DazzlingList

付き合う前にキスをする男性は遊び目的か脈ありなのか?

付き合う前のキスについては、男女とも賛否が分かれます。「キスをしてもいい」という意見の中にも、「告白する前に好意を確かめたい人」と「真剣に付き合う気がない人」がいます。曖昧なままの関係を許してしまうと、男性も告白をする機会を逃してしまうかもしれません。

本記事では、付き合う前にキスをする男性の心理を紹介しています。「キスをしてきた男性が本気か遊びか知りたい」という方は参考にしてみてください。

代表
キスをした直後、カラダの関係を求める男性は遊び目的の可能性が高いです。それを拒否したときに怒りだしたり、疎遠になったりする男性は確実に遊び目的です。
裏代表
付き合う前にキスをすると、「付き合わなくてもヤレる女」と思われて、真剣な交際に発展しなくなるリスクはあります。絶対に落とせる自信があるか、カラダの関係で終わってもいいとき以外は避けたほうがいいです。



付き合う前にキスをする意図

キスを嫌がらなければ告白したい

女性の好意を確かめるために、付き合う前にキスをする男性もいます。何度デートを重ねても、ちゃんと異性として見られているのか、それとも友達として好感を持たれているだけなのか、男性は確信が持てないことがあります。真剣に交際する気があるかどうかは、その後の男性の態度でわかります。

好きだけど告白を重要視していない

「キスと告白の順番なんてどうでもいい」という考えの男性もいます。また、「真剣に交際する気はあるけれど、告白という行為に意味を見出せない」という男性もいます。その場合、はっきりとした告白がないまま、キスやカラダの関係を求められるので、「遊ばれているだけ?」と女性は不安になるかもしれません。

キスすることが告白になると思っている

キスをした瞬間から、「もう自分たちは付き合っている」と解釈する男性もいます。はっきりと言葉にして告白して欲しいとき、あるいは、付き合うつもりがないので彼氏面しないで欲しいときは、そう男性に伝える必要があります。

付き合うと別れるとき面倒だから

遊びたいだけの男性の思考回路です。「遊び目的で付き合う」という男性もいますが、恋人になると要求されることが増えそうですし、周囲に言いふらされると他の女性にアプローチしづらくなるといった理由から、「できれば遊びが目的のときは付き合いたくない」と考えるものだと思います。

カラダだけの関係になれるか確かめたい

真剣に付き合うかどうか、まだ決めかねているパターンです。「どれくらい軽い女性か確かめたい」という思惑もあり、キスをして反応を見るというパターンです。「嫌がらなければ告白したい」や「付き合うと別れるとき面倒だから」というパターンに似ていますが、告白するか遊びだけになるか、どちらに転ぶ可能性もあるという点が違います。

代表
キスをすると、女性が意識してくれるようになるので、「自分を好きにさせるためにキスをしてみる」という男性もいます。「好きならそれで何がいけないのか」という意見もありますけど、冷静に相手を選ぶのがいいと思います。
裏代表
連絡取り合ったり、デートしてるうちに好きになったってカップルが多いですよね。あんまり吟味して選ぶ人はいない印象です。街コンとかアプリで真剣に婚活をする女性のほうが、冷静に相手を吟味してる気がします。

ただ欲求にまかせてキスをしただけ

「雰囲気に流されて」「欲求が我慢できなくて」など、「キスをしたくなったからした」というパターンです。その後、けじめをつけるために告白をする男性もいれば、冷静になると好きでなかったと気づいて何事もなかったようにふるまう男性もいます。

交際前のキスは控えるべき

fear

「キスと告白はどちらを先にすべきか」と質問をすると、ほぼ半々に意見が割れるようです。「自分がしたければすればいい」という考えが男女とも多いですが、真剣に付き合うつもりなら、交際前のキスは控えるべきです。

男性と付き合いたいときの対応

付き合う前にキスをすると、「他の男ともキスをする女性かもしれない」と心配になる男性もいます。また、真剣に付き合うつもりだったけれど、告白しなくてもキスに応じてくれるのであれば、「このままでいいか」と考える男性もいます。キスで反応を確かめてから告白したい男性には、「あなたとキスしたいけれど、恋人じゃないからできない」という態度を取るのが正解です。

付き合うつもりがないときの対応

付き合うつもりはないけれど、「キスしたくなったから」と男性とキスすることは特に問題ありません。ただし、男性をその気にさせてしまい、結果的に傷つけることになったり、キスをした以外の男性にも噂が広まり、自分の評価を下げてしまうといったリスクがあることは、承知しておくのがいいと思います。

代表
好きだった女性が、付き合ってない他の男性とキスをしたという噂を聞いて、真剣に交際したい気持ちが萎えたという男性がいました。「付き合わなくても、自分も1回くらいヤレるんじゃないか」という方向に気持ちが変わったみたいです。
裏代表
付き合う前にキスを許すときは、絶対に落とす自信があるときか、カラダだけの関係で終わってもいいと思っているときだけにしたほうがいいと思います。

キスをしたくないときの対応

恋愛対象として見られない男性からキスを迫られたときは、不快だという気持ちを示すことが大切です。「付き合ってない人とはキスしない」と断ると、「告白を待っている」と誤解されるリスクがあるので、この言い方はおすすめしません。「なんでキスするの?」と冷たく聞き返したり、「え?」と驚いた表情で絶句するという女性が多いようです。

代表
「友達としては好意を持っているけれど、恋人としては見られない」というときは、素直に言葉にして伝えるのが親切だと思います。表情だけでは誤解を招くので、友達として良い関係に戻れたのに、疎遠になってしまうかもしれません。
裏代表
嫌いな人からキスされそうになったら、自然に不快な表情になるので、これは別に意識しなくてもいいと思います。好きな人からキスされそうになって、驚いた表情をしたときに、拒絶したと誤解されないことが大事です。

男性の心理を見抜くポイント

男性がどういうつもりで交際前にキスをしたのか、確かめる方法を紹介します。

「私と付き合うつもりはあるの?」

どんな意図でキスをしたのか、率直に相手に尋ねる方法です。駆け引きで時間を無駄にしたくない女性にはおすすめです。これではぐらかして連絡が途絶えるような男性は、女性の言い方が悪かったのではなく、最初から真剣に付き合うつもりはなかったと考えるべきです。

代表
相手が交際するつもりなら、こんな催促されたような流れは不本意かもしれませんが、ちゃんと告白してくれるはずです。
裏代表
私は、「結婚する気がないなら私に興味を持たせないで」と付き合う前に言ったことがあります。その相手の男性が、今は旦那さんになりました。

「どうしてキスをしたかわかる?」

遠回しなので、面倒くさい女性という印象を与えるかもしれませんが、男性に優しい言い方です。「好きだから?」と聞き返したくなりますが、なんとなくキスをしたり、一時的な欲求からキスをしてしまった男性は、罪悪感を覚えるかもしれません。これから告白をするつもりの男性は、嬉しくなります。お互いの好意を真面目に確かめ合う雰囲気になれば脈ありです。

「キスは付き合ってからしたい」

軽い女ではないというアピールになり、「告白を待っている」というメッセージにもなります。それでも、曖昧な関係のままキスを続けたり、それ以上のことを求めてきたり、急に態度が冷たくなる男性は遊び目的です。似ていますが、「恋人以外とはキスしたくない」という表現は、「自分は恋愛対象として見られていない」と男性に誤解を与える可能性があります。

「これ以上は付き合ってからしたい」

「キスは許すけれど、それ以上は恋人にしか許さない」という態度です。相手の男性が真剣に付き合うつもりだったとしても、交際前に肉体関係を許してしまうと、いつしか遊び目的に変わってしまうリスクがあります。男性は、キスだけでは満足しません。告白をするか、それとも離れるか、なんらかの行動を起こすはずです。

代表
付き合うとか、付き合わないとか、当人同士だけで確認しても意味はない、と僕は思います。契約書を交わすなら別ですが、お互いの友達や家族に紹介するほうが、告白よりもよっぽど信頼できます。告白なんて無意味です。
裏代表
そういう理屈をこねる男性はたまにいますよね。理系はそうなんでしょうか。あんまり深く考えないで、束縛したり、カラダの関係になりたいと思ったら告白するって人が多いと思います。

その後に男性が取りがちな態度

think.man

それまで通りの関係を続ける

肉体関係を相手の男性が求めないのなら、告白するつもりでチャンスを窺っているか、キスの反応が悪かったので告白しても失敗すると考えている可能性があります。あるいは、「告白に意味を感じていない」「もう付き合ってると思っている」という可能性もあります。

キスの次は肉体関係を求める

キスの直後に肉体関係を求めて、それを拒むと不機嫌になったり、音信が途絶えたりするときは、最初から遊び目的だったと考えるべきです。一方、時間をかけて関係を進展させようとする男性は、辛抱強い遊び目的か、告白を重要視していない男性です。女性を大事にしたいと本気で思っていても、それが告白と結びつかない男性もいます。

代表
「大事にする=告白する」とは僕も思いません。相手を喜ばせるために考えて、困っていたら助けるし、いきなり捨てたりもしない。「交際する」という言葉の定義が人それぞれなので、そういった態度で判断して欲しいと思います。
裏代表
「キスができたから次はヤレるだろう」って軽く見られてたら最悪ですよね。カラダの関係で始まって、そこから真剣な交際に発展するケースもあるけど、私には考えられません。遊び目的だったけど、他に良い女性がいないから付き合った、というだけだと思います。

いきなり連絡が途絶える

キスをしたとき、女性が期待通りの反応であれば、連絡が途絶えることはまずないと思います。告白をするつもりだったけれど、反応が悪かったので諦めたか、カラダだけの関係に移行することは難しそうだと悟ったか、どちらかの可能性が高いです。稀に、「好きだと思ってキスをしたけれど、冷静になったら勘違いだった」ということもあります。

女性が取りがちな最悪な対応

smart-phone.lady

あえて距離を置いて反応をみる

告白を促すためにあえて距離を置くことを勧める意見もありますが、相手の男性に「脈なしだ」と誤解を与える可能性が高いのでNGです。キスをするときも、真剣に交際を考えている男性ほど「嫌われないだろうか」と心配しています。キスの後に距離を置かれたら、自信を喪失して、諦めてしまう可能性があるので、「キスは付き合ってからしたい」と伝えることが先決です。

曖昧なままカラダの関係に応じる

カラダだけが目的の男性にとっては、これは目論見通りの展開です。本気で好きだった男性も、相手が軽い女性だとわかると、真剣に付き合おうという気持ちが薄れ、カラダだけの関係で満足するか、他の女性に気持ちが移る可能性があります。告白するきっかけもなくなるので、真面目な交際を希望する女性にはおすすめしません。

女性からキスをするタイミング

couple.approach

告白前に女性からキスをすることは、軽い女と思われるリスクがあるため、基本的にはおすすめしません。ただし、お互いに真剣に交際していることが明らかで、周囲の友達もそれを知っているような状態であれば、もう告白の意味はほぼないといっていいかもしれません。そんな関係のときは、女性から愛情表現としてキスをしても問題はありません。

手を繋ぐことができてから

男性とデートで手を繋ぐことができたら、真剣に交際するつもりがあるかどうかはわかりませんが、相手が女性として魅力を感じていると考えてもいいと思います。手を繋ぐという行為は、多くの男性にとってキスの直前のステップです。仲が良いだけの友達と手を繋ぐという習慣は男性にはありません。

デート帰りに見送られたとき

デート帰りの夜などは、キスをする絶好のタイミングです。一般的に、女性は男性よりも気分が高まるまで時間がかかるので、女性がキスしたい気分のときは、男性もそう思っている確率が高いです。「今はそういうムードなのか」という判断も、女性のほうが的確にできるので、その点も心配はいらないと思います。

アルコールで酔ったとき

酒を飲んだ後は、大胆な行動に出ても酔ったせいにできます。また、アルコールの効果でキスしたくもなります。ただし、酔ったからといって、何でも許されるわけではありません。酒を飲んだのも自分の責任です。酔って男性にキスをするような女性は、きちんと信頼関係ができていなければ、やはり軽い女性と思われるリスクがあります。

代表
海外では、酔っ払って他人に迷惑をかける人間は軽蔑されるようです。日本では酒の席は無礼講といって、多少のことは多めに見られるという風潮がありますが、変わりつつあります。

まとめ

付き合う前にキスをする男性の心理をまとめると次のようになります。

  • 好意を確かめてから告白したいのでキスをする男性もいる
  • どのくらい軽い女性か確かめるためにキスをする男性もいる
  • キスや告白の順番を重要視していない男性もいる
  • キスの直後にカラダの関係を求める男性は遊び目的が多い
  • カラダの関係を断られて態度が急変する男性は遊び目的が多い
  • 真剣に付き合いたいなら告白されるまでカラダの関係は断るべき

本記事では、付き合う前にキスをする男性の心理を紹介しました。「キスをしてきた男性が本気か遊びか知りたい」という方は参考にしてみてください。