DazzlingList

LINEを使って片思いを攻略する3つのステップ

憧れの相手の連絡先を入手できたからといって、「もう2人の恋愛は始まっている」と勝手に思い込んで、ひとりで盛り上がるのは良くありません。イタい言動で引かれてしまい、関係がギクシャクする原因になります。

本記事では、LINEを使って片思いを攻略する方法を紹介しています。

  • 片思いだからLINEをするきっかけがない
  • 仲良くしたいけど気まずくなるのが怖い

このような悩みを抱える方は参考にしてみてください。

代表
LINE交換したからといって、それを「恋人の一歩手前」と勘違いするとイタい思いをします。名刺交換みたいに軽いノリでLINE交換をする人も多いです。
裏代表
実際会ったときに恋愛に発展しそうな雰囲気がなかったら、いくらLINEでアプローチしても迷惑がられるだけだと思います。LINEで仲良くなろうとは思わないほうが良いです。



LINEに過剰な期待をしない

think.man

憧れの相手の連絡先を入手できたからといって、「もう2人の恋愛は始まっている」と勝手に思い込んで、ひとりで盛り上がるのは良くありません。イタい言動で引かれてしまい、関係がギクシャクする原因になります。

「LINEでやりとりを続ければ仲良くなれる」というのは、あながち間違いではありませんが、そもそも相手が望まなければLINEを続けることはできません。「必ず質問を入れる」など、小手先のテクニックで相手が望まないLINEを無理やり続けても意味はありません。

まずは、LINEに対して過剰な期待を抱かないことが大切です。

LINEを使ってできること

smart-phone.gentleman

それでは、LINEを使ってできることは何か、というと次の3つです。

  1. 食事や遊びに誘う
  2. 質問や相談をする
  3. 有益な情報を提供する

それぞれにポイントがありますが、「相手に合わせてカスタマイズしたメッセージを送ること」は常に重要です。

例えば、有益な情報提供といっても、「東大生のノートの取り方」を受験生でもない相手にいきなり送っても意味不明です。「相手にとって有益な情報かどうか」がポイントです。

LINEを送るきっかけについては、別の記事で詳しく紹介しています。
LINEを送るきっかけと迷惑にならない2つのポイント

代表
片思い中は、質問したいことはたくさんあっても、なかなか連絡をするきっかけがなくて困ります。「こんなことで連絡をしていいのだろうか」と悩むことも多いです。

食事や遊びに誘う

「片思いなのに食事や遊びに誘っても大丈夫なの?」と不安に感じるかもしれませんが、大丈夫です。ただし、頻繁に同じ相手を誘って迷惑にならないように注意する必要はあります。

例えば、同窓会や忘年会に誘われたからといって、その人を避けるようなことはありません。関係が気まずくなったり、噂が広まったりするのは、誘ったからではなく告白したからです。この点に注意さえすれば問題はありません。

「あなたともっと仲良くなりたいので食事に行きたいです」と誘ったら、もちろん気まずくなるリスクがあります。このときは、「誘いを断る=相手を拒絶する」というニュアンスを含むからです。

裏代表
「もうすぐクリスマスですね」とか、回りくどい言い方をする女性もいるけど、「面倒くさい女」と思われないか私は不安になります。一緒にご飯に行きたいなら、ストレートに誘ってもらったほうがいいです。

質問や相談をする

smart-phone.lady

片思い中に意識しなければならないのは、自然なLINEです。もう少し説明するなら、送る必然性のあるLINEが求められます。

職場でたまたま顔を合わせた同僚に「おはよう」とあいさつすることは自然ですが、そんなに親しくない相手にLINEで「おはよう」と送ることは、なれなれしいと思われるリスクがあります。メッセージ内容は軽くても、「わざわざそのためにLINEを送ったのか」と重いと感じられます。あいさつをするためだけに個室を訪ねるような行為です。

その点、質問や相談には必然性があり、LINEを受け取る側も納得して返信できることが多いかと思います。その場合も、その相手に質問や相談をしようと考えた根拠を示すことが望ましいです。例えば、「〇〇さん薬剤師でしたよね?弟がずっと熱が下がらないんですけど、どうしたらいいですか?」という具合です。

裏代表
どうでもいい質問で無理にLINEを続けようとする男性もいますけど、相手を退屈にさせるだけで恋愛には発展しません。「そんなこと聞いてどうするの?」って質問もダメです。
代表
プライベートな質問は「面倒くさい」と思われやすいですが、その人にとって重大な悩みとかなら、「助けてあげたい」と思うかもしれません。優しさにつけ込むような感じで汚いですが。

有益な情報を提供する

有益な情報というと表現は固いですが、そんなに難しいものではなく、例えば、お礼や報告などでも十分です。

「こないだ教えてもらったイタリアン美味しかったです」「同級生の〇〇が結婚するらしいですよ」などのLINEは、送られて迷惑になることはほぼありません。たまに、「そんな報告いらなかった」と腹を立てる人もいますが、無視していいと思います。

このようなLINEを送るためには、相手の好みや所属に関する情報や接点がある程度必要です。「相手のことを何も知らない」というときは、知り合った場所などを話題に挙げることもできます。例えば、居酒屋で知り合った相手なら、「あそこで新しく〇〇ってメニューを始めたらしいよ」という具合です。

片思いで送るべきでないLINE

片思い中に送るべきでないLINEをまとめました。

  • 恋人気取りの提案や質問
  • 空気を読めない長文
  • 日記のような自分語り
  • 返信が早すぎる
  • 退屈な質問の繰り返し

恋人気取りの提案や質問とは、「クリスマスは予定ある?」「〇〇で夜景を見ながらディナーでもどう?」といったLINEです。まだクリスマスや高級ディナーを一緒に楽しむような間柄でないときに、このようなLINEが送られてくると、なれなれしいと思われるので注意する必要があります。

他の送るべきでないLINEについては、別の記事で詳しく紹介しています。
未読スルーされるLINEの5つの特徴

裏代表
私もテンション上がり過ぎて、既読になってないのにLINE送りまくってたらブロックされたことがあります。
代表
ここでは紹介していませんが、卑屈すぎるLINEも嫌われます。「私なんかでよければ」などの言い回しです。

LINEで片思い攻略する3ステップ

片思いといっても、個々の考え方や関係性も千差万別ですので、「こうすればいい」と一概にはいうことはできません。

ここでは、「お互いに簡単な近況は報告するけれど、プライベートな付き合いはほとんどない元同僚」を想定してLINE活用方法を紹介します。「役に立ちそうだ」と感じられた方は、参考にしてみてください。

たまに近況やおすすめ情報を伝える

新年の挨拶や大きなイベントの前後、元同僚であれば重要な定期業務などのきっかけがあれば、チャンスを逃さずLINEを送るようにします。「お久しぶりです、〇〇で忙しい時期だと思いますけど、お元気ですか?」といった内容で十分です。

続いて、自分の近況や相手が興味を持ちそうなニュースについて書きます。このように、「連絡を途絶えさせないこと」「相手の反応を定期的に探ること」は片思いであれば大切です。

こういったLINEすら無視されるようであれば、残念ながら諦めるべきかと思います。

代表
「LINEが原因で嫌われた」と誤解している人も多いですが、だいたいは最初から興味がなかっただけだと思います。

相手の反応を見ながら会話を広げる

couple.first-contact

「自分の話を積極的にしてくれる」「話題が次々に展開していく」など、相手も楽しんでいるような様子があれば、そのままLINEでやりとりを重ねて問題はありません。相手が楽しくなさそうなら、いさぎよく諦めるか、また期間を空けてから連絡する以外にありません。

好意的な返信があったからといっても、はしゃぎすぎると引かれることがあるので注意が必要です。「相手のメッセージは2行なのに自分は20行で返す」「相手は返信に数時間かかるのに自分は数分で返す」などは、気持ち悪いと思われる原因になります。

恋愛対象として好意を抱いていることを前面に出しすぎると、「好意に応えられない」と相手が感じて、距離を置かれてしまうことがあります。LINEを送るときは、「自分だけが盛り上がってないか」と自問しながら冷静に内容を考えることが大切です。

LINEが盛り上がれば食事に誘ってみる

LINEのやりとりをお互いに楽しめているようなら、食事や遊びに誘ってみます。繰り返しになりますが、「告白にならないこと」が重要なポイントです。同窓会や忘年会など、自然に誘えるイベントがあれば最大限に活用するのが良いと思います。

また、気まずい関係にならないために、相手がラクに断れるような誘い方をすることも大切です。

「○月○日に〇〇駅近くの寿司屋で忘年会があるんだけど、一緒に行かない?」と日時や場所を指定して誘うことで、「その日は先約があるから」「知らない人が多いから」「寿司は苦手だから」と、相手はいろいろな口実で断ることができます。

「断られたくない」という気持ちが強すぎると、相手の休みを先に確認するなど、逃げ道を塞いでから誘ってしまうこともありますが、これはおすすめしません。「あなたと一緒には行きたくありません」と自分から言わせるようなものですし、返事に困って連絡が途絶えてしまうかもしれないからです。

親しい友達や家族を食事に誘うときのように、断られてもまた気軽に誘える関係性を維持することが大切です。

LINEで食事に誘うときのポイントは別の記事で詳しく紹介しています。
食事に誘うLINEの書き方と女性がドン引きする3つの具体例

代表
相手が断りづらい状況を作って、無理やりOKをもらってもダメです。断られたら、また誘えばいいんです。
裏代表
本当に都合が悪かっただけかもしれないですしね。「この日なら大丈夫だよ」って、女性のほうから提案してくれるなら脈ありです。

脈ありサインについては別の記事で詳しく紹介しています。
女性が送る脈ありLINEの無自覚な3つの共通点
男性が送る脈ありLINEの3つの特徴

まとめ

LINEで片思いを攻略する方法をまとめると次のようになります。

  • まずは相手に「仲良くなりたい」と思わせる
  • 「誘い」「質問」「報告」などは歓迎されやすい
  • 日記のようなどうでもいいLINEは送らない
  • きっかけを見つけたら連絡して反応を窺う
  • 相手が楽しそうなら会話を広げる
  • 日時や場所を指定して食事に誘う

本記事では、LINEを使って片思いを攻略する方法を紹介しました。「片思いだからLINEを送るきっかけがない」「仲良くしたいけど気まずくなるのは嫌だ」という方は参考にしてみてください。