DazzlingList

Pairsで退会とブロックを見分ける唯一の方法

Pairsで相手をブロックすると、相手の画面では「退会済み」と表示されるようになっています。やりとりをしていた相手が本当に退会したのか、それとも自分がブロックされたのか、それを見分ける方法を紹介しています。

「ブロックしたいけど恨まれないか心配」「自分がブロックされたことが納得できない」という方は参考にしてみてください。

裏代表
私は恨まれるのが怖いのでブロックをしたことはないですけど、今はブロックしても退会と区別がつかないみたいですね。
代表
相手が別のアカウントでログインしない限り、ブロックだとバレません。過去のメッセージも全部消えるので、PairsのブロックはLINEなどと比べてかなり強力です。



Pairsのブロック機能の特徴

think.man

Pairsのブロック機能について重要なポイントをまとめました。

  • お互いに一切が非表示になる
  • 過去のやりとりはすべて消える
  • 新たにアプローチすることもできない
  • リストには「退会済み」と表示される
  • ブロックは二度と解除できない

Pairsでやりとりをしていた相手がいきなり消えたとき、相手が退会したのか、それともブロックされたのかは区別がつきません。そのせいで、「ブロックされた側にはどう表示されるのか」が非常にわかりづらくなっています。

お互いに一切が非表示になる

ブロックされた側だけでなく、ブロックした側も相手の情報を見ることができなくなります。一方的に会員情報をチェックできるようになるなら、それを悪用する人物が出てこないとも限らないので、このような仕様になっていると考えられます。

過去のやりとりはすべて消える

Pairsでブロックされると、それまでのメッセージもすべて削除されます。送った「いいね!」や足あとも削除されます。検索結果もお互いが非表示になります。

新たにアプローチすることもできない

ブロックをされると、新たにメッセージを送ることができなくなります。エラーになるわけではなく、くどいようですが、お互いに表示すらされないため、メッセージを送る操作自体ができなくなります。

リストには「退会済み」と表示される

マッチング済みの相手にブロックされた場合は、その相手がメッセージリストで「退会済み」と表示されます。もちろん、「退会済み」の文字をタッチしても、相手のプロフィールや名前を確認することはできません。

代表
ブロックは二度と解除できません。解除できるようにすると、ブロックした側だけがいつでもプロフィールを見られることになるので、悪用されるリスクがありますね。
裏代表
自分がブロックされたか、相手が退会したかなんて私は全然興味ありません。どうせ恋愛に発展しないんだから、さっさと次の相手を探せば良いと思います。

退会とブロックの見分け方

think.lady

ここまで、「Pairsでブロックされるとどう表示されるのか」を紹介してきましたが、実は相手が退会したときも全く同じように表示されます。すべての会員情報が非表示となり、過去のやりとりは削除され、「退会済み」とのみ表示されます。

以前は「退会者を表示」で見分けられた

マッチングした相手からブロックされたときは、現在では「退会済み」と表示されますが、以前はそれすらも表示されませんでした。「あれ?もう一人いた気がするけれど、気のせいかな?」と夢を見たような感覚になりました。

また、メッセージに「退会者を表示」という設定があり、これを利用して退会とブロックを見分けることができました。つまり、「退会者を表示」をオンにして表示されれば退会者、表示されなければブロック、と判断できました。

別のアカウントでログインして見分ける

退会者はすべての会員の検索結果から消えますが、ブロックではブロックした会員の検索結果からのみ消えます。ですので、ブロックされていない別のアカウントでログインすれば、相手が本当に退会したのか、ブロックされたのかが見分けられます。

現在のPairsの仕様では、これが退会とブロックを見分ける唯一の方法です。

代表
Pairsで彼氏ができた女性なんかは、友達にログインしてもらって、彼氏がまだPairsに在籍していないかチェックしてもらうことができますね。
裏代表
そんな疑わしい男とどうして付き合うのかな、と思いますけど。それに私がその彼氏なら、Pairsじゃなくて他のアプリで浮気相手を探すと思います。

非表示とブロックの違い

smart-phone.lady

おまけにPairsの非表示についても紹介します。

  • 非表示ではメッセージや「いいね!」は消えない
  • 非表示では相手からは見える状態が続く
  • 非表示では相手はメッセージを送れる
  • 非表示をした側はいつでも解除できる

非表示とブロックの違いをまとめるとこのようになります。

非表示は自分から見えなくなるだけ

Pairsの非表示は、自分の画面から相手を非表示にするだけの機能です。

自分から見えなくなるだけで、相手から自分は見えていますし、新たにメッセージが送られてくることもあります。ですので、相手にとっては、無視されているのか非表示にされているのか区別できません。

非表示はいつでも解除することができる

ブロックは二度と解除できませんが、非表示はいつでも解除することができます。

「やっぱりもう一度連絡が取りたい」というときも、非表示ならメッセージ交換を再開することができます。相手にとっては、「ずっと自分を無視していた相手が、久しぶりに連絡してきた」というように見えます。

代表
非表示は個人的にはいらない機能だと思います。見たくないなら、見なければいいだけです。わざわざ見られなくする必要はありません。
裏代表
道路脇で子供が遊んでるのが見えたら、運転に集中できないじゃないですか。子供を非表示にすれば、事故が減ります。

いきなりブロックする心理

ブロック機能は不快に感じたときにだけ使われる機能ではありません。

Pairsでブロックが使われるシチュエーションを思いつく限り挙げてみました。「どうして自分がブロックされたのか納得できない」という方は参考にしてみてください。

  • アプローチがしつこいから
  • 言動に傷つけられたから
  • 興味がないから
  • 知り合いだったから
  • 活動を隠したいから
  • 通報されたくないから
裏代表
他の女性と間違われるとテンションが下がってブロックしたくなる女性は多いと思います。ブロックはしなくても、返事をするのは面倒になると思います。
代表
LINEに移行した途端にキャラが変わって、ブロックされる男性も多いようです。連絡先を交換して「自分のものになった」と安心するのでしょうか。

恋愛対象外と見なされたから

自覚がなくても、ちょっとしたことが発端でブロックされることもあります。

  • 何度も足あとをつけられて気持ち悪い
  • こちらは丁寧に自己紹介したのに「よろしくね」とだけ返される
  • 他の相手と混同して同じ質問を繰り返される
  • 頼んでもいないのに自分の顔写真を送ってくる
  • 質問に答えるだけで会話を盛り上げようとしない
  • 最初の挨拶の返信に何日もかかった
  • ニックネームで自己紹介された

少なくとも職場や学校でつながっている相手なら、この程度のことでブロックされたりしないとは思いますが、Pairsは恋人を見つける場所です。「この相手とは付き合えない」と判断されれば、些細なきっかけでもブロックされることはあります。

代表
プロフィールをチェック済みの恋愛対象外の相手はブロックしてしまう、という強者もいます。どんな使い方でもルール違反ではありません。

知り合いだったから

知り合いにPairsの利用をバレたくなくてブロックすることもよくあります。

Pairsは本名や顔を伏せて利用することもできるため、どちらかだけが「知人だ」と気づく場合もあります。もしかすると、お互いに気づかずにマッチングして、メッセージ交換を進めるうちに「あれ、知っている人だ」と気づくこともあるかもしれません。

先に相手が気づいてブロックをしたときは、「何もしていないのにブロックされた」と感じるかもしれません。

活動を隠したいから

Pairsで知り合った相手と順調に交際が続いているとき、Pairsの自己紹介文やプロフィール写真を更新していることが相手に知られるとマイナスです。「まだ相手を探してるの?」と不信感を招くからです。

Pairsを通じてメッセージ交換を続けることもできますが、親しくなるとLINEなどプライベートな連絡ツールに移行することが一般的です。そうなると、Pairsでやりとりをすることがなくなるため、相手をブロックしてしまうことがあります。

通報されたくないから

勧誘など後ろめたい目的でPairsを利用している人は、通報されることを恐れて、LINE交換をした相手をPairsでブロックすることがあります。

勧誘行為をPairsで行うことはできないようになっているため、勧誘をするとしたら、LINEなどに移行した後です。「勧誘目的だった」と発覚しても、ブロックされていれば相手の会員情報を通報することが困難です。

代表
こっちが本名を名乗っているのに、ニックネームで返されたら僕はイヤです。職業をきかれて会社員と答えたりする人もイヤです。
裏代表
知らない人に個人情報教えたくないっていうのはわかるけど、答えられる範囲でいいから何か言って欲しいですよね。会社名は言わなくていいから、「インタビューをする仕事です」とか。

まとめ

Pairsの退会とブロックについてまとめると次のようになります。

  • どちらもお互いの情報が一切見られなくなる
  • どちらもメッセージリストで「退会済み」と表示される
  • 退会者はすべての会員の検索結果から非表示になる

退会とブロックを見分けるには、別のアカウントでログインするしかない、というのが結論です。

本記事では、退会とブロックの違い、ブロックする会員の心理などを紹介しました。「ブロックして恨まれないか心配」「自分がブロックされたことが納得できない」という方は参考にしてみてください。