DazzlingList

勘違い&反感を避けて食事を断るための5つの注意点

興味のない男性から食事に誘われたとき、「どのように断れば男性を傷つけず、きっぱりと諦めてもらえるか」と悩む女性は多いと思います。本記事では、食事の誘いを断るときの5つの注意点を紹介しています。「同じ相手から何度も誘われて困っている」という女性は参考にしてみてください。

代表
「予定が合わない」など曖昧な返事をしておきながら、次に誘われたらブロックする、という女性も多いですけど、もっと良い断り方があります。
裏代表
「シフトが出たら私から連絡するね」と言っておいて、忘れたフリをする、という方法を私は採用してましたけど、代表にダメ出しされました。



食事を断るときに女性が心配なこと

think.lady

興味のない男性から食事に誘われたとき、女性は次のようなことを心配して断ることを億劫に感じます。

  • 相手を傷つけて恨まれたりしないか
  • 好意があると勘違いされないか

「行きません」「興味がありません」と正直に伝えると、「男性を傷つけてしまうのではないか」と心配になるかもしれません。かといって、「行きたいんですが、その日は予定があります」などと社交辞令を言うと、「じゃあ、いつなら行ける?」ときかれて、余計に追い込まれることになります。

「男性を傷つけないこと」と「二度と誘われないように断ること」は、一見すると相反するため、男性の誘いを断ることは難しいと女性は感じるようです。

代表
男性から一番嫌われるのは曖昧な態度です。「その日は先約があって」と答えるのは、「約束がなければ行きたかった」という意味です。八方美人は誠意がありません。
裏代表
返事を考えるのは面倒くさいけど、でも無視するのは怖いと思います。あまり関係がない男性でも、いつどこで会うかわからないので、恨みを買うようなことはしないほうが良いです。

勘違いさせないための注意点

食事の誘いを断るときに大切なことは、「はっきりと断ること」です。

男性が友達として誘っているなら、「食事に行けるかどうか」を答えるだけで十分ですが、恋愛対象として誘っているときは「異性として見られるかどうか」をはっきり答える必要があります。男性があまり親しくない女性を食事に誘うことは、一種の告白です。「その日は予定があって」という返事は、「まだ返事をもらっていない」と男性には受け取られます。

  • 他人のせいにしない
  • 恋人として見れないと断る

「脈ありだ」と男性に勘違いさせないために注意すべきは、以上の2つです。

他人のせいにしない

「その日は忙しくて」「先約があって」「彼氏がダメと言うから」など、誘いに応じられないことを他人のせいにするのは男性に嫌われます。「あなたはどう思っているのか」を男性は知りたがっているからです。たとえば彼氏がいるときは、「彼氏がダメと言うから」ではなく「彼氏に悪いから」という言い方をする必要はあります。

恋人として見れないと断る

繰り返しになりますが、男性があまり親しくない女性を食事に誘うことは、一種の告白です。「自分を恋愛対象として見てもらえるか」を知りたがっています。「食事に行けるかどうか」を答えるだけでは不足です。

たとえば、「美味しいパスタの店があるから行かない?」と男性が誘って、「パスタは好きじゃないから」と女性が断ったとします。女性は誘いをしっかりと断ったつもりになるかもしれませんが、男性は「まだ肝心な答えを聞いていない」と感じます。「もう二度と誘われたくない」と考えているときは、「恋愛対象として見られない」とはっきり伝える必要があります。

裏代表
「彼氏が怒るから」とか言ってたら、私でもドン引きです。それが許されるのは十代までだと思います。「彼氏がいる」って嘘をつくことは私もよくあります。
代表
「どんな人?」と彼氏のことを詮索されたとき、裏代表は過去の彼氏のことを思い出して、特徴を答えるそうです。
裏代表
あんまりしゃべりすぎるとボロが出るので、「秘密にしたい」とも言います。「どこの誰?」とかきいてくる男性は面倒ですよね。

相手を傷つけないための注意点

fear.man

「はっきりと断ると傷つけるから」と考えて、曖昧な態度を取ったり、返事をすることを忘れていたフリをする女性もいますが、これらは男性を余計に傷つける結果になります。トラブルに巻き込まれるリスクがあるため、おすすめできません。

  • 感謝の気持ちを伝える
  • 刺々しい言い方はしない
  • 忘れたフリや無視はしない

男性を傷つけないために注意すべきは、以上の3つです。

感謝の気持ちを伝える

「感謝の気持ちを伝えることで、脈ありだと勘違いされるのでは?」と心配する女性も多いですが、その後ではっきりと断れば問題ありません。「誘ってくれてありがとう」と感謝の気持ちを伝えることで、「礼儀正しい女性」という印象を男性に与えることができます。「この人を困らせたくない」と男性が考えるようになり、むしろしつこくつきまとわれるリスクを下げる効果があります。

刺々しい言い方はしない

「無理です」「なんで私なんですか」といった刺々しい言い方は、はっきりと拒絶しているという意味では好ましいですが、男性から恨みを買うリスクがあるためおすすめできません。女性を食事に誘うとき、男性は「迷惑と思われたらどうしよう」と不安に感じています。「迷惑ではないけれど、気持ちには応えられない」という態度が理想です。

忘れたフリや無視はしない

「予定がわかったら連絡する」と伝えて連絡をしなかったり、LINEで食事に誘われたときに就寝して、そのまま忘れたフリをしたりすることは、男性には不誠実な態度を見なされるためNGです。自分が好きな異性に告白すると想像すれば、わかりやすいかもしれません。簡単にスルーしたり忘れたりできる小事として扱われることは、男性のプライドが許しません。

代表
食事を断るときに限らず、「無理です」という言い方は嫌われますよね。「難しいです」という意味ですけど、感情的な言い方をすると「無理です」になります。
裏代表
「無理な理由を説明しろ」とか代表は言いますけど、無理なものは無理なんです。男性はそういうのがわからないみたいです。

まとめ

食事の誘いを断るときの注意点は次の5つです。

  1. 断る理由を他人のせいにしない
  2. 恋人として見られないと伝える
  3. 誘ってくれたことに感謝する
  4. 刺々しい言い方はしない
  5. 忘れたフリや無視はしない

男性が恋愛対象の女性を食事に誘うことは一種の告白です。「断られるかもしれない」ともちろん覚悟しています。男性が傷つくのは、「断られたこと」ではなく「真剣に考えてもらえなかったこと」であることが多いです。

本記事では、食事の誘いを断るときの5つの注意点を紹介しました。「同じ相手から何度も誘われて困っている」という女性は参考にしてみてください。