DazzlingList

神様や幽霊の存在を理系の人間が信じないのはなぜか?

女性の占い好きについて記事を書いているのですが、神様や幽霊など、スピリチュアルな世界のことを理系の人間(僕のことです)はどう捉えているのか、ということを今回は書こうと思います。



神様や幽霊は存在するのか

「神様は存在するのか?」ときかれたら、「神様の定義によります」と僕は答えます。

たとえば、「ウシは神様だ」と定義している宗教の信者にとっては、神様は実在することになります。「信じる者を救ってくれる見えない存在が神様だ」と定義するなら、「信じていたおかげで救われた」あるいは「信仰心が足りなくて救われなかった」と解釈できる人にだけ神様が存在することになります。

つまり、神様や幽霊が存在するかどうかを議論するなら、最初に「神様とは」「幽霊とは」と定義する必要があるわけです。「理系の人間はすぐ『定義しろ』と言いやがる」と文句を言いたくなるかもしれませんが、それは定義によって結論が変わるからであり、仕方ないのです。

科学では証明できないのか

「幽霊が存在しないとは科学では証明できていない」ともよくいいますね。

存在を証明することに比べて、存在しないことを証明することは困難で、ほぼ不可能です。幽霊というのは、「どんな波長の光も透過してしまうだけでなく、質量もない」という設定なので、この世のいかなるセンサーを使っても存在を確認できません。「科学で存在を証明できないものが幽霊だ」と定義しているようなものです。

だから、「幽霊が存在しないとは科学では証明できていない」といわれても、理系の人間は「それはそうだろう」と思うだけです。また、「人間もセンサーも感知できないのだから、存在してもしなくても一緒では?」と考えています。

心霊現象はなぜ起こるのか

そうはいっても、「写真に幽霊が写ることもある」「金縛りを体験したことがある」という反論があるかと思います。「こういった心霊現象が確認されているのだから、やっぱり幽霊は存在するのではないか」という主張です。

テレビでは「幽霊の存在を認めない限り、この現象は説明できない」などと誇張しますが、それを鵜呑みにするのもどうかと思います。「いくらでも科学的に説明できるでしょ」というのが客観的な見方です。ピラミッドも、「当時の技術では建設不可能だった」といわれますが、「あれくらい当時でも作れたんじゃないの?」と疑問を持つべきです。

また、本当に科学で説明できない現象を見つけたとしても、それをすぐさま「幽霊の仕業だ」と決めつけるのは強引ではないかと思います。未確認飛行物体のことを「UFO」と呼び、そこには雲や鳥などの誤認も含まれますが、これと同じように原因が未確認の現象を「心霊現象」と定義するなら良いと思います。

ちなみに、金縛りの原因はレム睡眠ではないか、といわれています。コーヒーを飲んで20分昼寝すると良いらしいという記事で詳しく書いたので、興味のある方は参考にしてみてください。

占いや宗教は詐欺なのか

占いや宗教は、人の弱みにつけこんだ商売ですが、それを非難するなら医療や保険も非難されるべきです。また、ないものをあるように見せる手法がいけないなら、フィクションの映画やマジックショーもダメという話になります。

占いや宗教で救われる人がいるのは事実です。奴隷として支配されながら生きるしかない人は、「来世で幸せになれますよ」という教えが救いになりますし、死んでしまった相手に謝りたい人は、「その人はあなたを許していますよ」という嘘が救いになります。

「それでも現実を受け止めるべき」という意見もあるとは思いますが、たとえばガン患者に病名を伝えるとき、それによるショックで患者が自殺してしまう可能性があるときは、医師や告知を見送ることがあります。現実を受け止めるだけの精神的あるいは時間的余裕がない人には、夢を見せてあげるのも一つの手法として認められるべきだと思います。

まとめ

この記事の内容をまとめると次のようになります。

  • 神様や幽霊が存在するかはそれらの定義による
  • 存在しないことを科学で証明できないのは当然
  • 人間も機械も感知できないなら存在しないのと一緒
  • 「科学では説明できない現象」は鵜呑みにしない
  • それでも占いや宗教が必要とされる場面はある

夢のない話を書きましたが、僕も子供のときは宇宙人とかUFOの番組が大好きでした。でも、それを最後まで観ても、「なあんだ」とがっかりすることばかりで、すっかり諦めてしまった、という履歴があります。テレビには裏切られましたが、科学には裏切られたことがないので、僕は理系になったのだと思います。

Profile image
このブログの執筆者キカガクです。
平成1年生まれの現役薬剤師。田舎山形の豪雪地帯に在住。現在は小児科クリニックの門前に勤務。メンタルケアに興味があり、心理学周辺を勉強中。SNSで医療や人間関係のヒントを発信しています。
See more info