DazzlingList

職場やサークルの先輩女性にモテるための会話のコツ9選

自分よりも格下と思われているうちは、どんなに積極的にアプローチしても「可愛い後輩」から進展しません。先輩の女性から恋愛対象として見られるためには、「年下なのにしっかりしてる」「自分にできないことができる」と評価を改めてもらう必要があります。

本記事では、先輩の女性にモテるための会話のコツを紹介しています。「職場や学校の先輩女性を好きになってしまった」という方は参考にしてみてください。

キカガク
「年下だけどしっかりしてる」と思われたら、むしろ相手世代のライバルよりも有利です。ちょっと不器用だったり失礼だったりしても多めに見てもらえます。
スミエ
年下の男性は、何でも一所懸命にやってるみたいに見えるから、女性は母性本能をくすぐられますよね。緊張しながら食事に誘ってくれるだけで、「可愛いな」と思えます。



先輩女性に気に入られる会話のコツ

年下だけど頼りになることを示す

「自分よりも格下」と思われているうちは、先輩の女性から恋愛対象と見られることはありません。かといって無理にタメ口を使ったり、むやみに反発したりすると、余計に子供っぽいと思われます。

重い荷物を持ってあげたり、趣味の世界で秀でた能力を発揮したり、仕事や部活と関係のない分野で頼もしさをアピールするのがいいと思います。

プライベートな会話をする関係になる

勤務中にプライベートな話をしないことは、もちろん真面目で非常に好ましい態度ですが、休憩時間や飲み会のときも仕事の話ばかりしていると、「先輩と後輩」という関係から発展しにくいと思います。

食べ物の好みや芸能ネタなどの話題を自分から振ると、「この後輩とはそんな話をしてもいいんだ」と相手に気づかせることができます。親密な関係になるためには、ある程度の自己開示が必要です。

キカガク
差し入れをするときに「甘いものは好きですか?」ときいたり、髪型や服装が変わったときに褒めたり、職場でもプライベートな発言を挟むチャンスは探せばあります。
スミエ
私は偉い上司にも友達みたいに話しかけちゃう癖があるんですけど、そういうところが逆に気に入られたりすることも、たしかにあると思います。もちろん、生意気だと思われることも多いですけど。

会話の内容を第三者に漏らさない

先輩女性と話した内容を周囲に漏らしてしまうと、せっかく築いた信頼を失うことがあります。特別に口止めされていなくても、自分だけが知り得たことは第三者には漏らさないのが無難です。

特に先輩と後輩という関係では、「やっぱり同期の仲間のほうが仲が良いんだな」と思われかねないので注意してください。

年上の女性が喜ぶ話題を選ぶ

同世代の女性と話すときは、特に意識しなくても自分が興味を持つことに相手も興味を持ってくれることが多いですが、年上の女性と話すときは、相手が喜ぶ話題を探りながら話すことが重要だと思います。

気になる先輩女性が、他の同僚と何を話しているのか、どんな話題のときに口数が増えるのかなどを観察してみてください。

初デートでそのまま使える&喜ばれる会話のネタ9選

納得できないときは素直に反応する

先輩に敬意を払うことは大切ですが、納得できないことにまで「なるほど」「そうですね」と相槌する必要はありません。理解したフリは相手に見抜かれますし、何でも肯定ばかりしていると嘘っぽくなり信頼されません。

納得できないときは、「先輩は間違っています」と指摘するのではなく、「自分はこう考えたけれど、どこが違うのでしょう?」と教えてもらう気持ちで尋ねることが大切です。

細かい気遣いをして頼ってもらう

「後輩のほうが頼み事をしやすい」という立場を利用して、ちょっとしたことでも頼ってもらえる関係を目指す方法もあります。

細かいことに気を配ったり、自分から相談を持ちかけて頼ったりすると、お互いに遠慮なくものが言える関係になることができます。

相手のペースに合わせて連絡する

女性は男性よりも予定が詰まっていることが多いですし、年齢を重ねるほど仕事もプライベートも役割が増えて、忙しくなる傾向があります。LINEなどで連絡をするときは、相手のペースに合わせることが大切です。

先輩から呼び出されたときは、いつでも嬉しそうにするというのも大事だと思います。「後輩だから付き合ってくれてるのかな」と心配させないために重要です。

片思いの相手に久しぶりにLINEを送る自然なきっかけ

愚痴は控えて楽しい話をする

共通の知人や同僚の悪口などを言いたくなっても、他人の粗探しばかりしていると思われてしまうだけなので、やめたほうがいいと思います。ネガティブな意見は、共感されるときは親近感につながりますが、そうでないときは嫌われます。

先輩の女性と話すときは、おすすめの飲食店や休日の過ごし方をきいたり、難しい人間関係の問題について相談したり、相手の人生経験に敬意を示すことが大事だと思います。

キカガク
「相手が話すことには価値がある」と信じることは、他人と会話するときに一番大切なことだと思います。話を遮ったり、頭ごなしに否定したりするのは、この敬意が欠如しているんだと思います。
スミエ
女性同士の会話って、お互いに自分が言いたいことだけ言って、勝手にスッキリするみたいなところがありますよね。カラオケみたいに、他人の歌は聞かないで次の曲を選ぶみたいな。
キカガク
若い人の間で流行っていることなどは、先輩の女性に話すと楽しく聞いてもらえるかもしれません。ただし、「若い人の間ではこれが流行ってます」などと言うと、嫌味に聞こえるかもしれないので注意してください。

会話にオチや成果を求めない

「どうして僕に話したんですか?」「僕にどうして欲しいんですか?」などと聞き返してしまうと、思いついたことも素直に話せない関係になってしまいます。

女性は男性よりも、目的のない会話をしたがる傾向があります。「自分はこう感じた」「こんな面白いものを見つけた」といった情報をシェアしたいという欲求があります。

聞き上手になって「なぜか信頼される人」になる簡単な方法

恋愛における年下男性のメリット

  1. ストレートな表現も許される
  2. ライバルよりハードルが低い
  3. 母性本能をくすぐりやすい

ストレートな表現も許される

たとえば、女性が好きでもない男性から壁ドンをされたとき、同世代なら「キモい」と思われるかもしれませんが、年下なら「可愛い」と好意的に受け取られる可能性があります。

また、「好きです」といった感情表現も、やはり年下男性のほうが純粋な気持ちで言っているように感じられるようです。

キカガク
LINEとかで頻繁に連絡がきたり、多少敬語がおかしくても許せるというのはありますよね。人は自分を基準に考えるので、「自分より年下だから、自分よりできないのは当然」と考えるみたいです。

ライバルよりハードルが低い

同世代の同僚が自分と同等の仕事をしていても何とも思いませんが、年下の男性が自分と同等の仕事をしていたら「すごい」と思われます。このように、年下のほうがちょっとしたことで感心してもらえる、という利点があります。

母性本能をくすぐりやすい

男性のだらしないところや弱いところを見ると、助けてあげたくなる女性が多いようです。こういった母性本能を刺激しやすいという意味でも、年下の男性のほうが有利なようです。

キカガク
完璧そうな上司の男性が、意外に朝起きるのが苦手だったりすると、女性がキュンとなるのは想像できるんですけど、ただ年下ってだけで、成人の男性にキュンとすることがあるんですか?
スミエ
それはありますよ。同世代だと、やっぱりデートでも100%満足させてくれる相手を求めるんですけど、年下なら、たとえ80%しか満足できてなくても、自分のために頑張ってくれたことにキュンとしたりとか。
キカガク
年下のほうが一所懸命に見えるってことですね。「可愛いですね」と褒めたときも、社交辞令じゃなく本心で言ってると思われやすいみたいで、年下は何かと有利だと思います。

悪い噂が広まる原因と正しい食事デートの誘い方

まとめ

先輩女性にモテるための会話のコツをまとめると次のようになります。

本記事では、先輩の女性にモテるための会話のコツを紹介しました。「職場や学校の先輩女性を好きになってしまった」という方は参考にしてみてください。