DazzlingList

女性が送る脈ありLINEの無自覚な3つの共通点

女性に対し、玉砕覚悟で猛烈なアプローチをすることができる男性はごく少数です。大多数の男性は、勝率の低い賭けなどしたくありません。誰だって、「鬱陶しい奴」「キモい勘違い野郎」とは思われるのは嫌です。

そんなとき、プライベートな連絡手段であるLINEは、脈あり度を診断するには絶好のツールかもしれません。返信頻度や文字数といったLINEに付随する情報には、女性の素直な反応が表れやすいからです。

本記事では、脈あり女性のLINE返信の特徴を紹介しています。「気になる女性とLINEで繋がってはいるけれど、今の関係に影響するのが心配で、今ひとつデートに誘うことができない」という男性は参考にしてください。

スミエ
LINEだと、既読になった時間で生活リズムが読めるから便利ですよね。相手のリズムを把握して、迷惑がかからない時間に連絡をします。
キカガク
女性はLINEを送る時間帯にも気を配る人が多いようです。「好きなときに開封や返信できるのがLINEは最大の利点なのに、時間帯を気にしなきゃいけないのはバカげている」というのが僕の意見ですが、そう考える女性は少数です。
スミエ
誰でもそうだと思いますけど、私は待つのが嫌だから、相手がLINEをすぐ返せる時間にしか送りません。そして、自分が送ったことを忘れることにしてます。
キカガク
期待しすぎると、相手がその期待に応えてくれないことにイライラしてしまいます。スミエさんのように忘れたことにするのは良い方法だと思います。「忘れたことにする」の意味はよくわかりませんが。

「なぜかLINEが長続きしない」という男性にはこちらの記事もおすすめです。

未読スルーされるLINEの5つの特徴と片思いのマナー



無意識な脈ありLINEの共通点

smart-phone.lady

無意識に女性が送ってしまう脈ありLINEの共通点をまとめると、次のようになります。

返信時間を気にする男性も多いですが、返信が早いからといって、必ずしも脈ありとは限りません。「好きな相手ほど時間をかけて内容を考えたい」「返信時間は相手によって変えないことを心がけている」という女性もなかにはいます。返信時間よりも信頼性が高い脈ありサインが、「丁寧なLINE」です。

自分の意見が添えてある

自分の意見が添えられたLINEが脈ありといえるのは、次のような理由からです。

  • 好きな男性に自分を知って欲しい
  • 意見を書くには時間も頭も使う
  • 興味がなければ必要最低限の返信をする

女性は好きな男性に自分のことを知って欲しいと考えています。ですので、質問されたわけでもないのに自分の意見を書いたり、男性の話に感想や質問を返したりするときは、脈ありである可能性が高いといえます。

「昨日の夕食は何だった?」など、質問に答えるのには時間も頭も使いませんが、意見や質問を考えるのは少し手間です。このちょっとした手間を加えるかどうかが、脈ありかどうかの境目です。

「さすがですね!」「すごいですね!」など、誰にでも書ける褒め言葉は信用できません。それよりも、「私はこう思います」「〇〇についてはどう思いますか?」といったLINEのほうが信頼性が高いかと思います。

質問には必ず回答する

脈ありの女性が質問に必ず回答するのは、次のような理由からです。

  • 自分のことを知って欲しい
  • 男性のLINEをよく読んでいる
  • 好きな男性には手間を惜しまない

好きな男性から質問をされたら、女性にとっては「自分のことを知ってもらえるチャンス」なので、時間や手間を惜しまず丁寧に回答します。

好きな男性のLINEはよく読んでいますし、印象にも強く残りますので、「質問を見落としてしまう」「質問に答えるのを忘れる」といったことにはなりません。

返信時間にバラツキが少ない

脈あり女性のLINEが返信時間にバラツキがないのは、次のような理由からです。

  • LINEを常にチェックしている
  • 書けるときに必ず返事を書く
  • 忘れてしまうことがない

返信時間が早いか遅いかは、脈ありかどうかを知るときには、それほど重要ではありません。

平均すると、好きな相手ほど返信までの時間が短いというデータはありますが、「好きな男性に送る文章はじっくり考えたいので、すぐに返せるどうでもいい相手にさきに返信してしまう」という女性も多いです。

好きな男性からのLINEは、忙しくてもチェックしています。仕事の休憩時間や移動時間など、頻度は女性によって違いますが、「決まった時間に既読になる」「決まった時間に返信される」などは脈ありLINEの特徴です。

女性を食事に誘うときのベストな言い方/きっかけ/店選びのコツ

積極的な女性の脈ありLINE

couple.bar

女性が意図的に送る積極的な脈ありLINEには、次のようなものがあります。

  1. 直近のイベントを話題に出す
  2. 相手を気遣うメッセージ
  3. 個人的な趣味や好みを質問する

こんな露骨なLINEを送る女性は少数かもしれませんが、気心の知れた女性や若い女性が相手のときは参考になるかもしれません。

直近のイベントを話題に出す

女性が直近のイベントを話題に出すのは、次のような理由からです。

  • 男性の予定を確認したい
  • 自分は空いているとアピール
  • イベントに誘って欲しい

「もうすぐクリスマスだね」「今週でテスト期間が終わるね」など、イベントが迫っていることをわざわざLINEで確認するのは、男性に誘って欲しいときです。

女性にしてみれば、これ以上ないくらい露骨なサインですので、もし男性が「そうだね」と気のない返事をしてしまったら、「脈なしだな」と逆に女性が冷めてしまうかもしれないので注意が必要です。

スミエ
これはちょっと露骨すぎて、男性に「面倒な女」と思われそうです。私なら、「〇〇始めたいんだけど、何から揃えればいい?」「一緒に買いに行ってよ」と、相手の好きなものに興味を持ったという設定にします。
キカガク
全く興味のない女性から、「もうすぐクリスマスだね」と連絡がきたら、男性はちょっと面倒かもしれませんね。「クリスマスの予定、もし空いてたら食事に行かない?」とストレートに誘ってくれたほうが好印象です。

相手を気遣うメッセージ

女性が相手を気遣うLINEを送るのは、次のような理由からです。

  • 好きな男性に連絡する口実になる
  • 男性の体調や予定をよく覚えている
  • 好きな男性のことが心配

風邪で仕事を休んだときに「体調大丈夫?」と連絡がきたり、地震の直後に「大丈夫だった?」と連絡がきたりするのは脈ありのサインです。興味がない男性に、わざわざそんなLINEは送りません。

男性の体調や予定が頭に入っているのは、その男性に関心を持っているからです。また、好きな男性のことをいつも考えているので、地震や大雨など災害があったときも、「あの人は大丈夫かな?」と最初に好きな男性のことを連想します。

個人的な趣味や好みを質問する

女性が個人的な趣味や好みを質問するのは、次のような理由からです。

  • 好きな男性の好みを知りたい
  • LINEをもっと続けたい

「どう思った?」「どんなのが好み?」と個人的な考えや好みを質問するのは、脈ありのサインです。

好きな相手のことを知りたいと考えるのは男女共通です。また、LINEを終わらせたくないので、質問で会話を続けていることもあります。もちろん、事務的な確認の質問などではなく、個人的な質問に限ったことです。

キカガク
「おはよう」や「今日も暑いね」など、用件のないLINEはもらっても返信に困ります。かといって、いきなり個人的な質問をするのも不自然です。連絡したいけど接点がないときは、難しいですね。

片思いの相手に久しぶりにLINEを送る自然なきっかけ

勘違いに注意な脈ありLINE

次にまとめたのが、脈ありの可能性はあるけれど、信頼性は低いLINEの例です。

  1. 可愛い系のスタンプを送る
  2. LINEでも男性を名前で呼ぶ
  3. 自分の写真や日常を送る

女性の性格によっては、特別な意図はなくても、このようなLINEを送ることがあります。

可愛い系のスタンプを送る

女性らしさをアピールするために、可愛らしい絵文字やスタンプを使う女性も多いようです。しかし、特別な意図はなく、単に「そのスタンプを気に入っているから使っている」という女性もいます。これだけで脈ありと判断するのはリスクが高いかもしれません。

LINEでも男性を名前で呼ぶ

名前が入っても入らなくても意味が伝わるのに、あえて名前を入れるときは脈ありと考えられます。例えば、「スピーチの原稿できた?」ではなく、「〇〇君、スピーチの原稿できた?」ときくようなときです。しかし、複数人に同じ内容を確認して回っているときは、特別な意味はないかもしれないので注意してください。

自分の写真や日常を送る

自分の写真や何でもない日常をわざわざLINEで送ってくるのは、「自分のことを印象づけたい」「用事はないけど連絡したい」というときです。大人の女性がこういったLINEを送ることはまずないかと思いますが、もし送られてくれば脈ありである確率は高いです。

スミエ
自分の写真を送るなんてドン引きです。男性でもたまにいますけど、なんて返信していいかわからないメッセージを送るのはダメだと思います。私の場合は、月の写真を送って、「今日は満月ですね」とコメントするくらいです。
キカガク
「今日は満月ですね」と連絡がきても、僕はなんて返信したらいいかわかりません。個人的には結構イタいと思います。男性は、基本的に用件がないと電話やメールを使わないので、男女で感覚が違うのかもしれませんね。