DazzlingList

女子のモテる服装と勘違いされがちな男子の嗜好6選

  • 男ウケを狙ってスカートを履くべき?それとも「あざとい」と思われる?
  • 男性はクオリティ重視でブランド好き?それとも「金がかかる女」と思われる?
  • 流行に疎いと思われるのはマイナス?それとも周囲に流されないほうが高評価?

「モテる女子の服装とは何か」と考えると、上記のような疑問が湧いてくると思います。男性と女性で考え方が違うので、女性同士では好評だったファッションも、男性にはウケが悪いことも当然あります。

女性がブランド品を身に着けることやセクシーな服装をすることを、男性は本当はどう感じているのか、ということを本記事では解説しています。

女性が男性のファッションを査定するときも、「中年のくせにビジュアル系の格好は恥ずかしい」「英字プリントのTシャツは子供っぽい」と減点方式を採用していると思いますが、男性が女性のファッションを査定するときも一緒です。

本記事の内容が、男性の採点基準を知るヒントになれば嬉しいです。

Yuta
こういう記事を書くと、個人的な好みを書いていると思われそうですけど、それは誤解です。僕自身は、女性がボーイッシュな服装や奇抜な服装をしていても、あまり抵抗がありません。
Sumie
私が男女で考え方が違うなと感じるのは、自分では普通だと思っていても、「露出が多いよ」と彼氏から怒られたり、ネイルをさぼったりしてたら、「ナチュラルでいいね」と褒められたりしたときですね。



勘違いされがちな男性の嗜好

think.man

「せっかくネイルに時間をかけたのに彼氏は全然気づいてくれない」といった男女のすれ違いは、日常茶飯事です。

男性が女性と対面して最初に見るパーツは、質問の仕方によって回答にバラツキはありますが、顔や胸や尻などが上位に来るようです。つまり、爪はそれほど見られませんし、デザインよりも清潔感が評価されるように思います。「ネイルにこだわってる」と女性から聞いても、「こんなことに時間やお金を費やすなんて無駄だな」と男性は内心苦笑しています。

男ウケを狙うなら、男性に評価されない部分を磨いても効果が薄いので、まずは男性の嗜好を理解することが大切です。女性に勘違いされがちな男性の嗜好をまとめると、次のようになります。

男性は流行に関心が少ない

男女のファッションを見比べると、やはり女性のほうが流行に敏感で、ショップにも流行のアイテムが多く並んでいます。一方、男性はクラシカルというか、スタンダードな形や色の洋服を好むように思います。ガウチョパンツのような変形デザインも、女性の間では流行しますが、男性は「長年着られるデザインじゃない」と嫌う人が多いです。

しかし、パソコンなどの電子機器は、むしろ男性のほうが最新のものを好みます。これは、高いスペックを追い求めた結果です。ファッションの優劣は数字では示されないので、多くの男性には流行についていく必要性が理解できないのだと思います。「昨年のコートよりも耐久性と通気性が40%向上しました」と売り出せば男性にはウケると思います。

話が逸れましたが、男性は流行についていくことに価値を感じない、ということです。そもそも流行に疎いので、「この女性はトレンドカラーを取り入れている」などと気づくことも少ないですし、もし気づいたとしても、「あ、流行ってるやつだ」と思うだけで、それを魅力と感じにくいです。見慣れていないと、新しいデザインの良さもわかりにくいので、「変な服だな」と思われるかもしれません。

Yuta
男性にも流行はありますけど、定番のアイテムを流行させる、と聞いたことがあります。女性の場合、「あ、一昨年に流行ったやつだ」とか思われますけど、男性はそういうのがないので楽だな、と僕も男なので思います。
Sumie
私もワンシーズンしか着れない服とか買いたくないけど、店に流行の色とかデザインしか置いてないから、やむをえずそれを買うってことはありますよ。逆に、前はこういうのがよく売ってたのに、今はどこにもない、みたいなこともあります。

男性にブランドの効果は薄い

男性が高級ブランドを身に着けると、経済力があるというアピールになって、女性からモテやすくなるそうです。女性がブランド品を身に着けるのは、男女の立場が逆でも同じ効果がある、と女性が信じているから、という解説を見たことがあります。これが本当かどうかはわかりませんが、少なくとも、多くの男性はブランド品を身にまとう女性に苦手意識があり、「金がかかりそう」「高いものを与えておけば満足する単純な女」という偏見があります。

男性は、女性がブランド品にお金を費やすことを無駄だと感じやすいです。女性も、男性が車の改造やギャンブルやコレクションにお金を費やすことを無駄だと感じやすいですが、それと一緒です。誰でも、自分が共感できないお金の使い方には否定的です。ですので、相手の男性がブランド品を身に着けるとき、それと同じブランドのアイテムを女性が身に着けることは、「君、わかってるね」と思われて、むしろ高評価かもしれません。

「長く使える丈夫なものを買ったほうが、長期的に考えて得だ」という判断でブランド品を好む人も当然いますが、一方で、「ブランド品を身に着けると自分の価値まで高くなった気がする」という人も男女共います。後者の動機でブランド品を買う人は、自己評価が低く、わがままな傾向があるそうですが、男性はそれを経験的になんとなく知っています。

Yuta
ブランド品を身に着けることがステータスだと思っている人は、安物を着ている人を見下す傾向があります。それは劣等感の裏返しです。虚栄心が強くて、付き合いづらい人、と思われます。
Sumie
高いプレゼントをもらえる女性ほど、女性として価値が高い、って勘違いしてる人も多いですよね。あと、男性によく口説かれる自分は魅力的だ、って思ってる人もいます。
Yuta
自分に自信がないから、他人の評価を求めるんだと思います。去年の自分よりここが成長してる、と自分で自分のことを褒めてあげられるようになると、精神的に安定するみたいです。

男性はおしゃれに気づかない

デートや合コンのときなど、女性が気合を入れて普段よりおしゃれをしても、残念ながら男性は気づかないことが多いです。「いつもと何か違う?」と引っかかることはあっても、それを「もしかして僕のためにおしゃれしてくれたのかな」と思える自信家はなかなかいません。

たまに、些細な変化にも気づいて「可愛いね」と言える男性もいますが、その大部分は、「とりあえず褒めておけば機嫌が良くなるから」と考えているだけのナンパな男性です。その証拠に、女性が普段通りの格好をしていても、「なんか変わった?」とよく間違えるのではないかと思います。女性が「ううん、どうして?」ときくと、「いつもより可愛く見えた」などと言ってごまかそうとしますが、騙されてはいけません。

男性はおしゃれには気がつきませんが、いつもより時間をかけているかどうかはわかります。たとえば、いつもヘアアレンジなんかしない女性が、デートで複雑そうな髪型を披露したら、「デートだから時間をかけてくれたのかな」と感じて、相手の男性は嬉しい気持ちになると思います。ですので、男性を喜ばせたいなら、いつもより時間やお金をかけて準備している、とアピールすることが効果的です。

Yuta
Sumieさんがまえに言っていたことを参考に書かせてもらいました。「おしゃれしても男性は気づかないから、ヘアアレンジとかしてデートに行く」と言ってましたよね。
Sumie
そんなこと言いましたっけ。でも、たしかに男性は鈍いですよね。手の込んだ料理より、ささっと作ったカレーのほうが喜ばれたりして、なんだよって思います。

男性はセクシーな服装は嫌い

couple.sex

肌をたくさん露出している女性や身体の形がはっきりとわかる服を着た女性はセクシーで、街を歩いていると男性の視線を集めますし、実際にナンパされやすくなります。しかし、それはモテているのではなく、「簡単にヤレそう」と思われているだけです。男性は、本気で付き合いたいと思っている女性がそういう格好をしたり、どんな男性にも平気でボディタッチをしていたら、むしろ萎えるものです。

女性は心の浮気を警戒しますが、男性は身体の浮気をより警戒する、という話はよく聞くと思います。男性が肉体関係の有無にこだわるのは、女性にとって自分の子供は確実にそうだと自分で断言できますが、男性にとってはそれが難しいからです。軽い女性は、遊び相手としては最適ですが、パートナーとしては選びたくない、というのが男性の本音です。

しかし、好きな男性が自分のことを恋愛対象として見ていないときは、女性は何らかの方法で相手の男性をドキドキさせる必要があります。このとき、露出やボディタッチは軽い女性と思われるので、避けたほうがいいです。では、どうやってドキドキさせればいいのかというと、これは簡単で、身体や顔を近づけて会話するだけで効果があります。

Yuta
男性から求められないと、自分に価値があると思えない、という女性もたくさんいて、そういう方は、あえてセクシーな格好をして、たくさん口説かれる体験をするのもアリだと思います。だんだん鬱陶しいと思えるようになります。
Sumie
私の場合、自分ではおしゃれのつもりでも、相手からは下品と思われたりしました。昔は彼氏からよくダメ出しされてました。丈が短すぎるとか。

ネイルはやめたほうが男性にモテる

fear

ネイルの話は最初にも書きましたが、女性がそれに時間やお金に費やすことを、多くの男性は共感できません。つまり、「こんなことにこだわるなんて無駄だな」と感じるわけです。誤解のないように書きますが、ネイルを楽しむことを否定するつもりはまったくありません。ただ、男ウケしない、というだけです。

ネイルをしないほうが、なんとなく清潔に見える、というのは不思議な話ですが、男性のロングヘアーが女性にウケが悪いのと似ています。こうやって例え話をするたびに反感を買いそうですが、何が言いたいのかというと、清潔感と清潔であることは同じではない、ということです。男性は装飾されていない爪を見て、ピュアだと感じます。

Yuta
すっぴんメイク、という言葉は今もありますか?男性は、すっぴんメイクが好きですけど、これも同じ理由ですよね。
Sumie
すっぴんメイクでも、メイクの前後で全然違う顔になったりするから、男性は「すっぴんメイク=薄化粧」と思ってるかもしれないけど、誤解だと思いますよ。

男性はモテ狙いをあざといと思わない

couple.lunch

「男ウケ」という言葉がありますが、「あの子は男ウケしか考えてない」というように、男性に媚びる女性を「みっともない」と揶揄する表現としてよく使われます。客観的に見れば、みっともないと言いながら、どこかで羨ましい気持ちがあるようにも思います。「抜け駆けするな」とも女性の社会ではよくいわれますが、それに似た嫉妬心が根底にあるのではないでしょうか。

露骨に男ウケを狙う行為を「あざとい」と非難するのも、ほどんどが女性です。そして、あざとい女性を「可愛い」などと迂闊にも言ってしまうと、「こんなのに騙されるなんてバカだな」と男性までとばっちりを受けることになります。しかし、当の男性は、「意図的だろうと天然だろうと、可愛ければどっちでもよくない?」と考えています。たとえば、ものすごいイケメンが壁ドンをしてきたら、「あざといと思うけど、好きになっちゃう」という女性が現れると思います。

女性が男ウケを追求しても、ライバルからは嫉妬されるかもしれませんが、男性から嫌われることは基本的にありません。もし、「お前は男ウケしか頭になくて浅はかだな」などと男性に言われたら、何か気に障ることを言ってしまったとか、その男性が個人的にトラウマを抱えているとか、他の原因を考えたほうがいいと思います。

Sumie
露骨に男ウケを狙ってる人がいても、私はあざといとは思わないですね。他の女性を蹴落としたりしてたら、あざといなと思いますけど。
Yuta
僕は肉食系と呼ばれる人種が嫌いですけど、あざとい女性を嫌う心理もこれと一緒ですよね。偉そうなことを書いてますけど、僕自身も、なんだかんだナンパな男性がモテてしまう社会には不満があります。

男ウケする女子のファッション

このアイテムが男性にウケる、という特別なものはありませんが、強いて何か挙げるなら、定番の女性らしいデザインが男性には好印象です。具体的には、スカートやロングヘアなどがモテます。ようするに、一見して女性だとわかるファッションです。ロングヘアと紹介しましたが、ショートでも女性らしさが感じられるなら問題ありません。男性と間違われるような運動部の女子の髪型やモヒカン頭などは、男ウケが悪い、という程度の意味です。

それ以上に大切なのは、男性が嫌がるファッションを避ける、ということです。女性が逆の立場なら、「それほどおしゃれじゃなくてもいいけど、一緒に歩いていて恥ずかしい格好だけはやめて欲しい」とやはり思うのではないでしょうか。英字プリントのTシャツやビジュアル系のファッションは、一般的に女性ウケが悪いです。

というわけで、本記事の最後に、男性にドン引きされるファッションを紹介します。

男性にドン引きされる女子の服装

fear.man

男性ウケを狙うなら、どんなファッションが男性に嫌われるかを理解する必要があります。

Tシャツにシミがあったり、穴が空いていたり、といった不潔な格好は、男性に多いので、女性に改めて注意を促す内容ではないかもしれません。その一方、女性特有の注意点もあります。本記事の最初でも触れましたが、高級ブランドで固めたファッションや個性的すぎる服装は、女性には好評でも、男性からは嫌われることがあります。

清潔感がないと思われるファッション

女性は清潔感のある格好をする人が多いですが、「爪が長すぎる」「香水の匂いが強い」といったことで男性に不快感を与えていないか、親しい男友達などにきいて確認してみてもいいかもしれません。何度も書いていることですが、清潔感は、実際の清潔さとはあまり関係がありません。相手に不潔だと思われたら、「こういうデザインなのに」という言い訳は通じません。

Sumie
穴が空いてても、まだ着れるから、とか言う男性は多いですよね。着れるかどうかじゃなくて、穴が空いてたら恥ずかしいと思うんですけど。

ブラックやネイビーなど冷たい印象の色

女性らしいファッションが男ウケするので、ブラックやネイビーなどの寒色は、モテを狙うなら気をつけるべきです。こういった色合いは、冷たく理知的な印象を相手に与えますが、多くの男性は女性に癒しを求めています。ホワイトやピンクなどの優しそうな色が好まれるようです。

Yuta
淡い色は男性にウケるので、パステルカラーなどを選ぶのは男ウケを狙うなら正解だと思います。ただ、あまりにパステルカラーに偏りすぎると、変なこだわりがありそうと勘繰られます。

デニムやレザーなどの強そうな印象の素材

Gジャンや黒革のライダーズジャケット、ボーイッシュなキャップなどは、男ウケしません。女性らしいふわふわしたデザインで全身を固めていると、ロリータ系だと誤解されかねないので、男性的なアイテムをアクセントとして取り入れて、メリハリをつける、といった使われ方をするようです。しかし、男性的なパーツの割合が大きすぎると、男性にモテません。

Sumie
甘辛ミックスって昔は言ってたけど、今もそういう言葉ありますか?私は、ああいうのはファッションセンスに自信がある女性がするんだと思ってます。

ロリータ系やエスニック系など個性的な服

これは女性に見落とされがちかもしれませんが、個性的なファッションも男性にはウケにくいです。ダサい服装のことをオブラートに包んで「個性的」と表現することもありますが、そういう意味ではなく、おしゃれだけど奇抜、という意味です。海外のファッションショーに登場するようなボウズ頭やモヒカン頭の女性モデルがいますが、極端にいえば、ああいったファッションです。

身近な例を挙げれば、ロリータ系やエスニック系など「〇〇系」と括られるファッションは、個性的と見なされる可能性があります。個性的なファッションがなぜモテないかというと、なんとなく自己主張が激しく、排他的な印象を相手に与えるからです。たとえば、ヒップホップ音楽を嫌いな人は、B系ファッションの女性を敬遠するかもしれません。

Yuta
個性的なファッションでも、「美しいな」と思う感性は男性にもあると思います。ただ、付き合いたいと思うかどうかは別問題、という意味です。

身の丈に合わない高級ブランドや装飾品


これもすでに書きましたが、ブランド品ばかり身に着けている女性は、「付き合ったら金がかかりそう」「高いものを与えれば満足するバカ」と思われるリスクがあります。形ではなく、素材や機能面の特長で価格が高くなっているブランドなら、男性にも受け入れられやすいかもしれません。また、高級品でも、ロゴが目立たないなどで、男性にブランドだとわからないものなら、身に着けても問題ありません。

Yuta
エルメスについて書かれた本を昔読んだんですけど、海外の人は、ブランド品を持つことではなく、それを買える身分になったことがステータスだと考えるそうです。なので、セール品を狙ったりしないらしいです。

肌の露出やボディラインを強調した服装

#❤インスタ本日限定1000円OFFクーポン❤ : ¥2,980(内税) : ご購入はトップページのURLから ➡⇨➡@cavadeles⬅⇦⬅ : ショップページにて【015】を 検索でご覧になれます(*´︶`*)♡ : ご注文時にクーポンコード【INOF】を入力! どの商品のご注文でも1000円OFFとなります。 本日23時59分まで有効!インスタからのお客様限定なので、是非ご利用ください♪ : : : #キャバ #キャバドレス #キャバドレス通販 #キャバ服 #キャバ嬢 #キャバ嬢ドレス #ラウンジ #ラウンジドレス #ガールズバー #スナック #クラブ #お水 #パーティ #ボディコン #ボディコンドレス #タイトワンピース #セクシーワンピース #韓国ファッション #小悪魔アゲハ #小悪魔ageha #姉アゲハ #安い #六本木 #歌舞伎町 #プチプラ

cavadelesさん(@cavadeles)がシェアした投稿 –

恋愛対象として男性に意識させるには、男性をドキドキさせることが必要です。吊り橋効果といって、心拍数が上がるようなスリルを男女で味わうと、その鼓動の高鳴りは恋のせいだ、と脳が錯覚する現象は有名です。何が言いたいのかというと、軽い女性に見えるファッションは、効果的ですがリスクがあるので、それ以外の方法を考えたほうが失敗が少ないのではないか、ということです。

男性と話すときに顔や身体を近づけてみたり、本当に好きな相手にだけするなら、ボディタッチをしたりするのも効果的です。もしチャンスがあるなら、一緒にお化け屋敷やジェットコースターを体験するのもいいかもしれません。

Yuta
吊り橋効果は、本では何度も読んだことがありますけど、インドアなので実感したことがありません。ホラー映画とかでも効果はあるのかもしれませんけど、怖いのは嫌いなので観たことがありません。

まとめ

男ウケするファッションについて、まとめると次のようになります。

男性が想像する「女性らしいファッション」がモテる、というのが結論です。服装だけでモテるほど世の中は甘くありませんが、「男性から全然口説かれない」という劣等感を拭い去る程度のことは、ファッションを変えるだけでも、意外と簡単に実現できるかもしれません。

本記事を参考にして、自信をもって男性にアプローチできる女性が増えてくれたら嬉しいです。