DazzlingList

辛い片思いを楽しいと思える人の3つの共通点

片思いをしていると、好きな相手が自分の思い通りにならなくてストレスを感じたり、逆に向こうからLINEが届いて舞い上がったり、気分の浮き沈みが激しくなります。片思いでも、恋愛を楽しいと思える人と辛いと感じる人がいますが、両者の違いはどこにあるのでしょうか。

本記事では、辛い片思いを楽しいと思える人の共通点を紹介しています。「好きな人がいるけれど片思いは辛いから諦めたいと思っている」という方は参考にしてみてください。

Yuta
恋愛に限らず、努力の方法が見つからないと辛いですよね。好きになってもらいたいけど、どうすればいいかわからない、という状態が辛いんだと思います。自分磨きをしたり、何か見つけられたら楽になります。
Sumie
自分でいろいろ試して、相手がこっちに興味を持ってくれるようになるのが楽しいんだと思います。全然見向きもされないんだったら、自分磨きとかしていても退屈だと思います。
Yuta
付き合ったら、相手が自分に何かしてくれるのが当たり前になりますけど、片思い中は些細なことでも素直に感謝できますよね。楽しみの閾値が低いんだと思います。



どうして片思いが辛いのか?

最初に片思いが辛いと感じる理由を考えてみたいと思います。

思い通りにならないから

相手を好きになるだけならストレスになりませんが、自分の思い通りになって欲しいと期待し始めると、それが叶わないときに辛い気持ちになります。

「LINEをすぐに既読にして欲しい」「一緒に食事に行って欲しい」など、相手の協力がないと実現できないことを望むと辛く感じやすくなるのだと思います。

特定の相手にこだわるから

相手が思い通りにならなくても、「他にも同じような人はいる」と思える人は、そこまで落ち込んだりしません。逆に、「この人しかいない」と思い込みやすい人ほど、ちょっとした相手の言動で一喜一憂して、辛い気持ちになります。

恋愛に奥手で、受け身な人ほど、「この人しか見えない」という心理状態に陥りやすいように思います。積極的に出会いを求める人は、「この人が一番で、二番はこの人で……」と恋人候補を複数キープしている印象です。

Yuta
奥手な人のほうが片思いを辛いと感じやすいのは、気になってから行動に移すまでが遅いからっていうのもあると思います。気持ちが育ってから誘うので、断られたときにショックが大きいんだと思います。
Sumie
社交的な人は、好きじゃなくても挨拶したり、食事に誘ったり、当たり前みたいにしてるから、断られても傷つかないし、ある程度関係ができてから好きになることが多いような気がします。

目標が抽象的すぎるから

「ふたりきりでデートしたい」と抽象的で遠い目標ばかり見ていると、「自分にできることは何もない」「ただ願うことしかできない」ともどかしい気持ちになり、片思いが辛いと感じるのではないでしょうか。

一方、「顔を合わせたら必ず挨拶をする」「今回の棚卸が終わったら打ち上げに誘う」など、自分ひとりで実現できる小さな目標を立てられる人は、片思い中でも充実感を味わいやすいように思います。

片思いの辛さを解消する方法は次の記事で紹介しています。
好きすぎて辛い片思いの簡単な6つの対処法

片思いが楽しいと感じる瞬間

どんなときに片思いが楽しいと感じるか、アンケートを取ると次のような回答が返ってきます。

  • 挨拶を笑顔で返してもらえる
  • LINEがすぐに既読になる
  • 自分磨きをしてキレイになる
  • 好きな人を口説く方法を考える
  • デートすることを妄想する

片思い中は「相手は自分のことを好きじゃない」と思っているので、笑顔で挨拶を返されたり、LINEがすぐに返信されたりしたり、ちょっとした好意でも新鮮で嬉しくなります。

これが両思いであれば義務になるので、驚きや感謝の気持ちがなくなるだけでなく、愛情表現が足りないと不満に感じたりしてしまいます。

また、相手に気に入られるために努力をしたり、片思いが成就した未来のことをイメージする、という楽しさもあります。人が幸せを感じるのは、目標を達成したときではなく、目標達成に近づいていると実感したときです。

片思いを楽しめる人の共通点

smart-phone.lady

どんなときに片思いが楽しいと感じられるのか、まとめると次のようになります。

  • 目標に向かって努力しているとき
  • 努力の成果を実感できたとき
  • 成功した自分をイメージするとき

なんだか自己啓発本みたいですが、抽象的に書くとこのようになります。これをヒントに、本来は辛いはずの片思いを楽しいと思える人に共通する考え方や行動の特徴を考えていきたいと思います。

1.自分にできることを実践している

「LINEをすぐに返信して欲しい」「一緒に食事に行って欲しい」と相手に期待するのではなく、「既読になる時間帯を分析して迷惑にならないLINEを送る」「相手の好きな食べ物をリサーチして話題の店に誘う」など自分にできることを目標にして、ひとつずつ実践している人は片思いでも楽しさを感じられるようです。

2.アプローチの手応えを実感している

「笑顔で挨拶をしていたら、向こうから話しかけてくれるようになった」などの手応えがあると、片思いでも毎日が楽しく充実します。

逆にいえば、「片思いのほうが好き」と豪語している人でも、好きな相手が自分以外の人に夢中で、努力してもまったく成果が出ないときは、やはり片思いは辛いと感じてしまうのではないかと思います。

3.気になる異性が他にも複数いる

出会いが少なく、魅力的と思える異性が他にひとりもいない状況では、「この人しかいない」と思い込んでしまい、相手の一挙一動に振り回されて、辛い気持ちになりやすいです。

恋愛に積極的で、自分のなかに気になる異性を常に複数キープしているような人は、そのうちの誰かにフラれたからといって、絶望して死にたくなるようなことは少ないと思います。

Yuta
いろんな人に「好きだ」と言ったり、同時に複数の人と付き合ったりするのはダメですけど、片思いの時点で、気になる異性をたくさん見つけておくことは問題ないと思います。
Sumie
一途すぎて重いと思われることもありますよ。「君とLINE交換をしてから、他の人とは連絡を取ってない」とか言われても、「こっちは恋愛対象として見てないのに」と思って引いてしまう人もいます。

まとめ

片思いを楽しいと思える人の共通点をまとめると次のようになります。

  1. 自分にできることを実践している
  2. アプローチの手応えを実感している
  3. 気になる異性が他にも複数いる

本記事では、辛い片思いを楽しいと思える人の共通点を紹介しました。「好きな人がいるけれど片思いは辛いから諦めたいと思っている」という方は参考にしてみてください。