DazzlingList

会話/ LINE/行動から身近な女性の脈ありサインを見極める方法

脈ありとは「恋愛において見込みがあること、期待が持てること」という意味ですが、これらは食事の誘いや告白のタイミングを見極める上で非常に重要です。見込みのない女性を追いかけても、貴重な時間やお金を無駄に浪費するばかりか、自信を喪失したり、気まずい関係を招いてしまうことがあるからです。

本記事では、女性の脈ありサインを見極めるポイントを紹介しています。

代表
街コンや婚活アプリで知り合う女性は、脈なしであれば連絡が途絶えるのでわかりやすいです。このページでは友達や同僚の女性の脈ありサインを紹介しています。
裏代表
目がハートになるというのは言い過ぎですけど、好きな男性の前では顔がにやけたり、声が高くなったりする女性は多いと思います。



会話中の脈あり発言

couple.bar

「外見やステータスで好感を持っているけれど、もう少し様子を見たい」という段階では、「休みは何をしてるの?」「彼女とかいるの?」といった探るような発言に好意が表れます。「安全で魅力的な男性だとわかったから、そろそろ誘って欲しい」という段階では、「私も行ってみたい」「今日はこれからどこに行くの?」といった積極的な発言に変わります。

代表
「モテそうだね」と女性が言うときは、意外と脈なしだったりします。「私は好きじゃないけど」という本音が隠れているらしいです。本当に好意があるときは、そんな他人行儀ではなく、「格好良いね」と言います。
裏代表
私は言葉で好意を伝えるときは、他の人が気づかないようなところを褒めるかな。顔を褒めたりとか、身長を褒めたりとかは誰でもできるから、褒めたうちに入らないと思っています。

「フタ開けて」「あれ取って」

ペットボトルのフタを開けたり、高い位置にある荷物を取ったり、男性なら楽にできる簡単な仕事を女性が頼むときは、「甘えたい」「関わりたい」という気持ちが根底にあるかもしれません。

「格好良いね」「優しいよね」

好意があると勘違いされると面倒なので、興味のない男性にこういった褒め言葉は女性は使いません。外見について褒めるよりも、内面について褒めるほうが頭を使いますし、よく観察している証拠なので、脈ありの可能性が高いです。

「話しやすいよね」

「話しやすい」と言われると、もしかすると「軽く見られている?」とネガティブに受け取る男性もいるかもしれませんが、女性は好意的な意味で使っています。「あなたと話すのは楽しいから、もっと話しかけていいよ」という意味です。

「休みは何しているの?」

学校や職場の女性が、プライベートな質問をするのは個人的に興味を持っているからです。好きな相手のことは何でも知りたいし、自分のことも知って欲しいという気持ちになります。ただし、合コンや街コン、同僚と2人きりで待ち時間が出たときなどにこういった質問をするのは、単に「何か話さなきゃいけないと思ったから」という可能性もあります。

「誕生日はいつ?」

女性が誕生日を尋ねるのは、相性占いをしたいときやアプローチのきっかけが欲しいときです。あるいは、「君の誕生日はいつ?」と聞き返してもらい、お祝いして欲しいという魂胆があるかもしれません。

「行ってみたい」「美味しそう」

食事や遊びに行った話をしたとき、「行ってみたい」「美味しそう」など好意的な反応を女性がするときは、「誘って欲しい」というアピールです。そんな反応をすれば、男性に誘われてしまうかもしれないということは女性も承知しています。誘われたくない男性には言いません。

代表
LINEで誘うときも、「こないだ美味しそうって言ってた〇〇だけど、新しいメニューが出たみたいだから行ってみない?」と使えるので便利です。
裏代表
「私も行ってみたい」は図々しい感じがするから、私なら言えません。「私も行ってみようかな」が精一杯です。ご馳走して欲しくて言ってると思われるのが嫌なんだと思います。

「私もそう思う」「私もしたことある」

女性は、自分が共感をされると嬉しいので、好きな男性にも共感をしたくなります。男性が自分の気に入った相手に、「さすがだ」「すごいな」と言いたくなるのと同じ心理です。また、好きな男性の意見には常に肯定的、という極端な女性もいます。

「デートとかするの?」「彼女いるの?」

彼女の有無を気にするのは、もちろん自分が恋人になれる可能性があるかを確かめるためです。また、恋愛に興味があるかを探るために、そういった話題を振ることもあります。

「どんな女性が好き?」

自分が気に入ってもらえそうかを確かめる質問です。あるいは、「好きなタイプとして自分の特徴を挙げてくれるか」を試している場合もあります。みんながいる前でこの質問をするときはネタの可能性も高いです。

「ご飯行くとき誘って」

言葉通り、誘って欲しいときに女性が使う言葉です。「なんで誘ってくれなかったの」と親しい女性は疑問形で冗談のように言うこともあります。「すごく美味しそうだね」「すごく楽しそうだね」という強調の意味で使っている場合もあります。

「今週末は何してるの?」「これからどこに行くの?」

具体的な日時を挙げて予定を尋ねるときは、誘って欲しいというアピールかもしれません。「何も予定はないよ、君は?」「私も友達が仕事になっちゃって」「じゃあご飯でも行く?」といった流れを期待しています。「クリスマスの予定は?」ときいたり、「今日の夜どうしよう」と独り言のようにつぶやくこともあります。

会話中に表れる女性の脈ありサイン(発言/表情/態度)

女性が好きな男性に送るLINE

smart-phone.lady

「LINEの返信は早いほうが脈あり」「文字数は長いほうが脈あり」という傾向はありますが、女性の性格にもよるので、あまり信頼できるサインではありません。それよりも、「メッセージをしっかり読んでくれている」「ちゃんと考えて返信してくれる」といった丁寧さのほうが、脈ありのサインとしては信頼できるかと思います。

自分の意見が添えてある

興味のない男性には、女性は必要最低限の返信をします。たとえば、「明日の集合9時だって」と連絡があったとき、「了解、ありがとう」とだけ返信するのは、少し無愛想ではないかと心配になります。「9時かー、起きられるかなぁ」と、きかれてもいないのに自分の気持ちや意見を書くときは、脈ありです。

代表
自分の気持ちや意見を書くときは、「もっとLINEを続けたい」という気持ちがあります。質問をすればLINEは続きますけど、「無理やり返信させてる」という罪悪感があるので、こういうLINEを送るんだと思います。
裏代表
LINEを終わらせたくなくて、どうでもいい質問を送る男性もいますけど、お互いに退屈だったら続ける意味がないと思います。日記みたいなLINEを送って、反応に困らせるのもやめてください。

質問には必ず回答する

ひとつのメッセージの中に複数の質問があったり、数日後にならないと答えられないような質問であっても、女性が見落としたり、返信を忘れたりしないときは脈ありです。重要な案件なら回答するのは当然ですが、質問する側も忘れてしまうようなちょっとした疑問も、見逃さないというのは何度も読み返している証拠です。

返信時間にバラツキが少ない

「返信できるときに必ず返信する」というのは脈ありのサインです。たとえば、「仕事が忙しくて、夜21時以降にしかLINEを返せない」という女性もいます。それでも、21時過ぎに必ず返信をくれるのであれば脈ありです。逆に、確実にヒマであるはずなのに、簡単な返信に半日もかかるようなら脈なしかもしれません。

代表
「彼女のLINE返信が早すぎて困っている」という人は、返信をする時間を決めるという方法がおすすめです。「仕事中はLINEをチェックする余裕がない」と装うわけです。
裏代表
好きな男性には早く返信しちゃう女性が多いみたいですけど、私みたいに、好きな人ほどじっくり考えてから返信したいって女性もいます。相手によるので、時間で比べるのはあまり意味がないように思います。

女性が送る脈ありLINEの無自覚な3つの共通点

脈ありな女性の態度

couple.lunch

好きな男性を前にすると、「嬉しそうな表情をする」「声のトーンが高くなる」といった反応が無意識に表れます。また、「好きな男性のことは何でも知りたい」「自分のことを知って欲しい」という願望もあるので、プライベートな話題や質問が多くなり、関心があるので相槌や共感も多くなります。

会った瞬間から嬉しそうな表情をする

好きな男性の顔を見ると、女性は自然と表情がほころびます。そういった反応が確認できれば確実に脈ありですが、嬉しそうな表情かどうか、自信が持てないときは共通の知人に聞いてみるのもいいかもしれません。

いつもより声のトーンが高い

興味のない男性には、ぶっきらぼうに低い声で応えることもありますが、好きな男性にそういう対応をする女性はいません。他の女性と仲良くしている姿に嫉妬をして、一時的に声が低くなるといったことはありえます。このように男性の一挙一動に影響されて、態度にムラが出るというのも脈あり女性の特徴です。

身体を相手に向けて話を聞く

脚を男性のほうに向けて話を聞いているときは脈ありです。一方、腕や脚を組んだまま話を聞くときは、警戒が解けていない証拠ともいわれます。身体を向けることで、関心を持って聞いていることをアピールできるので、会話が盛り上がりやすくなることを女性も知っています。

プライベートな質問が多い

「好きな男性のことなら何でも知りたい」と女性は考えています。男性のプライベートが、いずれ自分に関係するかもしれないと想像しているのだと思います。食べ物の好き嫌いや趣味を尋ねるのは、デートに発展させるための伏線である可能性もあります。

代表
たとえば、「テニスが趣味なんだ」と言われたら、「私もやってみたい」と返します。男性はいきなりデートに誘うことも多いですが、女性はこのように自然な流れでデートに発展するように仕向けるのが得意ですよね。
裏代表
食事に誘ったりするとき、男性は不器用ですよね。不器用って褒めてるみたいですけど、「重すぎて行きづらい」という意味です。「一度だけでいいから僕と食事に行ってください」はもう告白です。

共感や相槌で話の続きを促す

男性の目を見つめながら話を聞いたり、「私もそう思う」「それはひどいね」と共感したり、「うんうん」「それで?」と相槌を打ったりするのは、話に関心を持っているというアピールです。

2人きりになりたがる

飲み会やバーベキューなどのみんなで集まる機会に、「一緒に荷物を取りに行こう」「コンビニ行くなら私も行く」と2人きりになりたがる素振りがあれば脈ありかもしれません。

会話中に表れる女性の脈ありサイン(発言/表情/態度)

職場女性の脈ありサイン

勘違いしてフラれたとしても、職場は簡単に変えることができませんし、共通の知人が多い環境なので、すぐに噂が広まるかもしれません。本当に好意を抱いているのか、職場の同僚として愛想良くしているだけなのか、という見極めが重要です。

些細なことで意見を聞く

上司や同じプロジェクトのメンバーでもないのに、「これで大丈夫だと思う?」と女性が意見を求めるときは脈ありです。相談をするのは、その男性のことを信頼している証拠ですし、親しくなるきっかけが欲しくて、相談の体で声をかけている場合もあります。「仕事に関係ない話は抵抗がある」と考えて、あえて仕事の話をしているのかもしれません。

代表
仕事の話をしているように見えても、特定の男性にだけ声をかけているのであれば、気があると判断していいと思います。純粋に信頼しているというだけかもしれませんけど、信頼と恋愛感情はとても近いです。
裏代表
プライベートな相談をするなら、それは脈ありと思っていいと思います。あとはやっぱり、特定の男性にだけ特別扱いしているようなときは脈ありです。

服装や仕事を褒める

女性の上司が部下を褒めるのは、やる気を出させるために業務の一環として行っている場合もありますが、対等な関係の女性が褒めてくれるときは脈ありかもしれません。

積極的に相談に乗る

男性が頼ったときに女性が相談に乗るのは普通のことですが、「また困ったら相談して」と積極的に力になりたいと女性がアピールするときは脈ありです。相談をしても、「ふーん」「そうかもねー」といい加減な対応をされるときは脈なしです。

帰る時間を合わせる

残業を手伝ったり、明日でもできる仕事に取り組んだりして、帰る時間を合わせようとする女性は脈ありです。声をかけられるのを待っている可能性があります。「帰るタイミングがよく一緒になる」というときは、意図的に合わせているのか疑ってみてください。

裏代表
子供のとき、好きな男の子が教室に残ってたから、お父さんに電話して迎えに来るの遅くしてもらったことがあります。結局、先生が心配して最後まで付き添ってくれて、台無しでしたけど。
代表
みんな帰った後の教室とか職場って、恋愛に発展しそうな雰囲気がありますよね。適度な緊張感と2人きりというシチュエーションの効果でしょうか。

お菓子などを差し入れする

好きな男性に自分を印象づけようとして、チョコやコーヒーなどを差し入れする女性も多いです。本当は特定の誰かに渡したくても、目立たないように全員に配ってカムフラージュするのが普通です。

業務以外のことまで心配する

「新しい部署は充実してますか?」「こないだのクレーマ大丈夫でしたか?」というように、自分が関係する業務以外のことでも男性のことを気にかけるときは、脈ありかもしれません。体調やメンタルを尋ねるのは、本当に相手のことを心配している証拠です。

職場女性の脈ありサインで気まずい関係を100%回避する方法