をしておけば、「答えは決まった?」と催促をしても嫌らしくありませんし、むしろ言い出しづらいところを助けてあげる形になり、感謝されるかもしれません。

まとめ

高校生女子がLINEで告白をするときのポイントをまとめると、次のようになります。

  • タイミングを逃すくらいならLINEで告白するべき
  • 恥ずかしいという理由でLINEを選ぶのは格好悪い
  • 女子から告白されても男子は絶対に引かない
  • 脈ありサインを確認してから告白すると確率が上がる
  • 文字数や頻度にギャップがあると「重い」と思われる
  • 「私でよければ」と卑屈な表現をすると評価が下がる
  • 「好きです」とはっきり伝えると相手は安心する
  • 大切なことはできれば対面や電話で伝えたほうが良い
  • 相手が自宅でくつろいでいる時間帯を狙う
  • 「デートしてください」と告白するのもアリ
  • 返事を保留されたときは期日を決めてしまう

本記事では、LINEで告白する高校生女子が知っておくべきポイントを紹介しました。「これから告白をするので成功率を少しでも上げたい」という方は参考にしてみてください。