DazzlingList

LINEでブロックした/されたときの画面表示と確認方法

LINEで友だちをブロックすると、トークや無料通話の機能は使えなくなりますが、グループトークは引き続き利用できます。ブロックされた側は、新たに送ったメッセージがいつまでも既読にならないので、自分がブロックされたことに気づく可能性が高いです。

本記事では、LINEにおけるブロックする側/される側の画面表示について紹介しています。「ブロックしたい相手がいるけれど、どんなふうになるのか知りたい」という方は参考にしてみてください。

代表
ブロックすると、相手からのメッセージを読むことができなくなります。ストーカーなどのリスクがあるときは、安易にブロックするのは危険なのでおすすめしません。
裏代表
スタンプをプレゼントすると、自分がブロックされているかどうか調べられるみたいです。トークが既読にならないだけだと、無視されてるだけかブロックされてるのかわからないので、便利だと思いました。

LINEでブロックされる理由やブロックされやすい人の特徴は、下記の記事で紹介しています。

LINEがブロックされる具体的な理由とブロックされる人の特徴



相手をブロックする方法

LINEで友だちをブロックすると、1対1のトークメッセージや通話などを受け取らないように設定することができます。

友だちリストからブロックする方法

  1. 友だちリストの画面でブロックしたい相手を左スワイプ(iPhone)or長押し(Android)。
  2. 表示されたメニューから「ブロック」をタップする。

iPhoneはブロックしたい友だちを左スワイプ→ブロック

Androidはブロックしたい友だちを長押し→ブロック

友だち編集画面からブロックする方法(Android)

  1. 友だちリストの右上の編集ボタン(3点リーダ)をタップする。
  2. 表示されたメニューから「友だち編集」をタップする。
  3. ブロックしたい友だちを選択して「ブロック」をブロックをタップする。

友だち編集画面でブロックしたい友だちを選択→ブロック

トーク画面からブロックする方法

  1. トーク画面の右上の∨をタップする。
  2. 表示されたメニューから「ブロック」をタップする。

トーク画面右上のVアイコンでメニューを開く→ブロック

友だち追加の画面からブロックする方法

  1. 「知り合いかも?」やグループ内の友だちでないアカウントをブロックする方法です。
  2. 友だちでないアカウントのアイコンをタップして、「ブロック」をタップする。

友だちでないユーザーをトーク画面からブロックする方法

トークメッセージが送られたときに、「友だちとして追加されていないユーザーです。メッセージの内容にご注意ください。」と表示されていれば、相手は友だちでないユーザーです。

  1. 友だちでないユーザーから送られてきたトークメッセージ画面を開く。
  2. 画面上部の中央にある「ブロック」をタップする。

ブロックを解除する方法

  1. 友だちリストの画面で左上の歯車アイコンをタップする。
  2. メニューに表示される「友だち」をタップする。
  3. 「ブロックリスト」をタップして、解除したいアカウントを探す。
  4. 解除するアカウント右側の「編集」から「ブロック解除」をタップ。

ブロックができないケース

LINEには、ブロックすることができないアカウントが一部にあります。

  • LINE公式アカウント
  • 一部の迷惑アカウント

「LINE」「LINE Points Notice」などの公式アカウントは、ブロックすることができないように設定されています。また、スパムメッセージを送ってくる迷惑アカウントの一部も、ブロックや通報ができない場合があります。この原因は不明ですが、すでにアカウントが削除されている可能性があります。

ブロックをした側の画面表示

smart-phone.lady

ブロックをされた側の画面表示こちらです。

友だちリスト

  • 相手は非表示になり、見られなくなります。

トーク

  • これまでのトーク履歴はお互いに残り、読むことができます。
  • 相手から新たに送られたメッセージは表示されず、読むことはできません。
  • 自分から新たにメッセージを送ることはできず、入力欄に「ブロック中」と表示されます。

通話

  • 無料の音声通話やビデオ通話は、発信することができません。
  • 不在着信の履歴も表示されません。
代表
LINE Outで電話番号を指定して発信することはブロック後も可能です。
裏代表
LINE Outなんか使ったことないです。どうやって使うのかも知りません。

グループ/複数人トーク

  • 自分からメッセージを送信することは可能で、相手も読むことができます。
  • 相手から新たに送られたメッセージも正常に届き、読むことができます。
  • グループ通話もこれまで通り利用することができます。

タイムライン/ホーム

  • 相手のホームには訪問できなくなります。
  • 自分のタイムラインに表示されていた相手の投稿も消えます。
  • 相手が自分の投稿につけたコメントやいいねは消えません。

アルバム/ノート

  • アルバムやノートは見ることができなくなります。

代表
少し前までは、ブロックしてもアルバムやトークは見ることができました。2018.6現在は、ブロック中はアルバムを開くことができなくなったみたいです。

ブロックをされた側の画面表示

fear

ブロックをした側の画面表示こちらです。

友だちリスト

  • これまで通り相手が表示されます。

トーク

  • これまで通りのトーク画面が表示され、ブロックされたことは一見わかりません。
  • 新たにメッセージを送ることもできますが、実際には相手に届いていません。
  • ブロック中に送信したメッセージは、いつまでも既読になることはありません。

通話

  • これまで通り発信することができますが、相手には着信が通知されません。
  • ブロックされたのか、電話に出ないだけなのか、区別できません。
  • トーク画面に表示される発信履歴は、いつまでも既読になりません。
代表
呼び出し音もこれまで通りで、「この友だちには発信できません」といった音声メッセージが流れることもありません。

グループ/複数人トーク

  • グループや複数人トークのメッセージはお互いにこれまで通り利用できます。
  • グループ通話も利用することができます。

タイムライン/ホーム

  • 相手のホームを訪問すると、投稿の有無に関係なく「投稿がありません」と表示されます。
  • タイムラインにあった相手の投稿も全て消えます。

ひとこと/プロフィール画像

  • プロフィール画像、カバー画像、ひとこと(ステータスメッセージ)は見ることができます。
  • ブロックされた後のこれらの変更も反映されます。

アルバム/ノート

  • アルバムやノートの新規投稿や追加は可能ですが、相手は見ることができません。

ブロックする側はアルバムやノートは見られない

ブロックされたことを調べる方法

think.man

スタンプをプレゼントできない

LINEでブロックされている場合、「すでにこのスタンプを持っているためプレゼントできません。」と表示されます。相手が持っていなそうなスタンプをいくつかプレゼントしてみることで、ブロックされているかどうかを予測できます。

トークが既読にならない

ブロックされている場合、トークメッセージや通話の発信をしても、実際には相手に通知されません。いつまでも既読にならないときは、ブロックされているか、ブロックせずに無視しているかのどちらかです。

代表
ブロックされているのか、無視されているだけなのか、なんてどっちでもいい気がしますけど、よく検索されているので気にする人が多いみたいです。相手の安否を気遣っているということでしょうか。
裏代表
危ない人だと思ったら、私は怖いので絶対にブロックはしないです。既読にすると連絡が増えそうだから、未読のままにしますけど。
代表
裏代表みたいにブロックせずに無視を続ける人もいるでしょうから、ブロックされてると思っても、相手に見られて困ることを送るのはやめたほうがいいですね。

ホームの投稿が全て消える

相手のホームを訪問して、「まだ投稿がありません。」と表示されていればブロックされている可能性があります。それまで閲覧できていた投稿があったなら、ほぼ確実にブロックと考えられます。

ブロック/削除/非表示の違い

削除は取り消すことができない

LINEで「ブロック」は解除することができますが、友だちの「削除」は取り消すことができません。削除した友だちと、またやりとりをする必要が生じたときは、もう一度友だちに追加する必要があります。それ以外は、ブロックとほぼ同じ処理です。

非表示はただ見えなくなるだけ

「非表示」にすると、その友だちがリストから消えますが、トークや通話といった機能は、それまで通りお互いに使うことができます。新たにメッセージが送られてきたときは、非表示が解除されて再び表示されます。

LINEでブロックされる理由やブロックされやすい人の特徴は、下記の記事で紹介しています。

LINEがブロックされる具体的な理由とブロックされる人の特徴

まとめ

LINEのブロック機能についてまとめると次のようになります。

  • ブロックするとトークや通話機能が使えなくなる
  • 相手はブロックなのか無視なのかほぼ見分けがつかない
  • グループや複数人トークは引き続き利用することができる
  • 1対1トークのアルバムやノートは引き続き利用できる
  • ブロックされるとスタンプをプレゼントできなくなる
  • ブロックされると相手ホームの投稿が見られなくなる
  • 「ブロック」は取り消せるが「削除」は取り消すことができない

本記事では、LINEにおけるブロックする側/される側の画面表示について紹介しました。「ブロックしたい相手がいるけれど、どんなふうになるのか知りたい」という方は参考にしてみてください。