DazzlingList

反感を買ってしまう食事の断り方5つの具体例

「はっきりと断るよりも曖昧にしたほうが男性は傷つかない」というのは完全な誤解です。忘年会の出欠を取る幹事のように、男性は明確な返事を待っていますし、断られることは覚悟しています。男性が最も傷つくのは、「真剣に誘ったのに真剣に考えてもらえなかったとき」です。

本記事では、反感を買ってしまう食事の断り方を5つ紹介しています。「男性の誘いを断って恨まれたことがある」という女性は参考にしてみてください。

裏代表
「この子は可愛いけど、あまり仲良くないから誘えないな」とか、男性が自分で察してくれると女性はラクです。どうでもいい人のために脳みそは使いたくないんです。
代表
まずは話しかけるきっかけを作って、徐々に仲良くなって、というふうに、適当な順序が踏める男性は少ないと思います。女性が思っている以上に、男性は不器用です。



女性を食事に誘うときの男性心理

友達や仲間として女性を食事に誘うときと、恋愛対象として女性を食事に誘うときでは、男性が期待する返事は違います。友達として誘っているなら、「今日は忙しい」「お腹が空いてない」で十分ですが、あまり接点のない男性が女性を食事に誘うことは一種の告白です。「恋愛対象として見られるかどうか」が男性の気になっているポイントです。

男性は断られることを覚悟している

「はっきりと断ったら傷つけるんじゃないか」と心配する女性は多いですが、男性は断られることを覚悟して誘っているので、そこまで心配する必要はありません。むしろ、「イエスかノーかはっきりして欲しい」と考えているため、曖昧な態度を嫌います。自分が好きな男性に告白することを想像すると、女性にもわかりやすいかもしれません。

相手にされないとプライドが傷つく

誘いを断られることは相性の問題なので仕方ありません。それで腹を立てる男性はバカなので、相手にする必要はありません。男性のプライドが傷つくのは、自分の告白を小事として扱われたときです。ちゃんと返事がされないまま忘れられたり、理由も言わずに着信をブロックしたりされると男性は怒ります。

代表
この程度で傷つくものをプライドとは呼びたくありませんけど、わかりやすいようにあえて書きました。ブロックのように、提案だけじゃなく会話自体を拒絶するような態度は恨まれます。
裏代表
ブロックすると、相手の反応が見れなくなるから、私なら怖くてできません。既読にしなくても、長押ししてどんなメッセージを送っているかチェックしています。
代表
臭いものに蓋をするみたいに、見たくないものから目を逸らしたくなるんですよね。僕も仕事で失敗をしたときは、上司からの電話を拒否したくなります。

反感を買ってしまう5つの具体例

男性が恋愛対象の女性を食事に誘うとき、曖昧な態度を取られるよりも、はっきりと断られたほうが傷つかない、と説明しました。この点を誤解している女性は、次のような断り方をして男性の反感を買ってしまうことがあります。

  1. 予定が合わないとだけ伝える
  2. 曖昧な返事をしてフェードアウト
  3. 就寝やスタンプをきっかけに終了
  4. 無視や未読スルーやブロック
  5. 友達と遊んでいる様子をSNS投稿

以上の5つは、男性の反感を買ってしまうリスクが高い最悪な例です。

予定が合わないとだけ伝える

「予定があるので」と断ることは、「予定がなければ行きたいのですが」という意味になります。「今回はダメだったけれど、また改めて誘えばOKがもらえるかも」と男性に思われても文句は言えません。

「先約がある」「門限がある」など、他人のせいにする断り方はどれもNGです。「あなた自身はどう思っているのか」と男性は追求したくなります。八方美人は失礼に当たります。

曖昧な返事をしてフェードアウト

「シフトが出たら連絡するね」などと言葉を濁して、連絡をせずに忘れたことにする、という方法も男性には嫌われます。

さきほどの例と同じで、「休みが合えばOK」という意味になります。「2人で食事に行くことに了承をもらえた」と男性は喜びます。「いつになるかな」とカレンダーを見つめながら楽しみに待っています。最初から断るつもりなら、男性に期待させるような態度を取るべきではありません。

就寝やスタンプをきっかけに終了

smart-phone.lady

これはLINEなどで食事に誘われたときの例です。

男性から食事に行こうと提案されて、「いいねー」などと話を合わせながらも、内心は「行きたくない」と考えていることがあります。そういったとき、就寝やスタンプなどをきっかけに、さりげなくやりとりを終了させる、という方法があります。

男性にしてみれば、これは終了ではなく中断です。そういうことを意図的にする女性は男性に嫌われます。「ごめんなさい」と率直に断ったほうが好印象ですし、お互いに無駄な時間を使わずに済みます。

無視や未読スルーやブロック

「はっきりと断ったにも関わらず、同じ相手から何度も誘われている」という場合は、無視しても仕方ないと思います。ですが、「しつこく誘っている」という自覚が男性にないときは、一方的な無視やブロックは反感を買うことになるため、おすすめできません。

「ちゃんと断ってくれたら、きっぱり諦めるのに」と、まず男性は落ち込みます。続いて、「言葉で説明しても通じないと決めつけられた」と徐々に腹が立ってきます。次に会ったときが怖いので、せめて一言だけでも伝えてから無視したほうが良いと思います。

友達と遊んでいる様子をSNS投稿

「その日は予定があるから」と断っておきながら、その日、別の友達と遊んでいる様子をSNSなどにあえて投稿する、という方法です。相手の男性の優先順位が低いことを遠回しに伝える意図があるときに、この方法を採用する女性がいます。

男性にとって、これはただの当てつけです。女性の優しさだとは絶対に思われません。あるいは、「単にバカなだけだ」と解釈されるかもしれません。

裏代表
こっちから連絡すると言ってフェードアウトするのは、私の得意技でしたけど、このたび代表からダメ出しされました。
代表
普段から忘れっぽい人は「忘れてた」で通用するかもしれませんけど、相手から催促されたらどうするんですか?
裏代表
「彼氏ができたから、ごめんなさい」と断ります。真面目な女をアピールして、彼氏以外の男とは絶対にご飯も行かない、という設定を貫きます。
代表
休みがなくて返事を保留していたくせに、彼氏ができるなんておかしな話です。

まとめ

反感を買ってしまう食事の断り方をまとめると次のようになります。

  • 予定が合わないとだけ伝える
  • 曖昧な返事をしてフェードアウト
  • 就寝やスタンプをきっかけに終了
  • 無視や未読スルーやブロック
  • 友達と遊んでいる様子をSNS投稿

「はっきりと断るよりも曖昧にしたほうが男性は傷つかない」と誤解すると、このような断り方をしてしまいがちです。忘年会の出欠を集計する幹事のように、男性は明確な返事を待っています。時間を稼いでスルーしようとしても、悪い印象を与えてしまうだけのことが多いので注意が必要です。

本記事では、反感を買ってしまう食事の断り方を紹介しました。「男性の誘いを断って恨まれたことがある」という女性は参考にしてみてください。