DazzlingList

Pairsのブロック機能を完璧に使いこなすための必要知識

Pairsにもブロック機能はありますが、LINEのブロックとは違い、「過去のメッセージが消去される」「お互いにプロフィールが見られなくなる」などの特徴があります。仕様の違いを理解することで、ブロックをより有効に活用できるようになります。

本記事では、ブロックされた側の表示、退会とブロックの見分け方、いきなりブロックをされる理由などを紹介しています。「ブロック機能を使いこなしたい」「どうして自分がブロックされたのか理解できない」という方は参考にしてみてください。

裏代表
私は恨まれるのが怖いのでブロックをしたことはないですけど、今はブロックしても退会と区別がつかないみたいですね。
代表
別のアカウントでログインしない限り、ブロックだとバレません。過去のメッセージも全部消えるので、PairsのブロックはLINEなどと比べてかなり強力です。



ブロックするときの注意点

Pairsで相手をブロックする前に知っておいたほうが良い情報をまとめました。

  • お互いに一切が非表示になる
  • ブロックは二度と解除できない
  • 他のアカウントでバレる可能性がある

LINEのブロックやメールの拒否リストとは違う点がいくつかあります。

代表
ブロックを解除できるようにすると、ブロックした側だけがいつでもプロフィールを見られるようになるので、悪用されるリスクがありますね。
裏代表
自分がブロックされたか、相手が退会したかなんて私は全然興味ありません。どうせ恋愛に発展しないんだから、さっさと次の相手を探せば良いと思います。

お互いに一切が非表示になる

ブロックをすると、Pairs内でお互いの情報が完全に非表示になります。

ブロックされた側だけでなく、ブロックをした側も、過去のやりとりや相手のプロフィールを見ることができなくなります。一方的に活動状況をチェックすることはできません。

ブロックは二度と解除できない

ブロックは二度と解除することができません。「やっぱりもう一度連絡が取りたい」と思っても不可能です。

「興味がないのに何度もメッセージが送られてきて邪魔だ」という程度なら、ブロックではなく非表示にするという選択もあります。

他のアカウントでバレる可能性がある

詳しくは後述しますが、現在は「退会」と「ブロック」が区別できないようになっています。ですが、ブロックされていない他のアカウントでログインすれば、本当に退会したのか、ブロックしたのかを確認することができます。

「あいつにブロックされた」と相手にバレる可能性はゼロではありませんので、注意が必要です。

ブロックする方法

Pairsで相手をブロックする方法を紹介します。

スマホでブロックするとき

  1. ブロックしたい相手のプロフィールを開く
  2. 右上のメニューから「非表示・ブロックの設定」をタッチ
  3. 「自分とお相手の画面に、お互い表示されないようにしたい」を選択

PCでブロックするとき

  1. ブロックしたい相手のプロフィールを開く
  2. 「表示設定」をクリック
  3. 「自分とお相手の画面に、お互い表示されないようにしたい」を選択

ブロックについて-Pairsヘルプ

ブロックされた側の表示

fear

ブロックをされた側は、Pairsでどのように表示されるかを紹介します。

  • プロフィールが見られなくなる
  • 検索結果に表示されなくなる
  • 今までの足あとが消える
  • 「いいね!」リストから消える
  • 送信済みメッセージが消える
  • 「退会済み」と表示される
裏代表
ようするにお互いに全部見れなくなるってことですよね。私は忘れっぽいので、リストから一人くらい消えても気づかないかもしれません。
代表
今は「退会済み」と表示されるので、そこに誰かいたということはバレてしまいます。でもプロフィールは見られません。

相手に関わるすべての情報が消える

Pairsでブロックをされると、相手に関わるすべての情報が消えます。

LINEのブロックはそれまでのメッセージの履歴は見ることができますが、Pairsでは過去のやりとりも完全に削除されます。もちろん、新たにメッセージを送ることもできません。

プロフィールを見ることもできなくなり、検索結果に表示されることもなくなります。

すべての会員をブロックの対象にできる

マッチングや「いいね!」の有無に関係なく、ブロックしたい会員を誰でもブロックすることができます。

以前はマッチングした会員しかブロックできないようになっていましたが、現在のPairsは、すべての会員をブロックの対象にすることができます。ですので、「検索していたら知人を見つけた」という場合も、ブロックできるようになりました。

リストに「退会済み」と表示される

マッチング後にブロックをされると、メッセージリストの該当箇所に「退会済み」と表示されます。退会済みの会員として、名前やプロフィールを見られるわけではなく、ただ「退会済み」と表示されるだけです。

以前は、単にメッセージリストから消えるだけで、「退会済み」とは表示されませんでした。これだと、「退会じゃなくブロックされた」と相手にバレてしまうため、現在のPairsでは見分けがつかないようになっているようです。

退会とブロックの見分け方

think.man

Pairsで相手会員が退会すると、それまでのメッセージの履歴やプロフィールは見られなくなり、メッセージリストには「退会済み」と表示されます。相手が退会したのか、それともブロックされたのかは、見分けがつきません。

以前は「退会者を表示」という設定があり、これで表示される会員は退会、表示されない会員はブロック、と見分けることができましたが、現在はどちらも「退会済み」と表示されるため、この方法は使えなくなりました。

退会とブロックを見分けるには、別のアカウントでログインして確かめるしか方法はありません。このとき、別のアカウントは「ブロックされていないもの」を使う必要があります。マッチングしていない会員もブロックできるように変更になったので、注意が必要です。

代表
Pairsで知り合った男性と付き合っている女性は、友達にログインしてもらって、本当に退会しているかチェックしたりするみたいです。
裏代表
そんな疑わしい男性とどうして付き合うのかな、と思いますけど。それに私がその男性なら、Pairs以外のアプリを使って浮気します。

非表示とブロックの違い

think.lady

非表示は、自分の画面に相手の情報が表示されないようにする機能です。

相手の画面には、引き続き自分の情報が表示されています。新たにメッセージを送ることもできます。ですので、「非表示にされている」とバレることはありませんが、「無視されている」とは思われるかもしれません。

Pairsの非表示とブロックの違いをまとめると次のようになります。

  • 非表示ではメッセージや「いいね!」は消えない
  • 非表示では相手からは見える状態が続く
  • 非表示をした側はいつでも解除できる

ブロックは二度と解除できませんが、非表示は解除することができます。これが最大の違いといえるかもしれません。

非表示であれば、もう一度連絡が取りたくなったときに再開できますが、向こうは「メッセージを放置された」と感じている可能性が高いので、再開するときは注意が必要です。

久しぶりにメッセージを送っても返事がないかもしれませんし、冷たくあしらわれるかもしれません。

代表
非表示の機能は個人的にはいらないと思います。無視すればいいのに、どうしてわざわざ見られなくするのかわかりません。影響を受けやすい人には役立つのでしょうか。
裏代表
代表は使わないものはすぐ捨てるタイプですよね。今は使わないものでも、物置に入れておけば、いざというときに使えるかもしれないじゃないですか。
代表
非表示にしなくてもキープはできる、という話をしているんです。やりとりを一方的にストップしたら、キープできませんよね。人間を物置に入れても、食事を与えなければ死なせるだけです。

ブロックされる理由

fear.man

身に覚えがないのにブロックをされたら誰でも傷つきますが、Pairsでブロック機能を使う理由はそれぞれに違います。

  • アプローチがしつこいから
  • 言動に傷つけられたから
  • 興味がないから
  • 知り合いだったから
  • 活動を隠したいから
  • 通報されたくないから

このようなブロックする理由について紹介します。

言動に傷つけられたから

自覚がなくても、失礼なメッセージや傷つけるメッセージを送ってしまっている場合もあります。

「こっちは丁寧に自己紹介してるのに、『よろしくね』だけかよ」「何度も足あとをつけられて気持ち悪い」など、ちょっとしたことが発端かもしれません。

そこまで嫌いでなくても、「恋愛に発展する見込みがない」と思ったらすぐにブロックする、という人もいると思います。

興味がないから

「好みのタイプ以外はブロックする」という使い方も間違いではありません。Pairsの機能をどう使おうが、利用規約に違反しない限りは個人の自由です。

たとえば、希望条件を満たす会員のプロフィールを順番に見ていって、チェック済みの会員には「いいね!」か「ブロック」をする、という方法も効率的かもしれません。

こういった使い方を推奨するわけではありませんが、少なくともルール違反ではないと思います。

知り合いだったから

「Pairsを利用していることは、できれば知人に隠したい」という人が多数派です。

本名や顔を伏せて利用することもできるので、「向こうは気づいていないけれど知り合いだ」「やりとりをしているうちに知り合いだとわかった」ということが起こりえます。

裏代表
「ネットで知り合った」というだけで、すごい偏見を持つ人っていますよね。案外、年配の人の方が「イマドキだね」って受け入れてくれる気がします。

活動を隠したいから

Pairsで知り合った相手と親しくなると、LINEなどプライベートな連絡先を教え合うことが一般的です。その後は、Pairsを通じてメッセージを送ることは基本的になくなります。

交際が順調に進んでいるにも関わらず、Pairsの自己紹介文やプロフィール写真が更新されていたら、まだ相手を探していることが相手にバレてしまいます。

まだ活動していることを隠すために、LINE交換後にPairsで相手をブロックすることがあります。

通報されたくないから

勧誘など出会い以外の目的でPairsを利用している人は、通報のリスクを抑えるために、LINE交換後にPairsで相手をブロックすることがあります。ブロックをすれば、お互いにプロフィールを見ることができなくなるからです。

また、Pairsを通じて送るメッセージはチェックされています。勧誘や営業を目的にアプリを利用していることがバレると、アカウントを停止されるリスクがあります。

女性にブロックされやすい男性

Pairsでブロックされやすい男性の特徴をまとめました。

  • LINE交換後に態度が変わる
  • 顔写真などを送ってくる
  • 他の女性と混同している
  • 他の男性について質問する
裏代表
同じ質問をしてることに自分で気づいてない男性とかいますよね。教えてあげるのも面倒くさいし、一瞬で冷めます。
代表
独占欲で他の男性のことをきくのはみっともないと思いますけど、「婚活は順調ですか?」みたいに最初に話し出すのは問題ないと思います。
裏代表
私は「元カノに似てるね」って言われてテンションが下がったことがあります。

LINE交換後に態度が変わる

Pairsでやりとりをしていたときは謙虚で誠実そうだったのに、LINEに移行した途端に態度が変わる男性は嫌われます。「もう自分のものになった」と安心して、素の自分が出てしまうのかもしれません。

顔写真などを送ってくる

女性が頼んでもいないのに、自分の顔写真などを送ってくる男性は、気持ち悪いと思われてブロックされることがあります。

他の女性と混同している

「何度も同じ話をする」「質問が重複する」など、他の女性と混同されているような気配を感じると、女性は気持ちが一気に冷めてブロックをしたくなることがあります。

他の男性について質問する

「他の男性とはどこまで進んでいるのか」など、他の男性について質問をされると、「そんなことつまらないことを聞くな」と女性は感じて、面倒くさくなります。

男性にブロックされやすい女性

Pairsでブロックされやすい女性の特徴をまとめました。

  • 返信が極端に遅い
  • メッセージが短い
  • 質問に答えるだけ
代表
こっちが本名を名乗っているのに、ニックネームで返されたら僕はイヤです。職業をきかれて会社員と答えたりする人もイヤです。
裏代表
知らない人に個人情報教えたくないっていうのはわかるけど、答えられる範囲でいいから何か言って欲しいですよね。会社名は言わなくていいから、「インタビューをする仕事です」とか。

返信が極端に遅い

マッチング後、男性が丁寧に挨拶のメッセージを送ったにも関わらず、数日経ってから「よろしくお願いします」とだけ返すような女性は、失礼と見なされてブロックされることがあります。

返信が遅れたことに対する謝罪や弁解があれば、男性もいきなりブロックすることはないと思います。何事もなかったかのように再開されると、「なめられている」と男性は感じます。

メッセージが短い

男性が自己アピールや質問をして、メッセージ交換を盛り上げようとしているにも関わらず、「そうですね」「すごいですね」など、一言の短いメッセージしか返さない女性は、協調性がないと見なされます。

お互いに短いメッセージをハイペースで交換しているようなときは問題になりにくいですが、1日待った結果の返信が「そうですね」の一言だと、「自分だけ盛り上げようとしていてバカバカしい」と男性は感じます。

質問に答えるだけ

男性からの質問に答えるだけで、自分のことを積極的に話したり、相手に質問したりしない女性も男性に嫌われます。

まとめ

Pairsのブロックについてまとめると次のようになります。

  • ブロックするとお互いの情報が完全に見られなくなる
  • ブロックされた側のメッセージリストには「退会済み」と表示される
  • ブロックすると二度と解除することはできない
  • 別のアカウントでログインすれば退会かブロックかを見分けられる

ブロックされた側の表示、退会とブロックの見分け方、いきなりブロックをされる理由などを紹介してきました。「ブロック機能を使いこなしたい」「どうして自分がブロックされたのか理解できない」という方は参考にしてみてください。