DazzlingList

誘いを断るLINE/メールの書き方と最悪な具体例5つの解説

興味のない男性からデートに誘われたとき、億劫なのはお断りのLINEやメールを書くことです。気があると勘違いされてまた誘われるのも面倒ですし、かといってバッサリ断ってしまうのも恨まれそうで怖い、という女性も多いかと思います。

ほとんどの女性は、男性が考える以上に表現に気を遣い、相手を傷つけないように細心の注意を払っていますが、残念ながら、そんな繊細な意図は男性に伝わらないことが多いです。

本記事では、実際に女性が送る「お断りLINE」を男性が読んだときの心理を解説して、正しい返信LINEや返信メールの書き方を紹介します。

裏代表
「時間がない」や「先約がある」が定番の断り方ですけど、それだけじゃ気づかない鈍感な男性もいます。「今回は都合が悪かっただけ」とポジティブに考える男性も多いようです。
代表
それをポジティブと受け取られるのは心外です。「本当に都合が悪かっただけなら、こちらが勝手に脈なしと判断して、二度と誘わないのは失礼では」と考える男性もいます。

恨まれずにきっぱりと男性の食事を断る方法



お断りLINEの心配なポイント

男性の誘いをLINEで断るとき、女性は次のようなことを心配します。

  • 相手を傷つけて恨まれたりしないか
  • こちらに好意があると勘違いされないか

お断りLINEを作成するとき、この相反する2点を両立させる絶妙な返事が求められます。

LINEで誘われるのが嫌な理由top3

LINEで食事やデートに誘われることを女性が嫌がるのは、次のような理由からです。

  1. 対面で誘えない男性は気持ち悪い
  2. 返信しないと追い討ちが届く
  3. 予定があると断ると休みをきかれる

対面で誘えない男性は気持ち悪い

対面で誘えない男性を気持ち悪いと感じるのは、次のような理由からです。

  • LINEでだけハイテンションな男性は怖い
  • 実際に会ったときに盛り上がらなそう
  • そもそも2人で会うような関係じゃない

実際に会ったときは無愛想なのに、「LINEでだけハイテンション」という男性に嫌悪感を抱く女性は多いようです。表面と内面のギャップが大きいと、「何を考えているかわからなくて怖い」と感じる女性もいます。

また、「まだ2人で会うような関係じゃないのに、連絡先交換をきっかけに個人的な誘いが頻繁に届くようになってしまう」というのを嫌がる女性も少なくありません。

返信しないと追い討ちが届く

男性が追い討ちLINEや追い討ちメールをしてしまうのは、次のような理由からです。

  • 見落とされていると考える
  • 自分側に失言があったと考える
  • もっと詳しく説明したいと考える

LINEやメールを無視しているのに追い討ちで連絡があったとき、恐怖や怒りを感じる女性は多いです。

しかし、もちろん男性には「女性を怖がらせたい」という意図があるわけではなく、「誤解を避けたい」「振り向いて欲しい」という純粋な気持ちから行動していることがほとんどです。

男女間で意思疎通ができていないことが原因なので、この問題は解決できます。

予定があると断ると休みをきかれる

予定があると断られたとき、男性が休みをきいてしまうのは、次のような理由からです。

  • 2人で会うことは迷惑でなさそう
  • タイミングだけが悪かったと解釈する
  • また誘うのがマナーだと考える

「予定があるので」と断ることは、「予定がなければ行きたいのですが」と同じ意味だと受け取られます。女性にその気がなくても、「また誘って欲しい」といっているように聞こえてしまうかもしれません。一度誘ってしまった手前、「都合の良い日を尋ねることがマナーなんじゃないか」と男性が考えている可能性もあります。

代表
「あなたには興味がないんだから察してよ」という女性と、「興味がないなら言ってくれないと伝わらないよ」という男性の対立です。
裏代表
予定があると断るときは、あとで嘘だとバレないようにするのがポイントです。具体的な場所とか教えてしまうと、別の場所でばったり遭遇したときに辛いです。

ありがちな間違いLINEtop5

fear.man

男性の誘いを断るとき、女性が送りがちな間違いLINEを紹介します。

  1. 予定が合わないとだけ伝える
  2. 曖昧な返事をしてフェードアウト
  3. 就寝やスタンプをきっかけに終了
  4. 無視や未読スルーやブロック
  5. 友達と遊んでいる様子をSNS投稿

予定が合わないとだけ伝える

予定が合わないとだけ伝えるのがいけないのは、男性が次のように受け取るからです。

  • 予定さえ合えばOK
  • また誘わないと失礼
  • はっきり伝えないのは不誠実

「予定があるので」=「予定がなければ行きたいのですが」と解釈されてしまうことは、さきほど説明した通りです。「一度断られただけなのに、また誘わないのは失礼」と男性は考えて、また誘ってしまうかもしれません。もう誘わないで欲しいときは、別の断り方を考えたほうがお互いのためかと思います。

また、「予定が合わない」が何度も続くと、さすがに男性も「自分に興味がないんだな」と気づきますが、それを優しさとは絶対に受け取りません。「こっちは真剣に誘っているのに、曖昧な返事でスルーするなんて、不誠実な女だ」と反感を買いやすくなります。

恨みを買いたくないなら、むしろバッサリと断ることが正解です。

曖昧な返事をしてフェードアウト

think.man

曖昧な返事をしてフェードアウトすることは、次のような理由から好ましくありません。

  • 男性は女性からの返事を楽しみにしている
  • 好きな女性に約束を破って欲しくない
  • 断られるよりも忘れられるほうが傷つく

「予定がわかったら私から連絡します」などと返事を先延ばしにして、まずは男性から催促できない状況を作ります。そして、そのまま連絡を忘れたふりをしてフェードアウト、という手法です。このような断り方は、「男性を傷つけないので理想的」と考える女性もいますが、大間違いです。

男性は女性からの返事を待つとき、表面上は何食わぬ顔をしていても、内面はドキドキしながら楽しみに返事を待っています。そんな男性を放置して、いつまでも連絡をしないで離脱するのは、誠実さに欠ける行為であり、全然優しさではありません。そして、「最初から連絡する気もなかったんだ」と男性が知ったとき、バッサリと断られるよりも深く傷つきます。

男性はLINEやメールをビジネスライクに使っています。仕事で取引先に何か作業を依頼したとき、その依頼を断られるよりも、依頼を無視されることのほうが腹が立つと思います。男性にとって返事がないというのは、それくらい酷い対応だと理解してください。

連絡がなくて催促をしたときに、「ごめん忘れてた」で済まそうとする女性も多いですが、これも男性は傷つきます。女性が考える以上に、食事やデートに誘うことは勇気がいることです。「忘れられるような小事だったの?」と反感を買います。

代表
本当に忘れていたときは、「忘れてました」と正直に送るのではなく、「どうしても返信できない事情があった」と説明したほうが良いと思います。取引先にメールを書くようなイメージです。
裏代表
「こちらから連絡するね」と言っておきながら、フェードアウトするのは私の得意技です。このたび、代表からダメ出しされました。
代表
裏代表は普段から忘れっぽいので、「忘れてた」も信じてもらえそうな気がします。フェードアウトしようとして、向こうから催促の連絡がきたときはどうするんですか?
裏代表
「彼氏ができたから、ごめんなさい」と返信します。真面目な女をアピールして、彼氏以外の男性とは絶対に食事に行かないという姿勢を貫きます。
代表
忙しくて返事を保留していたはずなのに、彼氏ができるなんておかしな話です。

就寝やスタンプをきっかけに終了

就寝やスタンプでなんとなく会話を終了させるのは、次のような理由で好ましくありません。

  • 明確な答えがあるまで男性は忘れない
  • はっきり答えないと不誠実だと思われる

LINEやメールのやり取りが長引くと、就寝やスタンプをきっかけに、なんとなく会話を終了したくなることがあります。ですが、はっきりとした返事を伝えるまで、男性とのやり取りが自然消滅することはありません。就寝やスタンプでは、せいぜい中断するだけです。

例えるなら、男性は飲み会の幹事のようなものです。出欠の確認をしたい幹事に対して、「予定が合えば行きます」や「ごめん、昨日は寝てしまって」では返事になりません。曖昧な返事は、不誠実な態度を男性に受け取られるので注意してください。

無視や未読スルーやブロック

ブロックや着信拒否がいけないのは、次のように男性が感じるからです。

  • 好意が迷惑と受け取られた
  • 話が通じない相手だと思われた
  • 無視されるのは納得できない

iPhoneに相手の名前が出なくなっただけで、「問題が解決した」と考えるのは明らかな錯覚です。見えないところで憎しみが増幅しているかもしれないので、ブロックや着信拒否は危険です。

男性はもちろん純粋な好意からアプローチしています。女性にとっては実際に迷惑でも、「しつこく誘った」という自覚が本人になければ、「この程度でブロックするなんて人間としてどうなの?」と反感を買ってしまうかもしれません。

友達と遊んでいる様子をSNS投稿

友達と遊んでいる様子をSNS投稿するのは、次のような理由から好ましくありません。

  • 絶対に優しさとは受け取られない
  • 悪質な当てつけだと思われる
  • 無神経な女性と思われる

「その日は予定があって」と断っておきながら、その日友達と遊んでいる様子をあえてSNS投稿する、という女性もいます。「その男性の優先順位が低いことを知って欲しいから」という意図があるようですが、男性には単なる当てつけと解釈されます。自分から恨みを買うようなものなので、おすすめできません。

裏代表
SNS投稿のやり方は最悪ですね、殺意を持たれても文句は言えません。無視も絶対ダメです。私はこの世で一番怖いものは生き霊だと思っているので、これまで無視した経験は1人だけです。
代表
裏代表と話していると、生き霊というワードが頻出します。どうしてその1人は無視したんですか?
裏代表
「結婚したから、もう返信できないよ」と断ったにも関わらず、しつこくLINEを送ってくるので、未読スルーしています。メッセージが見られないのは怖いので、ブロックはしていません。