DazzlingList

街コンで好感を持たれるプロフィールの書き方

プロフィールをいい加減に書くと、「真剣に相手を探していない」と思われて、会話が盛り上がらなくなったり、連絡先の交換に応じてもらえなくなるといったことにつながりかねません。街コンにおいて、プロフィールシートは第一印象を決定づける重要なものですので、よく考えて、空欄のないように丁寧に記入することが大切です。

本記事では、街コンプロフィールの書き方のコツを紹介しています。「なかなか会話が盛り上がらない」という方は参考にしてみてください。

代表
空欄が多かったり、説明してくれないと理解できないような職業や趣味が書かれていると、「真剣に相手を探していない」「相手に伝わるように配慮ができない」と見なされてしまいます。
裏代表
私は小さい文字で書いてあったらイヤだな。気が小さい人に見られると思います。あと、イラストが描けるならワンポイントに描いたほうが印象づけられますよ。自分の回答に関連するイラストがGOODです。



プロフィールに求められる条件

プロフィールシートは、イベント主催者のために書くものではなく、これから出会う相手のために書くものです。ただ項目を埋めるのではなく、「どんな人物がモテるのか」を想像して、書くべきことをしっかりと計算して書く必要があります。

  1. 信用できる人物であること
  2. 一緒に生活できると思えること
  3. 印象に残る部分があること

街コンやお見合いパーティのプロフィールに求められる条件は、上記の3つです。

信用できる人物であること

職場で知り合った異性、友達に紹介された異性などと比べて、街コンやお見合いパーティなどのイベントで知り合う異性は、「素性がわからない」という心配事があります。男性はそこまで気にならないかもしれませんが、女性はよく知らない男性と2人になることや連絡先を教えることに抵抗を感じます。「自分は安全な人間だ」と示すことは非常に重要です。

代表
プロフィールシートだけじゃなく、言葉遣いとか表情も大切です。外見で審査をクリアしたら、次に審査されるのが「安全な人物かどうか」だと思います。

一緒に生活できると思えること

街コンで異性と知り合うときは、相手の中に許せない部分がないかを探るように減点方式でチェックします。例えば、趣味の欄に「寝ること」や「パチンコ」、好みのタイプに「年収800万以上」や「細身の美人」などと書かれているだけで、会話が盛り上がらなくなるということがあります。減点されないプロフィールを目指すことが大切です。

印象に残る部分があること

街コンやお見合いパーティでは、限られた時間でたくさんの相手と知り合うため、ユニークな部分がないと忘れられてしまいます。「女医さん」「ブログの人」など、職業や趣味が珍しいものであれば、印象に残りやすくなるので有利です。かといって、あまりマニアックなことを書いて共感が得られないと、マイナス評価につながるので注意が必要です。

街コンプロフィール作成のコツ

think.man

街コンやお見合いパーティでプロフィールを作成する上で、気を付けたほうが良いポイントをまとめました。

丁寧に書いて誠実さをアピール

誠実さをアピールするために、次のようなことに気を付けます。

  • 綺麗な字で書くこと
  • 空欄を埋めること
  • イラストも頑張ること

綺麗な字で書くこと

プロフィールをいい加減に書いてしまうと、真剣に相手を探していないと見なされてしまいます。できる限り丁寧な文字で記入して、真剣度をアピールする必要があります。

空欄を埋めること

あまり個人情報を公開したくないという気持ちはわかりますが、ただでさえ初対面で相手は緊張しているのに、プロフィールも未記入ばかりでは信用を得ることはできません。「特技なんかない」と困ったときでも、「走るのが速い」「早起きが得意」など何でも良いので、空欄を埋めようと努力する姿勢が大切です。

イラストも頑張ること

プロフィールシートにイラストを描くスペースが用意されている場合もあります。そういうときは、イラストが苦手でも何か描くべきです。何も描かずに格好つける人よりも、下手でも頑張って描いてくれる人のほうが好感が持たれます。空欄を埋めようと努力する姿勢が評価されます。

代表
せっかく書いたプロフィールも、じっくり読む時間はないかもしれません。それでも、全ての項目を書いてくれたかどうかはチェックされていると思います。

具体的に書いて印象に残る

具体的に書くことの利点は次の通りです。

  • 印象に残りやすくなる
  • 会話が広がりやすくなる
  • 誠実な印象を与えられる

印象に残りやすくなる

趣味の欄に、「映画」と書いてあるより、「ジブリ映画」と具体的に書いてあったほうが、他人との違いをアピールできて、印象に残りやすくなります。固有名詞や数字を使って表現することがポイントです。趣味が料理ならば、「週に2回は料理をします」などと書くことで、生活スタイルをイメージしやすくなり、記憶に残ります。

会話が広がりやすくなる

また同じ例ですが、「映画」よりも「ジブリ映画」のほうが、連想が働きやすくなって、会話が広がりやすくなります。あまりマニアックなことは書くべきではありませんが、相手に共感してもらえそうなことなら、具体的に書いたほうが有利です。

誠実な印象を与えられる

職業の欄に「会社員」や「営業」と記入する人も多いですが、「どうしてもっと詳しく書かないの?」と思われます。「何か後ろめたいことがある」「歩み寄る姿勢が感じられない」とマイナス評価されることが多いので、具体的に書いたほうが良いと思います。

一緒にいて楽しそうと思わせる

一緒にいて楽しそうと思われるポイントは次の通りです。

  • 時間や金の使い方に共感できる
  • 収入や立場が安定している
  • 将来像に大きな不一致がない

時間や金の使い方に共感できる

趣味や休日の過ごし方などから、一緒にいて楽しそうかどうかをチェックされます。これらの項目は、ユニークさよりも共感が求められるようです。男性が競馬や車好きをアピールしても、「無駄遣いしそう」「価値観が合わない」と女性には評価される傾向があります。同様に、女性がブランド品や美容好きをアピールしてもマイナス評価になることが多いです。

収入や立場が安定している

当たり前のことですが、定職に就いていないことは減点対象となります。「今はアルバイトだけど大きな夢がある」などは、友達としては面白そうですが、パートナーを探す場ではウケが悪いようです。「一緒に生活しても困らない」と思えることが大切です。介護や仕送りをしなければならない家族がいることもマイナス評価です。

将来像に大きな不一致がない

こだわりが強い人よりも、平凡な価値観の人のほうが好まれる傾向があります。「○歳までに子供を2人欲しい」「2年以内に結婚したい」など、自分の希望を語りすぎるとミスマッチを増やすだけなので注意が必要です。ただし、「子供はいらない」「結婚は絶対しない」など確固たる考えがあるなら、お互いに時間を無駄にしないためにも最初に伝えるべきだと思います。

代表
「両親と同居できる人」と書いている男性がいましたけど、そういう希望は付き合うことになってから伝えても遅くありません。「好きだから許せる」ということはあっても、「最初からわかっているなら避けたい」という人が多数です。
裏代表
あまり重要なことだと早めに言っておかないと詐欺になるから、タイミングが難しいですよね。「実は子供が作れない」とかは、いつ伝えるかは相手にもよると思います。

具体的な記入項目

couple.lunch

次の3項目について、具体的な記入方法を紹介します。

  • 職業・職種
  • 趣味・休日の過ごし方
  • 好みのタイプ

職業・職種

「会社員」や「営業」としか書かないことは、「私はどこにでもいる退屈な人間です」「仕事はお金をもらえれば何でもいいです」とアピールするようなものです。もっと具体的に書いたほうが、誠実な印象を与えられますし、親近感や興味を持ってもらうきっかけにもなります。

例えば、「接客業」と書かずに「ドラッグストア(医薬品担当)」などと書いたほうが、仕事にプライドを持っているように見えます。抽象的に書くと、「あまり詳しく言いたくないのかな」と相手に気を遣わせてしまうこともあります。

また、職業欄だけではありませんが、専門用語や略語を使うことは避けたほうが良いと思います。ドラッグストアで化粧品の販売や相談をする人のことをビューティーアドバイザー(BA)といいますが、職業の欄に「BA」と書いてあっても、伝わる相手は限られます。「専門職アピールがウザい」「わかるように書けないの?」と反感を買うだけなので注意すべきです。

代表
「質問のきっかけになるので、あえて専門用語を使っている」という人もいましたけど、「質問してまで知りたくない」という人が多いかと思います。

趣味・休日の過ごし方

「一緒にいて楽しそうだ」と思えるかどうかは、趣味や休日の過ごし方の欄にかかっています。相手に共感してもらえる内容を書くことがポイントです。男性が競馬や車好きをアピールしても、女性には理解してもらえません。同様に、女性がブランドや美容好きをアピールしても、男性には理解してもらえません。

食べ物に関連した趣味は、一緒に楽しめそうと感じてもらいやすいかと思います。「牛肉博士です」などと書けば、「どこのお店がおすすめですか?」といった話題から、「今度一緒に行ってみませんか?」という誘いにもつながります。

マニアックな趣味は求められていませんが、「こういう人と知り合いたい」という希望がはっきりしているなら、趣味や休日の過ごし方の欄でアピールするのは有効です。「日曜は喫茶店が併設された図書館で1日過ごすのが私の贅沢です」などと書けば、「読書をする人」が反応してくれるようになります。マッチングは数ではなく質なので、こういった書き方も場合によっては大切です。

代表
共感を意識するのは大事ですけど、嘘を書くのは良くありません。「昔、異性にドン引きされたので」という理由で、ゲームの趣味を隠して婚活している女性がいましたけど、もったいないと思いました。
裏代表
正直に書けば、気が合う人が見つかるかもしれないってことですよね。「趣味を理解してくれる人じゃなきゃ無理」って人は、正直に書いたほうが良いと思います。

好みのタイプ

希望条件を正直に書いたところで、希望通りの相手が現れるわけでもなく、ただ反感を買ってしまうだけですので、好みのタイプは、自分の価値観に共感してもらうことを重視して書くべきです。「細身の美人」や「身長175cm以上」など、身体的なことを書くと、偉そうだと思われます。年収や学歴などの条件を書くのも嫌われます。

相手に求める条件というより、「自分はこういう人物を尊敬します」という自己紹介のつもりで書くのが良いかもしれません。「優しい人」「誠実な人」などは、面白くありませんが無難です。「約束の時間に遅れない人」など、心がけ次第で誰でも該当するようなこと、具体的で共感しやすいことが好まれます。

裏代表
「エステが大好きです」と書いても、「お金がかかる女だな」と思われるだけです。私は婚活で「無趣味」と答えるのが恥ずかしくて、習い事を始めようとしていました。
代表
「料理ができる女性が好き」と公言する男性もいますが、個人的にはいかがかと思います。好みというより、「ラクがしたいだけ」に聞こえます。
裏代表
得意料理という欄があって、私は「だし巻き卵」と書いてました。あまりハードルを上げすぎても嫌だし、「たまご料理」よりもそそられるかな、という魂胆です。

チェックシート記入のコツ

fear

街コンやお見合いパーティでは、相手の印象や会話の内容をメモするチェックシートが用意されていることがあります。このチェックシートを上手に活用するポイントを紹介します。

番号や名前と顔を一致させる

「あの人、良かったけど、何番だっけ?」と思い出せなくなってしまうと、せっかく知り合った意味がありません。「どの相手が好印象だったか」「どんな話をしたか」などは、最低限メモしておくべきです。名前や番号よりも、「話した内容」が思い出すきっかけになることが多いので、会話の中のキーワードもメモしておくと良いと思います。

覚えていたことをアピールする

相手の好き嫌いや趣味を覚えておくと、次に会ったときに好感を持ってもらうことができます。職業や年齢、年収などをメモする人は多いと思いますが、会話を通じて得られたスペック以外の情報もメモしておく価値はあります。

デートに誘う口実に活用する

「〇〇に行ってみたい」「〇〇を食べてみたい」といった反応が得られたときは、それをメモしておくと便利です。「パスタが好き」「〇〇方面によく行く」といった情報も、メモしておくとデートに誘うときに役立ちます。「〇〇が好きと言ってましたよね」と前置きをしてから、「美味しいお店を紹介してもらったので一緒に行きませんか?」と誘うとスマートです。

メモは誰にも見えないようにする

チェックシートは、他人に見えないように伏せておくのがマナーです。たまに表にしてテーブルに置く人がいますが、「無神経な奴」と周りから思われます。また、「興味がない相手のことは書かない」というのもマナー違反です。わざわざメモの時間が取ってあるのに何も書かないというのは、相手に失礼です。

裏代表
チェックシートを表にして置いておく人は男性に多かったです。しかも、綺麗な女性の欄しか書いてなかったりしますけど、そういうのは印象が悪いと思います。
代表
それほど好みじゃなくても、どこで縁があるかわからないので、メモは面倒くさがらずに取っておいたほうが良いと思います。街コンがきっかけで友達になって、誰か紹介してもらえるかもしれません。

まとめ

街コンのプロフィール作成のポイントは次の通りです。

  • 空欄を埋めて安全な人物であることを示す
  • 固有名詞や数字を使って具体的に書く
  • 専門用語や略語は使わないようにする
  • 趣味の欄は共感できることを書く
  • 好きなタイプは容姿や条件について書かない
  • 相手の好みや関心もメモに残す

プロフィールをいい加減に書くと、「真剣に相手を探していない」と思われて、会話が盛り上がらなくなったり、連絡先の交換に応じてもらえなくなるといったことにつながりかねません。第一印象を決定づける重要なものですので、よく考えて、空欄のないように丁寧に記入することが大切です。

本記事では、街コンプロフィールの書き方のコツを紹介しました。「なかなか会話が盛り上がらない」という方は参考にしてみてください。