DazzlingList

ドン引きされる街コンの服装5つの注意点

街コンで会話が盛り上がらなかったり、LINE交換やデートの約束につながらないのは、もしかすると第一印象で恋愛対象外と判定されていることが原因かもしれません。ファッションで好感を得ることができれば、「この人のことが知りたい」「この人に自分を知って欲しい」と思うので、自然に会話も盛り上がるようになります。

本記事では、「あの人と話したい」と街コンで思われるための服装を紹介しています。「いつも無難なカジュアルな服装で参加している」という方は参考にしてみてください。

裏代表
私がお見合いパーティーに参加したときは、バナナ柄の短パンを穿いたおじさんがいてドン引きしました。でも、年収1000万だったのでカップリングしてましたけど。
代表
「街コンでモテるためにはカジュアルな服装」と書かれた記事が多いですが、それは嘘です。カジュアルな服装は、ただ無難なだけです。



街コンで好感を持たれる服装の例

価値観は人それぞれに違いますが、街コンで「オシャレだと思う人はいましたか?」と質問すると、一部の人に人気は集中します。「本当のオシャレとは何か」と深く追求する必要はありません。他人に好感を持たれるファッションは、ある程度決まっているので、それらを真似すれば印象は簡単に良くなります。

好印象な男性の服装

出典:街コンジャパン「街コンオシャレ♡コーデナップ」

好印象な女性の服装

出典:街コンジャパン「街コンオシャレ♡コーデナップ」

代表
自分のことを印象づけるにはユニークさは必要ですけど、ファッションだけは無個性なほうが好まれます。「オシャレだけど、どこにでもいそう」という服装がむしろベストです。個性的なファッションは、他にも色々なこだわりがあって、頑固そうな印象になってしまいます。
裏代表
ファッションに無関心すぎる男性は、女性はあまり好きじゃないと思います。トップスはTシャツ、パンツはジーンズ、足元はスニーカーみたいにカジュアルすぎる男性はモテません。
代表
Tシャツにジーンズにスニーカーでも、タイトなシルエットにするとか、色に統一感を出すとかでカジュアル感を拭えば、オシャレに見せられます。でも、ボタン付きのシャツとかジャケットを着たほうが簡単です。

服装でチェックされること

街コンや合コンで服装から判断されるのは、次のようなことです。

  1. 最低限の身だしなみ
  2. おしゃれのセンス
  3. 変なこだわりがないか

最低限の身だしなみ

最低限の身だしなみとは、次のようなことです。

  • 汚れやシミはないか
  • アイロンはしてあるか
  • 口臭や香水は臭くないか

清潔感がないと、「生理的に受けつけない」と瞬時に恋愛対象外と見なされるリスクがあります。

おしゃれのセンス

おしゃれのセンスとは、次のようなことです。

  • 場所にふさわしい服装か
  • おしゃれに興味があるか
  • 似合っているかどうか

「オシャレすぎると街コンでは引かれるから服装はカジュアルなほうが良い」とアドバイスする人も多いですが、それは間違いです。もし引かれたとすれば、それは「オシャレじゃなかったから」と考えるべきです。「ファッションに無関心な人」よりも「本人はオシャレのつもりだけどダサい人」のほうが、異性に引かれるリスクは高いです。

変なこだわりがないか

変なこだわりとは、次のようなことです。

  • 一部にだけお金をかける
  • 非常に個性的な服装
  • ファッションに無頓着

自分のことを印象づけるにはユニークさが必要ですが、服装だけは無個性なほうが好まれます。個性的なファッションは、「こだわりが強そう」「排他的な思想を持ってそう」という悪い印象を与えてしまうことがあります。「本当はロリータ系が好きだけど、いい歳だからキレイ系で行こう」という常識的な判断ができることが求められます。

代表
しょこたんは万人ウケしますけど、これは「オタクだけど可愛いから」ではなく「他人に合わせられるから」です。オタクが一般的にウケが悪いのは、ファッションや世間に無頓着だったり、時間や金の使い方が極端だからです。
裏代表
オタクにも色々ありますからね。アイドルオタクとかは理解できませんけど、創作とか歴史に熱中してる人は素敵だと思います。ただ、そういう趣味をファッションで表現するのはやめたほうがいいと思います。

ドン引きされる5つの注意点

ドン引きされる5つの服装を紹介します。

  1. 休日なのにビジネススーツ
  2. ジャストサイズのニット
  3. 実用性のないアクセサリー
  4. 偏った配色や柄もの
  5. 個性的すぎる服装

休日なのにビジネススーツ

休日なのにビジネススーツを着て参加すると、次のように思われます。

  • 場所をわきまえていない
  • 他に洋服を持ってなさそう

スーツが似合っているかどうかではなく、休日なのにスーツを着ていることに違和感があるのでNGです。ウエディングドレスを着た女性は綺麗ですが、その格好で街コンに参加すれば「場違い」となります。休日のイベントにビジネススーツで参加することも、それと似ています。

代表
シチュエーションに合った服装を選ぶことも、オシャレの範疇です。デートのときも、今日は暑くなるのか、雨は降らないか、歩く距離はどれくらいか、と色々考えて服装を選ぶと感心されます。
裏代表
店員さんに服を選んでもらうときも、「街コンでオシャレに見える服を下さい」って、シチュエーションを伝えると良いと思います。

ジャストサイズのニット

ジャストサイズの服装で参加すると、次のように思われます。

  • 身体に密着して気持ち悪い
  • おかんに買ってもらったみたい

「オシャレはサイズ感が重要」とよく言われますが、「常にジャストサイズを着ろ」という意味ではありません。小さいサイズのニットは身体に密着して気持ち悪いですし、スウェットのトレーナーなども小さいサイズは運動着みたいで格好悪いです。これらは2サイズくらい大きめを着たほうがオシャレに見えることが多いです。

代表
「ダボダボした服はみっともないからやめなさい」とおかんは注意しますけど、「もっと大きめのサイズが良いよ」とアドバイスしてくれる人は少ないです。ニットやスウェットは大きめのものから売れていくので、店員もあまり教えてくれません。
裏代表
セールになるのを待ってたりすると、小さめのニットしか売ってなかったり、合わせにくい色しか残ってなかったりしますよね。それでも、私は半額シールが貼ってあるとつい買っちゃいます。

実用性のないアクセサリー

実用性のないアクセサリーは、次のように思われます。

  • それでオシャレのつもりなの?
  • こだわりが強くて面倒くさそう

指輪やネックレスなど、実用性のないアクセサリーほど、オシャレに見せるハードルは高くなります。これらは、基本的にオシャレ目的でしか身に着けないアイテムだからです。似合っていなかったときは、「この人はこれが格好良いと思ってるんだな」と解釈されます。街コンでドン引きされるリスクの高いファッションといえます。

代表
他には、サングラスとか財布のチェーンとかが難易度の高いアイテムです。逆に、時計とか帽子みたいに実用的なものは、似合ってなくてもマイナス評価にはならないので、積極的に身に着けると良いと思います。
裏代表
上下とも真っ黒で十字架のネックレスを着けている人とかいますけど、女性にはウケが悪いです。10代なら許されますけど、アラフォーでそういうファッションをしていると、たぶんドン引きされます。

偏った配色や柄もの

偏った配色や柄ものは、次のように思われます。

  • 好きなものばかり集めそう
  • 子供っぽくてダサい

「服も小物もピンク」「カーディガンも靴下もアーガイル柄」「ジャケットもパンツもレザー素材」など、偏った配色や柄もの、素材は嫌われます。一方、ファッションに統一感を持たせるために、あえて同系色を取り入れることもあります。両者の線引きは難しいですが、「好きな色や柄で統一している」など、こだわりを感じさせるものはNGです。

代表
子供は自分が好きな色とかキャラクターで服を選んだりしますけど、大人は相手や場面によって求められる服を想像します。どちらが正しいという話ではなく、「相手の視点で選んだほうがモテる」というだけです。
裏代表
つい似たような服ばかり買っちゃう人は、他人に選んでもらうと良いかもしれませんね。私は、気づくと変な服ばかりになっちゃうので、「これどうやって着たらいいの?」ってオシャレな友達にきいてます。

個性的すぎる服装

個性的すぎる服装は、次のように思われます。

  • 同じ趣味の人だけで群れそう
  • 自分のこだわりを押しつけそう

ロック系、モード系、ヒップホップ系など、「〇〇系」と普通のファッションとは区別して扱われるような服装は、一般ウケが悪いです。群れを連想させるので、「排他的」「こだわりが強い」という印象を与えます。そこまでファッションにこだわりがないのであれば、避けたほうが良いと思います。

裏代表
ファッションに無頓着だったり、単純にダサい人は男性に多いけど、個性的すぎるファッションで引かれるのは女性のほうが多いかもしれませんね。
代表
普段、そういう個性的な服装をするのは気にしませんけど、親に紹介するときくらい、万人ウケする格好をして欲しいという気持ちはあります。街コンにロリ系のファッションで参加する人は、「親に紹介するときもこの服装なんだろうな」と想像してしまいます。

男性ファッションのポイント

smart-phone.gentleman

男性が注意すべきポイントをまとめました。

  • アクセサリーは着けない
  • シミやシワがある服は着ない
  • とりあえず白シャツを着ておく

ネックレスやピアス、指輪、財布チェーンなどのアクセサリーは、一般的に女性には不評です。「プロのミュージシャンでもないのに、なぜ?」と思われる可能性が高いです。

また、清潔感のない男性は生理的に拒絶されるので、シミやシワのある服も注意してください。基本的なことですが、実際にそれで失敗している男性参加者もたくさんいます。

最後に、「部屋着で来たの?」と誤解されるような服装になっていないかチェックしてください。

男性はとりあえず、白シャツを着ておけば無難かと思います。Tシャツではなく、ボタンのついたシャツです。それをトレーナーやニットの内側に着るだけで印象が変わります。

裏代表
ドクロのリングとか財布のチェーンを嫌がる女性は多いです。あと、個人的にはパワーストーンも嫌です。タイガーアイとか身につけていたら、「ギャンブルする人なのかな」と想像します。

女性ファッションのポイント

女性が注意すべきポイントをまとめました。

  • ブランド品だらけ
  • 露出の多い服装
  • 個性的なおしゃれ

ブランド品で全身を飾るのは、「お金がかかりそうな女」「高級品を与えておけば満足するバカ」と思われるリスクがあります。男性がブランド品を身に着けるのは効果があるそうですが、女性はマイナスになることが多いので注意してください。

露出の多い服やボディラインを強調するタイトな服も、「色気を勘違いしているイタい女」と思われることになります。露出は少なめで、ワンピースなどの女性らしい服装に男性は魅力を感じます。

代表
ブランド品だらけもイヤですけど、「これ全部GUなんです」とわざわざ安物をアピールするのも、「安物でも私が着ると可愛いでしょ?」と自慢されているようでイヤです。
裏代表
高級な車とかバッグを持っているくせに、デートの食事代をケチって安く済まそうとする男性とかもガッカリします。お金の使い方が極端な男性はダメです。

モテる女性の服装「男ウケとは?」をロジカルに解説

マニアックな小物でアピール

誰でも簡単にできるアピールとして、マニアックな小物を身に着ける方法を最後に紹介します。

  • 同じ趣味の相手に見つけてもらえる
  • 自己紹介の代わりになる
  • 話のネタにすることもできる

ここまで老若男女に受け入れられる無難なファッションをすすめてきましたが、最後にオフェンスについて少しだけ書きます。マニアックな小物をひとつだけファッションに取り入れる方法です。

以前、アニメ好きが集まるイベントで、自分の好きなアニメのボールペンを持参している参加者がいましたが、これは非常に面白い戦略だと思いました。同じ趣味の相手に見つけてもらえる確率が高くなりますし、実際、話のネタにもなっているようでした。

「自分は常識をわきまえている」ということを伝えたうえでなら、少々マニアックな小物を身に着けるくらい全く問題ありません。むしろ、価値観の近い仲間に向けた「目印」として、マニアックな小物は有効なこともあります。

「そんなマニアックな趣味はない」という人は、仕事に関連したグッズでも良いかもしれません。

代表
例えば、私は製薬会社にもらったボールペンをいつも使っていますが、「薬品会社の方ですか?」とよく質問されます。「いえ、薬剤師です」という話をしています。これも、職業をアピールしたい人には良い方法だと思います。

まとめ

街コン参加時の服装のポイントをまとめると次のようになります。

  • 清潔感のある服装を心がける
  • 不要なアクセサリーは着けない
  • こだわりを感じされる服装はNG
  • マニアックな小物は面白い

このようなポイントを押さえれば、初対面の相手にも「常識をわきまえた人物」という印象を与えられます。

「しょこたん(中川翔子さん)が万人ウケする」という話でも書きましたが、常識をわきまえていれば、少々変わった趣味や好みを持っていても受け入れられます。

本記事を参考にして、「あの人と話してみたい」と思われる服装で街コンに参加してください。