DazzlingList

会話を円滑に運ぶための言い換えテクニック8選

悪気はないのに誰かを傷つけてしまったり、嫌われたくなくて本音が言えなかったりすることは誰にでもあります。そんなとき、同じ意味のことを優しく言い換えることができれば便利です。

本記事では、会話を円滑に運ぶための言い換えテクニックを紹介しています。「友達の間違いを嫌味なく指摘できるようになりたい」という方は参考にしてみてください。

スミエ
私は思いついたことをすぐ言っちゃうので、悪気はないのに他人を傷つけてしまうことがあります。相手に反論したあとで、勘違いだったことにわかるときもあります。
キカガク
後輩に注意するときとか、嫌われないかって心配してなかなか言えなかったりしますよね。そういうとき、優しく言い換える方法を知っていると便利です。



傷つける表現を言い換える

悪いイメージの言葉を言い換える

Check!

悪い例:彼はパソコンオタクだから。
良い例:彼はパソコンに精通してるから。

悪い例:陰気な性格の人。
良い例:おとなしい性格の人。

相手を形容するときだけでなく、第三者を形容するときも、できるだけ悪いイメージの言葉は使わないほうがいいと思います。他人の粗探しばかりしていると誤解されるかもしれません。

キカガク
個人的には、パソコンに精通よりも、パソコンオタクのほうが知識が豊富という印象を受けます。こんなふうに、言い換えることで少し意味が変わってしまうのが難点ですね。
スミエ
自分は悪い意味で使ってなくても、相手は悪い意味で使ってたりするので難しいですよね。たとえば、「足が細いね」って言われて嫌がる女性とかもいます。
キカガク
容姿に関することは口にしないほうがいい、というのが僕の考えです。外見を褒めたいときは、髪型とか持ち物を褒めるとトラブルになりにくいです。

初デートで会話が続かない原因と異性に嫌われる言動

長所として捉えてみる

Check!

悪い例:このパンは硬いですね。
良い例:歯ごたえのあるパンですね。

悪い例:彼女は仕事の手際が悪い。
良い例:彼女は仕事が丁寧。

一見すると欠点と思えるようなことでも、長所として考えることができるかもしれません。どんなものでも良いところを見つけようとする人物は、やはり周囲から好まれるようです。

良いところをピックアップする

Check!

悪い例:料理は美味しいけど、店が汚すぎるね。
良い例:この佇まいからは想像できないくらい美味しいね。

悪い例:すごく素敵な部屋だけど、1泊5万円は高すぎるよね。
良い例:頑張って貯金した甲斐あって、すごく素敵な部屋に泊まれたね。

わかりやすいようにネガティブな部分もそのまま残しましたが、実際に発言するときは良いところにだけ触れてもいいと思います。「あいつのことは嫌いだけど、あいつの意見は正しい」と言うとき、前半部分はいりません。

キカガク
期待していた食事が美味しくなかったりすると、事前に盛り上がっていたときほど、反応に困りますよね。美味しいと嘘はつきませんけど、なんとか良いところを探そうと必死になります。
スミエ
彼女が作ってくれた料理とか、彼氏の誕生日プレゼントとかも、いまひとつだったときは反応に困りますよね。とりあえず、「プレゼントしてくれて嬉しい」と伝えますけど。

間違いを正すような言い換えはしない

Check!

相手:あったかいミルクが飲みたいね。
自分:うん、ホットミルクだね。

相手:いつもの粒の薬は出てる?
自分:前回と同じ痛み止めの錠剤が出てますよ。

こういった言い換えは、相手を間違っていると否定し、自分を優位に立たせるための言い換えです。相手の使った言葉は、できるだけ言い換えずに、そのまま同じ言葉を使うほうが喜ばれます。

言い換えて理解の深さを示す

couple.lunch

単調な相槌は無反応と変わらない

Check!

相手:今日はいい天気ですね。
自分:そうですね。

相手:これ可愛くないですか?
自分:そうですね。

「そうですね」などは便利な相槌ですが、裏を返せば、どんな場面でも使える「ほとんど意味を持たない言葉」ともいえます。このような中身のない相槌では、天気の話は広がりませんし、「可愛くないですか?」に肯定か否定かすらわかりません。

オウム返しに一言を加える

Check!

相手:今日はいい天気ですね。
自分:いい天気ですね、昨日まで雨が続いてたのに。

相手:これ可愛くないですか?
自分:可愛いですね、特に目が丸いところが。

単純ですが、オウム返しは「ちゃんと聞いていた」と示すには有効です。ただし、オウム返しばかりでは単調で、相手をバカにしていると誤解されますので、自分の知っていることや感想などを一言加えることが大切です。

キカガク
僕は頭の回転が遅いので、質問されてから答えるまでの間がよく気になります。そういうとき、オウム返しをすると時間が稼げるので便利です。「好きな食べ物は?」ときかれたら、「好きな食べ物ですかぁ……」と質問を繰り返しながら考えます。
スミエ
質問から答えるまでに間があると、なんとなく嘘っぽく聞こえますよね。「私のどこが好き?」みたいな質問なら考える時間がいるのはわかるけど、「私のこと好き?」とかは即答して欲しいです。

長い説明を簡潔に言い換える

Check!

相手:
ジェネリック医薬品は、安い代わりに品質が悪いって思ってる人も多いけど、それは誤解なんです。ジェネリック医薬品が安いのは、新薬を作ることに比べて時間も労力もかからないからで、安い原材料を使っていたり、必要な検査を怠っているわけではありません。成分はもちろん一緒ですし、知らない人も多いですが、血液中に移行する量もほぼ一緒です。

悪い例:ジェネリック医薬品は品質が悪いっていうのは、誤解なんですね。私も知りませんでした。
良い例:なるほど、ジェネリック医薬品が安いのは、開発にお金がかからないからなんですね。

オウム返しは便利なテクニックですが、このような長い説明に反応するときには向きません。「そこしか理解できなかったんだな」と話し手に思われるからです。このような場合は、相手の話を要約することで、全体を正しく理解していることを示すことが大切です。

聞き上手になって「なぜか信頼される人」になる簡単な方法

相手の気持ちを想像して言い換える

恋愛相談した友達を追い詰める

Check!

「ずっと付き合ってた彼氏が既婚者だったらしい」と友達に相談されたとき

悪い例:
それは気づかないほうが悪いよね。相手の家とか行ったことなかったの?

良い例:
それは辛かったね。あなたは悪くないよ。もう嫌な思いをして欲しくないから、次に付き合うときは、最初に相手の家を確認するといいかもね。

いじめやセクハラの被害者に対して、「あなたにも原因があったんじゃないの?」といった言い方をすると、相談者をさらに追い詰めてしまうので絶対に避けるべきです。まずは、「自分は味方だ」と示すことが大切です。アドバイスをするときは、「あなたにもう辛い思いをして欲しくないから」と伝えるのがいいと思います。

店員に怒鳴った彼氏にドン引きする

Check!

彼女のスープに虫が入っていて、彼氏が代わりに店員に怒鳴ったとき

悪い例:
そんな大声で怒鳴るなんてドン引き。みんなに注目されて恥ずかしいし、食事する気も失せた。せっかくのデートが台無し。

良い例:
私のためにそこまで怒ってくれてありがとう。大事にされてるのがわかって嬉しかった。でも、せっかくのデートだから、次は雰囲気が壊れないように、そっと店員に注意してくれるだけで十分だよ。

自分のために行動してくれた彼氏に、まずは感謝の気持ちを伝える必要があります。「目立たないように注意して欲しかった」と伝えるときも、彼氏の行動を部分的に肯定することで、聞く耳を持ってもらえやすくなります。また、「せっかく楽しみにしてたデートだから」と加えることで、「申し訳ないことをした」と彼氏も反省してくれます。

先生に注意されて逆ギレする生徒

Check!

授業中にトイレに立ったら、「次は休み時間に行っておきなさい」と注意されたとき

悪い例:
どんな権限があって言うんですか?生徒はトイレも自由に行けないんですか?休み時間にトイレに行っても、またすぐ行きたくなることもあるでしょ?そんなことも想像できないくせに先生とかやってるんですか?

良い例:
授業を中断させて、みんなに迷惑をかけてすみませんでした。さっきもトイレに行ったんですけど、水を飲みすぎたせいか、また行きたくなってしまいました。水分の取りすぎには気をつけます。

仕方なかったとはいえ、授業を中断させて、みんなに迷惑をかけたことは謝るべきだと思います。「先生はトイレを我慢させて意地悪している」と決めつけるのではなく、「他のみんなのために注意しているんだ」「私の将来のために指導しているんだ」と相手の立場を想像することで、感情もコントロールしやすくなります。

ミスした部下のやる気を削ぐ上司

Check!

部下がミスをして、「次は入念にチェックします」と謝っているとき

悪い例:
今回はチェックしなかったの?そんなんじゃ、また同じ失敗を繰り返すと思うよ。あなたに頼んだ私がバカだったわ。

良い例:
反省してくれてありがとう。ただ、あなたの言葉を信用しないわけじゃないけど、いくら入念にチェックしても、人間だから集中が途切れることはあると思う。それでも大事に至らないような仕組みを一緒に考えたいんだけど、どうしたらいいと思う?

部下が反省して、自分で対策を考えたことを、まずは評価してあげるのがいいと思います。「どうせまた繰り返すでしょ?」と相手を責めても、「信用されてない」と部下を落ち込ませて、やる気を削ぐだけです。部下の対策に具体性がないと思うなら、見本を示してあげるのがいいと思います。

キカガク
優しい言葉に言い換えるのは大事ですけど、このときに嘘をつくのは信頼を損ねるのでやめたほうがいいと思います。興味がないのに興味があるフリをしたり、好きじゃないものを好きと言ったりしないほうがいいです。
スミエ
そういう嘘はだいたいバレますからね。本当はわかってないのに、わかったフリをする人も嫌われると思います。
キカガク
自分が好きじゃないものを友達は好きと言っていたら、「君は好きなんだね」「どこが好きなの?」と質問します。否定しないことが大事だと思います。

「あの人とまた話したい」と思われる会話のコツ

まとめ

会話の言い換えテクニックをまとめると次のようになります。

  1. 悪いイメージの言葉を言い換える
  2. 長所として捉えてみる
  3. 良いところをピックアップする
  4. 間違いを正すような言い換えはしない
  5. 単調な相槌は無反応と変わらない
  6. オウム返しに一言を加える
  7. 長い説明を簡潔に言い換える
  8. 相手の気持ちを想像して言い換える

本記事では、会話を円滑に運ぶための言い換えテクニックを紹介しました。「友達の間違いを嫌味なく指摘できるようになりたい」という方は参考にしてみてください。