DazzlingList

LINE交換を断る上手な方法とありがちな3つの失敗例

  • 興味のない男性とLINE交換しても鬱陶しいだけ
  • でも断って反感や恨みを買うのも避けたい

断る理由をちょっと工夫するだけで、このような不安は簡単に解消できるかもしれません。

興味のない男性から、毎日のように質問のLINEが送られてきたり、食事やデートにしつこく誘われたら、誰でも鬱陶しいと感じます。かといって、一方的に無視したりブロックするのも、恨みを買いそうで抵抗があるかもしれません。最初からLINE交換をしないで済むなら、それに越したことはない、というのが本音かと思います。

本記事では、好印象かつしっかりとLINE交換を断る方法を紹介しています。

裏代表
「LINEやってない」って言っても、「じゃあ電話番号教えてよ」って言われるだけですよね。
代表
嘘を事実に見せるよりも、単純なミスに見せかけるほうが簡単です。紙にIDを書いて渡すとき、わざとドットを書き忘れるとか。
裏代表
その手は私も使ったことがありますけど、何度も使えないって欠点があるんですよね。

恨まれずにきっぱりと男性の食事を断る方法



よくある最悪な断り方worst3

よくある最悪な断り方は次の通りです。

  1. 捨てIDを教える
  2. LINEが使えない
  3. 交換直後にブロック

捨てアカウントを教える

捨てアカウントを教えるのが最悪な理由は、次の通りです。

  • 相手にとってはブロックと一緒
  • 反応が見られないので危険

普段使わない捨てアカウントを用意しておき、それを男性に教えるという方法です。

ID検索をした男性にとっては、女性から反応が全く返ってこないわけですから、完全に無視しているのと同じ状態です。捨てアカウントを作成する手間がかかるだけで、何も良いことはありません。

「男性の名前が表示されないから安心できる」という女性もいますが、明らかに錯覚です。相手から送られてくるメッセージが見られたほうが安全です。捨てアカウントを教えるくらいなら、本当のアカウントを教えて、「ごめんなさい」と一言伝えてから無視したほうが、よほど好印象になります。

LINEが使えない

LINEが使えないという嘘が最悪な理由は、次の通りです。

  • 嘘だと疑われて反感を買う
  • 他の連絡先をきかれる

「LINEアプリを使っていない」「スマホの調子が悪い」とLINEが使えないフリをするという方法です。

よほど上手く伝えないと、「本当は教えたくないだけだろ」と反感を買うことになります。また、「LINEが使えない」は「連絡先を交換すること自体はOK」というニュアンスを含むので、他の連絡先をきかれるリスクがあります。電話番号やメールアドレスをきかれたら、もう同じ言い訳は使えないので逃げ場がありません。

「家族や親しい友達にしか教えてません」なども確実に疑われますし、「どうして親しい人にしか教えないの?」ときかれて困ることになります。

女性が嘘をつくのは、相手を信用していないからですが、それは男性も知っています。嘘だと疑われると、「正直に断ったらキレるとでも思ったの?」と男性の反感を買うことになります。

交換直後にブロック

LINE交換直後にブロックするのが最悪な理由は、次の通りです。

  • 本音で語らないことに反感を買う
  • 相手の反応が見られなくなる

LINE交換を了承しておきながら、一度もやりとりを交わすことなくブロックする方法です。

「何の断りもなく相手をブロックするような女のくせに、対面では八方美人を装っているのが腹立たしい」と男性の反感を買うことになります。また、ブロックすると男性の動向をチェックすることができなくなるので危険です。感情的になっている男性のLINEは怖くて読みたくない」という女性も多いかと思いますが、怖いものに蓋をしても、リスクが減るわけではありません。

男性からのLINEは見られる状態にしておいたほうが良いですが、もちろん既読にする必要はありません。「読んでもらえるなら、まだ可能性はある」と男性は考えます。未読のまま放置しておいて、受信の有無をチェックするだけでも意味がありますし、3DタッチのPeek機能(iPhone画面を軽く押すとメッセージが見られる機能)を利用する方法もあります。

代表
ブロックや着信拒否では問題は解決しません。パソコンでエラーが出たからシャットダウンするようなものです。再起動したら同じ画面が表れます。
裏代表
相手がどんな性格かわからないうちは、「恋愛対象としてみられない」って正直に伝えるのは抵抗がありますよね。それで大人しく納得してくれる男性ばかりとは限りません。

LINE交換を正しく断る方法

smart-phone.gentleman

LINE交換を断る方法を次のシチュエーション別に紹介します。

  • 職場の男性とLINE交換
  • 職場の上司とLINE交換
  • 職場に好きな男性がいるとき
  • 街コンの男性とLINE交換

職場の男性とLINE交換

職場の男性からLINE交換を提案されたときは、次のように断る方法がおすすめです。

  • 友達として言ってくれてるのかもしれないけど
  • 彼氏に悪いからLINE交換はできません

「他の男と連絡取ると彼氏がうるさいから」と100%彼氏のせいにして逃げるのは、20代前半までしか許されません。いい歳した女性が、「彼氏がうるさいから」と他人のせいにすると、「なんで自分で決められないの?」と反感を買うことになるので注意が必要です。「彼氏に心配をかけたくないから」と、最終的には自分が判断した結果だと相手に伝わるようにすることがポイントです。

また、「友達として言ってくれてるのかもしれないけど」と前置きをすることで、「イタい勘違い女」と思われずに済みます。相手が恋愛感情を抱いていることが確実であっても、こう前置きしておいたほうが安全です。

裏代表
「彼氏に怒られるから」が許されるのは若いうちだけです。いい歳した大人が「彼氏に怒られるから」とか言っていたらドン引きされます。

職場の上司とLINE交換

職場の上司など、仕事上でLINE交換をする必要性があるときは、次のような方法がおすすめです。

  • まずは普通にLINEを交換する
  • プライベートな誘いがきたら断る

仕事上の必要性があるときは、「ごめんなさい」と最初から断ることはできません。「下心がある」と決めつけられているようで、男性は気分が良くありません。まずは普通にLINE交換をして、仕事にも利用するのが良いと思います。

途中でプライベートな誘いがあれば、その時点できっぱりと断ることが大切です。「彼氏がいるので」と、さきほどの例と同じようにお断りすれば問題ありません。

代表
まだ男性が何もしていないうちから嫌悪感を示すのはダメです。個人的な質問や誘いが実際にあってから、「これは迷惑です」と部分的に否定することが大事です。
裏代表
彼氏がどんな人かきかれたら、完全なデタラメだとボロが出るので、昔の彼氏のことを連想しながら答えるようにしています。

誘いを断るLINE/メールの書き方と最悪な具体例5つの解説

好きな男性が近くにいるとき

男性にLINE交換を提案されて、なおかつ好きな男性が近くにいるときは、次のような方法があります。

  • その男性を利用することを考える
  • 飲み会をセッティングしてもらう

「近くにいるとき」というのは、「LINE交換を持ちかけた男性と好きな男性が繋がっている」という意味です。近くで話を聞いているときだけではありません。

「彼氏がいる」は使えない

男性にLINE交換を持ちかけられたときは、「彼氏がいるので」と断る方法が最も簡単ですが、好きな男性が近くにいるときは使えません。好きな男性にまで、「彼氏がいるらしい」と伝わってしまうからです。

「気になっている男性が他にいて、今はその男性のことしか考えられない」などと純情な設定にする方法もありますが、詮索されたら面倒ですし、もし相手を特定されたら気まずくなるリスクがあります。

情報収集に利用する

いっそLINEを交換してしまって、本命の男性に近づくために利用する方法がおすすめです。まずはLINE交換を持ちかけた男性と友達になり、その輪を拡げていく感覚で本命男性の情報収集をしていきます。

「本命の男性」といっても、詳しく知らないことも多いので、第三者から評判を聞いておくことは有益です。上手くいけば、そのうち飲み会をセッティングしてもらえるチャンスがあるかもしれません。

しつこくされたら断る

個人的な誘いやLINEが頻繁で鬱陶しいと感じたら、「〇〇さんのことは恋愛対象として見られない」「これまで通り友達として仲良くしてもらえたら嬉しい」とその時点で断れば問題ありません。2人きりで会おうとしたのがいけなかったのか、連絡が頻繁すぎたのか、「どこがいけなかったか」が相手に伝わるようにすることがポイントです。

代表
利用というと聞こえは悪いですが、交友関係を拡げておいて損はありません。これは裏代表がおすすめする方法です。
裏代表
「他に好きな男性がいる」と言っちゃうと、「もしかして〇〇?それとも△△?」とだいたい詮索が始まると思います。内緒にしてとお願いしても絶対に広まるので、正直に話すことは私はありません。

街コンの男性とLINE交換

街コンでLINE交換を提案されたときは、次のような方法がおすすめです。

  • まずは笑顔でLINE交換をする
  • 「他に良い出会いがあった」と拒む
  • また会ったときは別れたことにする

街コンや婚活パーティーに参加するのは「出会いを求めている女性」ですので、「彼氏がいるので」とLINE交換を拒むことはできません。「恋愛対象とみられないので」と正直に言いづらいのであれば、まずは笑顔でLINE交換をしてしまうのが良いと思います。

このとき、絶対に嫌がっている素ぶりを見せないことがポイントです。少しでも嫌そうな表情を見せると、あとで理由をつけてやりとりを拒んだときに、「嘘っぽさ」が漂ってしまいます。

LINE交換をした男性からメッセージが送られてきたら、「ごめんなさい、他に良い出会いがあったので」と丁重にお断りしてください。同じイベントで知り合った他の男性と続いていることにします。LINE交換をした男性と、別の街コンで再会してしまう可能性もありますが、そのときは、「まえの男性とは長く続きませんでした」と説明すれば問題ありません。

代表
共通の友達とかがいて、彼氏がいないとバレているときは、どうやって断るんですか?
裏代表
「その情報は古いよ」「先週新しい彼氏できた」って言います。詳しくきかれたときは、昔の彼氏のことを思い出して、その人と付き合っているつもりで答えます。あまり嘘を重ねるとボロが出るので、必要最低限しか教えません。

まとめ

LINE交換を断る方法をまとめると次のようになります。

  • バレる嘘は反感を買うことになる
  • 相手のLINEが見られないのは危険
  • 「彼氏がいるから」は使いやすい
  • それ以外はしつこくされたら拒む

男性がLINE交換を持ちかけるのは、もちろん恋愛に発展させたいからです。「彼氏がいるから」と断ることは、シンプルですが非常に説得力があります。仕事や友達の付き合いでどうしても断れないときは、いったん笑顔でLINE交換をしておいて、しつこく誘われた時点で丁寧にお断りするのがトラブルになりにくいかと思います。

ブロックや未読スルーは全否定ですので、「どうしてそこまで拒絶されるんだ」と男性の反感を買うことになりますが、「プライベートな誘いには応じられない」「恋愛対象としてはみられない」と部分的に否定すれば、納得してくれる男性も多いです。

本記事では、LINE交換の誘いを上手に断る方法を紹介しました。「興味のない男性からLINEが毎日送られてくるのは鬱陶しい」と悩んでいる女性は参考にしてみてください。