DazzlingList

モテる女性の服装「男ウケとは?」をロジカルに解説

「このニットワンピースは男ウケ間違いなし!」とファッション雑誌などで具体例が示されることは多いですが、「男ウケとは」と明確に説明されたものはあまり見かけません。「女性らしい服装」という表現もよくありますが、これも曖昧です。

本記事では、男ウケする服装とは何かを紹介しています。「男性が好むファッションについて知りたい」という方は参考にしてみてください。

キカガク
こんな記事を書きましたけど、「女性は男ウケを狙うべき」と主張するつもりは全くないですし、好きな格好をすればいいと思っています。
スミエ
おっぱいが見える格好をすればナンパされますけど、「簡単にヤレそう」と思われてるだけです。これを「男ウケしてる」って勘違いするのはイタいと思います。
キカガク
男性は、本命の女性にはチャラチャラして欲しくないと思ってますからね。本気で好きだった女性でも、簡単に落とせてしまうと、「この人とは遊びでいいや」と思ってしまう男性も多いみたいです。



男ウケとは?

fear

一見するとファッションとは無関係な上記の3要素ですが、意外にも外見で判断されがちです。

お金や学歴に執着しない

男性を年収や経歴で品定めする女性は嫌われますが、そういった指向はファッションにも表れます。ブランド品ばかり身につけている女性は、「他人のことも銘柄で評価しそう」と男性に思われます。

高価なものでなくても、気に入ったものは大切に使う女性は好感を持たれます。社会で成功できなくても、愛情をもって接すれば自分のことを認めてくれそう、と男性は想像するのかもしれません。

自分と違う考えを否定しない

黒のライダースやデニムジャケットなど、一般的に男ウケしないといわれるアイテムを身につける女性は、「媚びてなくて格好いい」と同性からは評価されるかもしれませんが、男性からは「自己主張が強そう」「頑固そう」と思われます。

自分の考えを持つことは大切ですし、魅力的ですが、それをファッションで表現すると押しつけがましい印象を相手に与えます。ゲーム好きな彼氏は許せても、外でゲームキャラのTシャツを着られるのは嫌だ、という感覚と一緒です。

身なりや態度が安っぽくない

派手な配色や露出の多いファッションは、女性を軽率で安っぽく見せます。安価な品物は、気軽に買うことができる代わりに、大切にされにくいという特徴がありますが、女性も一緒です。

かといって、イスラム教徒のように肌を隠すのが正解かといえば、そうでもありません。ある程度の露出は、女性を恋愛対象として意識させるために必要だと思います。

「派手すぎる」「露出が多い」といった評価は、見慣れた他の女性と比べたときの相対的な感覚だと思います。ですので、テレビで見かける有名人女性を基準にして、同じ程度の派手さや露出の多さに留めるのがいいと思います。

キカガク
全然セレブじゃないのに、セレブ風のファッションをする人もいます。他の男性はどうか知りませんけど、僕は格好悪いと思います。フェイクファーも嫌いです。
スミエ
いい歳した大人で、子供もいるのにミニスカートを履いてたりすると、女性はドン引きすると思います。ファーは私は気になりませんけど、101匹わんちゃんの魔女みたいなコートは嫌ですね。
キカガク
ファーは本来、暖かいっていう実用性があったわけです。それをファッションとして見てるところが、格好悪いと感じるわけです。本物以上に暖かい人工素材であれば、フェイクファーでもおしゃれだと思います。

男ウケが悪い服装6つの共通点

  1. 清潔感がないと思われるファッション
  2. ブラックやネイビーなど冷たい印象の色
  3. デニムやレザーなどの強そうな印象の素材
  4. ロリータ系やエスニック系など個性的な系統
  5. 身の丈に合わない高級ブランドや装飾品
  6. 肌の露出やボディラインを強調した服装

清潔感がないと思われるファッション

女性は、一般的に男性よりも清潔感には敏感ですが、「香水の匂いが強い」「爪が長すぎる」など女性特有の注意点もあります。自分では気づきにくい部分もあるので、親しい男性の友達に意見をもらうのがいいと思います。

清潔感とはファッションのことで、実際の清潔さとはあまり関係ありません。毎日シャンプーしていても髪がボサボサであれば不潔と見なされます。「こういうデザインなのに」という言い訳は通じません。

キカガク
僕はギターを弾く人だったので、爪が長い女性を見ると「楽器が演奏できないじゃないか」と思っていました。料理をする人は、「これじゃ料理できないでしょ」という目で見るみたいです。
スミエ
年配の人から見ても違和感がないファッションが大事だと思います。若い人のファッションって、友達同士では可愛いと思っていても、一回り上の世代から見たら合わないときもありますから。

ブラックやネイビーなど冷たい印象の色

ブラックやネイビーなどの寒色は、冷たく理知的な印象を与えます。多くの男性は、女性に癒しを求めているので、ホワイトやピンクなどの優しそうな色合いを好むようです。

ショッキングピンクなどの鮮明すぎる色も嫌われます。ファッションのアクセントに原色が使われることは多いですが、パステルカラーのような淡い色のほうが優しそうに見えます。

デニムやレザーなどの強そうな印象の素材

Gジャンや黒革のライダーズジャケット、ボーイッシュなキャップなどは男ウケは良くありません。理由はやはり、優しそうに見えないからです。

全身が女性らしいふわふわしたファッションは、メリハリがなく飽きてしまうので、アクセントとして男性的なアイテムが使われるのだと思います。おしゃれですが、男ウケはしません。

ロリータ系やエスニック系など個性的な系統

鮮やかまいまい✨ ショートボブも似合っててほんとかわいい😌💓 * できないんじゃない やってないだけさ * すごく深い言葉だなと思います🤔 できるかできないかではなく、やるかやらないか… 私たちにできないことは実はできないのではなく、やっていないだけなのかもしれませんね☺ #深川麻衣 #まいまい #まいみん #元乃木坂46 #アイドル #女優 #fukagawamai #麻衣日投稿 #かわいい #天使 #名言 #名言集 #今日の名言 #今日も1日ありがとう #乃木坂46 #エスニック #エスニックファッション #ワンピース #ショートボブ #黒髪

深川麻衣ファンページ⊿⁴⁶×名言さん(@fukagawamai.fanspage)がシェアした投稿 –

個性的なファッションは、こだわりが強そうに見えますし、「同じ趣味の仲間しか認めない」という排他的な印象を与えます。ロリータ系やエスニック系など、自分の好みをファッションで表現するようなことは、男ウケを目指すならやめたほうがいいと思います。

同じ〇〇系でも、キレイ系やカジュアル系は問題ありません。これらはドレスとカジュアルのバランスの取り方についての好みだからです。問題になるのは、「ロック好き」「レゲエ好き」といった音楽の好みをファッションに反映させるなどの行為です。

キカガク
僕はバンドをやっていたので、ビジュアル系とかロリータ系の人をよく見ました。音楽が好きな人は、なぜかファッションで好みを表現しようとしますよね。
スミエ
バンドとかに憧れると、自分もあの人に近づきたいと思って、コスプレとかしちゃうんですよね。

身の丈に合わない高級ブランドや装飾品

ブランド品で全身を飾るような女性は、「付き合ったら金がかかりそう」「高級品を与えておけば満足するバカ」と男性には思われます。特に、財布だけハイブランドといったアンバランスなコーディネートは、執着心を強く感じさせるので嫌われます。

ブランド品を好む女性は、自己評価が低く、わがままな傾向があるようですが、男性は経験的にそれを知っています。ちなみに、男性はブランド品を身につけることは、経済力が豊かなサインになるので、恋愛においてプラスに働くようです。

肌の露出やボディラインを強調した服装

背中に穴が空いたTシャツ、胸や尻の形がわかるタイトなワンピースなどは、下品で安っぽい印象を与えます。ビーチやパーティでは許される格好でも、街中では浮いてしまいます。

適度な露出がわかりにくいときは、芸能人女性のファッションを基準にするのがいいと思います。彼女たちがおしゃれだという意味ではなく、多くの男性が見慣れているからです。

まとめ

男ウケが悪い服装の特徴をまとめると次のようになります。

  1. 清潔感がないと思われるファッション
  2. ブラックやネイビーなど冷たい印象の色
  3. デニムやレザーなどの強そうな印象の素材
  4. ロリータ系やエスニック系など個性的な系統
  5. 身の丈に合わない高級ブランドや装飾品
  6. 肌の露出やボディラインを強調した服装

本記事では、男ウケする服装とは何かを紹介しました。「男性が好むファッションについて知りたい」という方は参考にしてみてください。