DazzlingList

片思い中の男性の行動パターンと理解できない男性心理

男性の4人に3人が「自分は草食系だと思う」と答えるそうです。好きな女性に拒絶されることを恐れて、遠回しなアプローチしかできない男性も多いですが、片思い中の男性には行動パターンがあります。

本記事では、脈ありの男性が見せる行動やLINEの特徴、肉食系や草食系などタイプ別の男性心理を紹介しています。身近に気になる男性がいるという方は参考にしてみてください。

スミエ
嫌いな人と笑顔で話したり、真顔で嘘をついたりするのは女性のほうが上手ですよね。男性はわかりやすいです。「仕事で使うから」とか言い訳してLINE交換したりするのも、回りくどくて好きじゃありません。
キカガク
「田中さんからLINEきかれたんだけど」とか噂されたくないんですよ。ナンパみたいに共通の知人がいない場合とか、みんなに連絡先をきいてる女慣れした男性なら普通にきけるかもしれませんけど。



もくじ

片思い中の男性によくある行動

好きな女性を見ると笑顔になる

男性は好き嫌いがすぐ表情に出るので、好きな女性を見ると自然に笑顔になってしまうことが多いです。ただ愛想が良いだけの男性もいますが、特定の女性と対面したときだけ笑顔になるというときは、脈ありと考えて間違いありません。

話しかけられると作業の手を止める

声をかけたとき、作業の手を止めて、身体を女性のほうへ向けて話をきいてくれる男性は脈ありかもしれません。

コピーを取ったり、荷物を運んだりといった単純作業は、話しながらでもできますが、あえて手を止めるのは、相手からどう思われるかを気にしているからです。他の女性であれば顔も見ないで返事をする、というときは確実に脈ありです。

自分から連絡先をきく

男性は基本的に、下心がなければ女性に連絡先をききません。「緊急のときに連絡が取れないと困るから」などと理由をつけたとしても、女性からみて必要性が感じられないときは、「仲良くなって食事に誘いたいから」というのが本音だと思っていいと思います。

休みの日に2人で会う約束をする

仕事帰りに外食に行きたい気分のときなど、恋愛感情がなくても「ラーメンでも食べていかない?」と軽い気持ちで女性を誘うこともありますが、休みの日にわざわざ約束をするのは好意の証です。

キカガク
「渡辺君からデートに誘われた」と騒がれたくないので、最初は「ひとりでは行きづらい」などと口実を作ったり、打ち上げや〇〇会といった名目を考えるかもしれませんが、徐々にプライベートな誘いに移っていくと思います。
スミエ
わざわざ休みの日に誘われると、女性はちょっとめんどくさいって思うかもしれないから、仕事帰りとかに誘ったほうが気軽に応じてもらえると思います。私みたいにズボラな人は、「今日何かあるの?」って服装でバレますけどね。

食事代やデート代を支払う

男性がお金を支払うのは、欲しいものを手に入れたいからです。女性に食事をご馳走したり、デートの費用を負担するのは、何らかの見返りを求めているからです。

ほとんど一緒になることがない男性と食事に行き、一度だけご馳走されたという程度なら、ただ格好をつけたかっただけかもしれませんが、先輩後輩といった関係でもないのに、何度も続けてご馳走してくれるときは、交際に発展させるための投資だと考えていいと思います。

キカガク
経済力は関係ないと思います。お金があっても、好きでない女性にまでご馳走したいとは思いません。というより、お金がある人のほうが、無駄なものには使わないという傾向があるような気がします。

ちょっとしたことで話しかける

女性と比べ、男性は意味のない会話をしたがらない傾向があります。「今日はこんなニュースがあったね」「これとあれはどちらが可愛いと思う?」といった何気ない会話も、実は好意の表れかもしれません。特定の女性にだけそんな話をするときは脈ありです。

プライベートな質問や相談をする

男性がサークル仲間に休日の過ごし方をきいたり、職場の同僚に好きな食べ物をきいたりするのは、その人のプライベートに興味があるからです。

たまたま二人きりで待ち時間が出てしまったときなど、沈黙を避けるためにプライベートな質問をすることもありますが、女性の話を男性が楽しそうに聞くのなら脈ありです。また、個人的な相談は、相手のことを信頼している証拠です。

職場の脈あり男性が取ってしまう具体的な行動24選

差し入れをしてくれる

遠出をしたときにお土産を買ってきてくれたり、残業をしているときに差し入れを持ってきてくれたりする男性は、脈ありの可能性があります。男性は、明確な目標がないと行動できない人が多いので、「みんなに喜んで欲しいから」は建前かもしれません。

本当は好きな女性にだけ差し入れしたいのですが、目立ってしまうので近くにいる人にも持っていきます。また、喜んでもらえるならもっと高価なプレゼントもしたいと思っていますが、突然だと怖がられるので我慢しています。

一緒にいる時間を作ろうとする

好きな女性が教室や職場に残るときは、親しくなるチャンスだと考えて一緒に残ります。話しかけたり、一緒に帰ろうと誘ったりできる男性もいますが、ただ自分の仕事を続けながら、何か起きるのを待つだけの奥手な男性もいます。

飲み会の参加の可否を気にしたり、近くの席に座ろうとするときも脈ありです。みんなで遊びに行こうと話をしているときも、男性は好きな女性が乗り気かどうか気になるので、その女性のほうをチラリと覗き見たりします。

相手の気持ちを察して優しくする

「お腹空いてない?」「その荷物重くない?」「この部屋寒くない?」と、男性は好きな女性のことを常に気にかけます。これが興味のない女性が相手なら、「何か食べたいなら自分から言わなきゃわからないでしょ」と考えるところです。

また、好きな女性の発言に対し、共感や感心の気持ちがあるときは、それを男性はちゃんと言葉にします。普段なら、肯定か否定か、といった最低限の反応しかしない男性が、「その考えも面白いね」などと言うときは脈ありです。

恋愛事情を探ろうとする

彼氏の有無、仲良しの男友達の有無を探ろうとするのは、脈ありのサインです。

真剣なトーンで質問をすると好意がバレバレですし、嫉妬しているように見えても格好悪いので、さりげなく冗談のように尋ねることも多いですが、二人きりのときにそういう話をするなら、その男性が好意を寄せている可能性は高いです。

彼氏の有無を気にするのは、もちろん、彼氏がいないなら自分がそのポジションに就きたいと考えているからです。また、恋愛に興味を持っているかどうかを探るため、「デートとかしないの?」ときいてみたりもします。

食べ物の好みや約束を覚えている

たとえば、「それじゃ今度一緒に行こう」という半年前の会話を、片思い中の男性はしっかり覚えています。たまたま約束通りになったのかと思いきや、「前にそういう話をしたけど、なかなか誘う機会がなかったからね」と言ったりします。

食べ物の好みや会話の内容を細かく覚えているのは、その人のことを知りたいと本気で思っているからです。ニコニコと相槌しながら、「可愛いね」と褒める男性も、過去のやりとりをすぐに忘れたり、他の女性と混同したりするときは本気ではありません。

男性が送る脈ありLINE

smart-phone.gentleman

用事がなくてもLINEを送る

ネットで検索できることをわざわざLINEで質問したり、次に会うときでいい話をLINEで始めたりするのは、メッセージ交換を通じて親しくなりたいという欲求の表れです。

欲求不満が爆発すると、意味のないスタンプを送ったり、付き合ってもいないのに「おはよう」「いまなにしてる?」と送ったりしてしまいます。さらに悪化すると、どうでもいい日常や自撮りの写真を送ってしまうこともあります。

いつも同じ時間帯に連絡がある

返信時間が早ければ脈あり、という考えもありますが、もともとの返信ペースは人それぞれですし、好きな相手ほどじっくり考えて返信したい、という男性もいます。30分以内に返信があれば脈あり、と一概に決めつけることはできません。

仕事が忙しく、夜にならないと返信の時間が取れない、という男性もいます。ですので、「夜22時頃になると必ず返信がある」というときは、たとえ返信までに6時間以上かかっていたとしても、脈ありの可能性が高いと考えられます。忙しくても、返信できるときに必ず返信してくれている、ということになるからです。

自分の意見を添える

男性は基本的に、必要最低限のことしかLINEで送りません。

たとえば、「明日の集合時間が変更になりました」と連絡をすると、「了解です!ありがとう」とシンプルな答えが返ってきます。一方、「明日楽しみだね」と自分の意見を添えるのは、会話を続けたいという気持ちの表れです。

会話を続けたいとき、メッセージに質問を入れたり、言いたいことがたくさんあって長文になることもありますが、相手の手間を考えて、あえて短文で質問を入れないこともあります。それだけで脈なしと判断するのは早いと思います。

質問を見落とさない

ひとつのメッセージに複数の質問があっても、片思い中の男性は見落とさず、すべての質問にちゃんと答えられます。好きな女性からLINEが送られると、注意深く読み返すからです。「来月になったら確認して返事をします」といった約束も忘れません。

カラダ目的の男性の心理

カラダ目的とは、内面はどうでもいいから性欲を満たしたい、真剣に付き合う気はない、という男性のことです。「この女は落とすまでに時間がかかりそう」と判断すると、いきなり連絡が途絶えてしまうことがあります。カラダ目的の男が心配するのは、時間やお金の無駄な投資だからです。

脈あり行動から男性の本気度をチェックする3つのポイント

会話の内容や約束を忘れる

対面すると「可愛いね」「賢いね」とやたら褒めてくれますが、女性の内面には興味がなく、内心では「どうすればその気になるか」ばかり考えているので、食べ物の好みや趣味の話などもすぐに忘れてしまいます。

また、複数の女性と同時進行で交際しているので、他の女性とのやりとりと混同してしまいます。間違えると取り返しがつかないので、うっすら覚えていても忘れたフリをすることもあります。

連絡がつかないことが多い

「会おう」という連絡がいつも突然だったり、休みなのに連絡がつかないことが多く、その理由もろくに説明されないというときは、他の女性とも交際している可能性があります。

「今月の休みを教えて」と女性に言われて、勤務予定表の画像を送ってくれたりする男性は信用できますが、「まだはっきりわからないから、会えそうなときは連絡する」などとはぐらかす男性は信用できません。

肉体関係を断ると不機嫌になる

男性は、本気で女性に惚れているとき、一緒に出かけられるだけで満足なので、焦りがありません。初めて夜の誘いをするときは、嫌われてしまわないかという不安が大きく、女性に拒絶されると深く落ち込みます。

一方、カラダ目的の男はデートには興味がなく、落とせるかどうかだけを気にしています。落とせない相手に時間やお金を浪費することを何より恐れているので、焦って強引に関係を進めたがる傾向があります。そして女性に断られると、「こんなに投資したのにどうしてだ」と感じて、不機嫌になります。

間違ったときでも肯定する

どんな意見でも肯定する男性は、懐が大きいのではなく、ただ意見を聞いていないだけです。

カラダ目的の男は、自分が気に入られることを第一に考えるので、女性が重大な過ちを犯そうとしているときでも、「応援するよ」などと無責任なことを言いがちです。

キカガク
カラダ目的の男性というのは、おしゃれで自信もあって、女性からは魅力的に見えると思います。どうしたらモテるかを常に考えているので、好きになってからスタートする人よりも有利です。
スミエ
男はみんなカラダ目的だけど、真剣に付き合うつもりがあるかどうかだと思います。女性は、結果的にすぐ終わったとしても納得できると思ったときしか、身体を許しちゃいけないと思います。

職場男性の心理

社会人として愛想が良いのは当然で、社交辞令と本気の区別がつきにくいのが職場恋愛の難しいところです。

また、特定の女性だけを贔屓すると、職場の雰囲気が悪くなってしまうので、露骨な特別扱いもできません。共通の知人が多く、フラれても顔を合わせないといけないので、アプローチには慎重になります。

職場の脈あり男性が取ってしまう具体的な行動24選

セクハラになりうる発言には慎重

「可愛いね」「彼氏いるの?」といった発言は、セクハラになりうるのでなかなか言えません。後輩の可愛い女性を食事に誘うときも、「伊藤先輩に口説かれた」などと噂されたら怖いので、客観的に納得できる口実が必要だと考えます。

好き嫌いで対応に差はつけない

好きな女性社員だけ楽な仕事をさせる、といった特別扱いは周囲の目があるのでできません。ただし、男性は嘘が下手なので、好きな女性を見ると笑顔になったり、後ろ姿を目で追ったりしてしまいます。

仕事の話を装って声をかける

勤務中に理由もなく声をかけるのはなれなれしいので、「新しい企画ができたんだけど、君はどう思う?」などと仕事の話を装って、好きな女性に声をかけることがあります。

他の全員にも平等に意見を求めているなら本当に仕事の話ですが、特定の女性にだけ相談をするときは脈ありです。

プライベートな質問をする

「お昼はどこで食べているの?」「どんな食べ物が好き?」といったプライベートな質問を男性がするのは、その女性と親密な関係になりたいと考えているときです。

ただし、男性が上司にあたる人物ならば、職場の人間関係を気にして、そういった話題を振っているだけの可能性もあります。

肉食系男性の心理

気になる女性がいたら、自分から積極的に連絡先をきいたり、食事に誘ったりできる男性が肉食系と呼ばれます。肉食系男性が失敗を恐れないのは、自分に自信があるので、フラれても「相性が悪かった」と考えられるからです。また、すぐに行動に移せるので、「まだそこまで好きじゃないから」と簡単に諦められるのだと思います。

付き合う前にキスをする男性は遊び目的か脈ありなのか?

容姿を積極的に褒める

「可愛いね」「髪型変えた?」「いつもおしゃれだね」といった容姿に関する褒め言葉を、抵抗なく言えてしまうのが肉食系の男性です。

奥手な男性が同じセリフを言おうとすると、おどおどしてしまい、まるで告白のような雰囲気になってしまい、気まずさの原因になります。肉食系は女性になれているので、堂々と自然に褒めることができます。

キカガク
容姿しか見てないと思われて「キモい」と言われるんじゃないか、と奥手男子は心配します。そうやって傷ついた経験があるからです。
スミエ
たぶん、普段からキモいと思われる要素が、何かしらあったんだと思いますよ。いつもひとりでいて暗い男性から、いきなり連絡先をきかれたりしたら、怖いと女性は感じると思います。

スキンシップが多い

女性に触れたいと思うのは、どんな男性でも一緒ですが、普段はその欲求を我慢しています。肉食系の男性は、自分から積極的に自然なボディタッチができますが、それは女性が嫌がらないラインを経験的に知っているからです。

また、フラれても次があると考えているので、気軽にボディタッチができるのだと思います。飲み会でも、好きな女性の隣に座り、自分から積極的に声をかけることができます。

女性をエスコートする

女性になれている男性は、エレベータのボタンを押したり、ドアを代わりに開けたりといったエスコートをしますが、こういった行動には、そこまで深い意味はありません。「好印象になればいいな」という軽い気持ちがほとんどだと思います。

相手を気遣うLINEを送る

女性が風邪で仕事を休んだとき「大丈夫?」とLINEを送ることができるのは、肉食系だからです。草食系の男性は、好きな女性のことが心配でも、「自分なんかが連絡するのはなれなれしい」とブレーキをかけてしまいます。

草食系男性の心理

女性に興味がないわけではなく、興味はあるけれど自信がなくてアプローチできない人、好きな女性に拒絶されたトラウマがあり受け身になってしまった人のことを草食系と呼びます。草食系の男性は、好意を伝えると女性は離れてしまうかもしれない、と過剰に心配しています。

密かに発する奥手男性の脈ありサイン3つの特徴

プライベートな話ができない

気になる女性と仲良くなりたいと思っていても、なれなれしいと思われることを恐れて、なかなか自分から声をかけられません。拒絶されないように、必要な連絡や相談を装って声をかけることが多いです。

連絡先をきくときに理由を説明する

「相原君からLINEをきかれたんだけど」と噂になったら最悪なので、草食系の男性は、「緊急のときに連絡できないと困るから」などと理由を説明しながら連絡先をききます。

「恋愛対象として見ていない」というアピールではなく、「キモいと思わないでくれ」という意味だと解釈していいと思います。

飲み会で近くの席に座れない

「親しくもないのに隣に座ったら不信に思われないか」「もっと他に話したい相手がいるんじゃないか」と心配して遠慮してしまうのが草食系の男性です。本当はその女性と話すために飲み会に参加したのに、一言も話せずに解散してしまうなんてこともよくあります。

容姿ではなく内面を褒める

「新しい髪型、可愛いな」と内心で思っていても、草食系の男性は、それをなかなか言葉にできません。いつも見ていると思われることが恥ずかしいですし、もしかするとキモいと思われるのではないか、と心配するからです。

容姿を褒めることができないので、「その考えは鋭いね」「僕は良いと思うよ」と内面を評価します。「下心はないけれど好意はあります」「あなたの人柄に惹かれています」というアピールです。

女性が理解できない男性心理

fear

いきなり告白してしまう

恋愛経験の少ない男性は、そこまで親しくない女性を食事に誘ったり、いきなり呼び出して告白したりして、驚かせてしまいます。「女性に声をかけるのはチャラいから嫌われる」と考えているので、徐々に距離を縮めるということができず、気持ちだけが高まって、こういった突然の行動に出てしまいます。

からかって悪口を言う

「お前は本当にモテないよな」などと男性が言うときは、実は好意の裏返しかもしれません。「こんなことを言えるのは、仲が良いからだ」と男性は思っていて、親友の悪口をあえて言ったりします。

女性は仲良しの女友達のことを悪く言わないので、なかなか理解できないかもしれません。

嫉妬したとき冷静を装う

好きだった女性に彼氏ができたと知ったとき、冷静なフリをしてしまう男性が多いです。ショックを受けたことが相手に悟られるのは惨めですし、告白するとしても、いったん冷静にならなければ、と考えるからです。

キカガク
こういうとき、女性は男性がショックを受けたことに気づかないフリをして欲しいです。「ごめん、もしかして、私のこと好きだった?」なんて言われても、イエスとは言えません。
スミエ
私も、その立場だったら同じ反応をすると思います。告白するなら自分のタイミングで告白したいです。「彼女できたの?おめでとう!」と自然に振る舞うのは、女性のほうが上手だと思います。

自分の日常をLINEで送る

仲良くなりたいけど接点がないので、「今日は新人に発注のやり方を教えました」と日記のようなメッセージをLINEで送ったりしてしまいます。

本当は食事に誘いたいけれど勇気がなく、もう少し親密になってからがいい、と考えています。また、質問をすると「返信しなきゃ」と相手にプレッシャーを与えますし、返信がなかったときに傷つくので、返信がいらないLINEを装います。

他の女性にモテると自慢する

ライバルよりも優れていることをアピールすれば、女性から選ばれるだろう、と考える男性は多いです。好きな女性に自慢話をするのは、そういった心理ではないかと思います。

「俺と付き合いたい女はたくさんいる」とわざわざ言うのは、「この掃除機は20万人の主婦から高い口コミ評価を得ています」と宣伝するような効果があると信じているからです。

また、「フラれたのは相性の問題で、自分が価値のない男というわけじゃない」と自分に言い聞かせたい意図もあるように思います。

下心はないとアピールする

連絡先を交換するときに「仕事のためだから」と強調したり、食事に誘うときに「行きたくないなら別にいいよ」などと言ってしまうのは、恋愛感情がバレるとトラブルになるんじゃないか、と心配しているからです。

「女性として見れない」とアピールしているわけではありません。

プレゼントを買ってしまう

草食系の男性は、自分から声をかけたり、スキンシップをしたりするのは苦手ですが、プレゼントを贈るのは得意です。女性の時間も奪わないし、身体に触れることもないので、少なくとも迷惑にはならないだろう、と考えるからです。

結果、恋人でもないのに高価なプレゼントを贈ってしまい、不審者扱いされてしまうことがあります。

誘われる隙を女性から作る

couple.bar

恋愛における「隙がある女性」の意味と6つのポイント

物理的距離を縮めてドキドキさせる

恋愛に発展させたいなら、まずは男性を緊張させる必要があります。性的な魅力でアピールできなければ、恋愛対象として意識されることも、内面に興味を持たれることもできません。

露出が多いファッションでも男性をドキドキさせられますが、軽い女と思われると遊びで終わるリスクが高くなるので、物理的に近づくことがおすすめです。

好きなところを言葉で伝える

全く勝算がないと男性もアプローチできないので、食事やデートに誘って欲しいときは、女性から男性の好きなところや尊敬するところを伝えてあげるのがいいと思います。

男性は、女性から認められることで、自分に自信が持てるようになります。自分に自信を与えてくれる存在として、女性を大切にしたいと思うようになります。

年収や職業を褒めることは、あまり効果がありません。同じ条件の男性は他にもいるので、すぐに心変わりするんじゃないか、と不安になるからです。

一緒にやってみたいと伝える

「誘って欲しい」という態度を女性が示せば、男性は安心してデートに誘うことができます。

「今度遊びに連れて行ってください」という言い方は、「社交辞令かもしれない」と男性は物怖じしてしまうかもしれません。草食系の男性は、「社交辞令なのに本気にされた」と笑われることを心配するので、もっと具体的な表現のほうが好まれます。

気になる男性が食べ物やアクティビティのおすすめを話したときなど、「私も行ってみたい」「今度行くときは誘ってください」と言っておくと、奥手な男性も誘いやすくなります。「どうして誘ったの?」と第三者にきかれたとき、「いや、彼女が行きたいと言ったから」と言い訳できるからです。

相手の経歴や知識に面白い部分を探す

つまらない自慢話も興味を持って聞きましょう、というアドバイスがありますが、退屈な話に興味を持つことは不可能だと思います。興味を持ったフリならできますが、演技はいつか見抜かれますし、うまく欺けたとしてもずっと我慢し続けることになります。

そういうときは、相手の話の中に、自分が面白そうと思える部分を見つけるのがいいと思います。

たとえば、「中学一年からプログラミングの勉強をするようになって」と相手が話したなら、プログラミング自体に興味が持てなくても、「この人はプログラミングのどこが好きなのか」「今でも何か勉強しているのか」といった疑問を持つことはできるかもしれません。

聞き上手になって「なぜか信頼される人」になる簡単な方法

まとめ

片思い中の男性が見せる脈あり行動をまとめると次のようになります。

本記事では、脈ありの男性が見せる行動やLINEの特徴、肉食系や草食系などタイプ別の男性心理を紹介しました。身近に気になる男性がいるという方は参考にしてみてください。